2021/01/26

台湾映画『叱咤風雲』公開二週目で1500万台湾ドル突破!

0126nezha116日から台湾で公開が始まったカーレース映画『叱咤風雲』は、いま台湾各地でプロモーション中ですが、公開二週目に入り興行収入が1500万台湾ドル突破しました。
既報のように高雄、嘉義、台南に続き1月25日に台中でプロモーション活動を行った劉畊宏(リウ・ガンホン)、彭小刀(パン・シャオトウ)両プロデューサーとキャストの昆凌(ハンナ)、曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)、范逸臣(ファン・イーチェン)、柯有倫(アラン・コー)、高英軒(ガオ・インジュエン)は、撮影に使ったRWB、AE86、新86、S2000というファンには垂涎もののレーシングカーを披露しました。
この日は高雄や台北から来たファンも少なくなく、名車を生で見られたことに感激していたそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/24

台湾映画『叱咤風雲』と『角頭—浪流連』のプロモーション部隊が新幹線で遭遇、エール交換!

0124nezhagatao公開一週間で1000万突破!という好調な滑り出しを見せている周杰倫(ジェイ・チョウ)がプロデュースする台湾のカー・レース映画『叱咤風雲』と、旧正月映画『角頭—浪流連』のプロモーション部隊が、新幹線の中で遭遇しました。
今週末23日〜24日に高雄、嘉義、台南、台中と移動してプロモーション活動中の『叱咤風雲』の范逸臣(ファン・イーチェン)は、「極道たちと遭遇して、ケンカではなく2つの映画チームでエールを交換できてうれしかった。(笑い) コロナ渦でも、台湾の観客達が映画館に見に来てもらえるのは幸せだ。ぼくたちの映画と『角頭—浪流連』が、共に良い成績をあげられるよう一緒に頑張ろう」と、エール交換しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/19

豪華キャストの台湾ドラマ『華燈初上』に鄭元暢(ジョセフ・チェン)、王柏傑(ワン・ボージエ)、吳慷仁(ウー・カンレン)のゲスト出演発表!

0119hikari11988年の林森北路を舞台に、日本式バーのママとそこで働く女性達を中心に織りなす人間模様を描く『華燈初上』は、プロデューサーを兼ねた林心如(ルビー・リン)はじめ、楊謹華(シェリル・ヤン)、郭雪芙(パフ・クォ)、謝欣穎(シエ・シンイン)、劉品言(エスター・リウ)、江宜蓉(ジャン・イーロン)らが出演し、順調に撮影が進んでいます。
男優陣も、鳳小岳(リディアン・ヴォーン)、張軒睿(デレク・チャン)、修杰楷(シュウ・ジエカイ)ら豪華ですが、この度さらに華やかなゲストが発表されました。
実力派スターの鄭元暢(ジョセフ・チェン)、王柏傑(ワン・ボージエ)、吳慷仁(ウー・カンレン)の3人です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/17

期待の台湾ドラマ『火神的眼淚』台北市消防局と合同記者会見!

0117fire15月に台湾の公共電視で放送予定のドラマ『火神的眼淚』が、1月16日に台北市消防局と合同記者会見を行いました。
このドラマは消防隊員の日々を描いたもので、蔡銀娟(ツァイ・インイン)監督とメインキャストの陳庭妮(アニー・チェン)、林柏宏(リン・ボーホン)、劉冠廷(リウ・グァンティン)、胡釋安(フー・シーアン)、謝章穎(シエ・ジャンイン)が消防イベント活動に一日消防隊員として出席、サイン会なども実施しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/13

香港と日本の合作ドキュメンタリー映画『BlueIsland憂鬱之島』クラウドファンディングスタート!

0113hk1ますます厳しい状況になっていく香港情勢ですが、日本でも公開された『乱世備忘 僕らの雨傘運動』の陳梓桓(チャン・ジーウン)監督の新作ドキュメンタリー映画『BlueIsland憂鬱之島』が日本と合作という形でプロジェクトが始動しました。
これは、香港の雨傘運動を描いた『乱世備忘 僕らの雨傘運動』を完成させた陳梓桓監督が、任硯聰(ピーター・ヤム)と蔡廉明(アンドリュー・チョイ)と共に撮影を2017年に開始した作品です。
これを世界に広めてゆきたいと、『乱世備忘 僕らの雨傘運動』を日本で配給した太秦の代表小林三四郎氏と弁護士の馬奈木厳太郎氏が共同製作プロデュ―サーとして製作に携わることになりました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/09

『別冊映画秘宝』復活第一号! 『決定版韓国映画究極ガイド』ついに発売!

0109koreanmovie双葉社より『双葉社スーパームック 別冊映画秘宝 決定版 韓国映画究極ガイド』が発売となりました。
映画秘宝ならではの切り口と豪華な執筆陣、目次だけでもわくわくします。
これは必読ですね。

『決定版韓国映画究極ガイド』
定価:本体1,800円 + 税
判型:A5判
ISBN 978-4-575-45866-4
双葉社の紹介ページ:https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45866-4.html?c=&o=

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/03

周杰倫(ジェイ・チョウ)プロデュースの台湾映画『叱咤風雲』1月16日台湾公開決定!

0103nezha1周杰倫(ジェイ・チョウ)がプロデュースしたレース映画『叱咤風雲』の台湾公開が1月16日に決まりました。
この映画は、昆凌(ハンナ)、范逸臣(ファン・イーチェン)、曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)、柯有倫(アラン・コー)らによりカーレースの世界を描く作品で、周杰倫も特別出演しています。
もともと2019年末に公開予定されていましたが、その後なかなか公開のニュースがなくてどうなっているのかと思っていましたが、ようやく正式な公開日が出ました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/01

新年快樂!2021年に公開予定の中国語映画

0101new-year明けましておめでとうございます。
感染拡大の中で新年を迎え、今年は各映画祭はどうなるのか気がかりですが、早く状況が好転し、安心して映画を見られる日が一日も早く来ますように…と願いをこめて日本で公開予定の中国語映画を(わかる範囲で)まとめました。
この他にも公開予定作品はあるのですが、正式発表を待ちたいと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/12/31

2020年の台湾映画を振り返る〜一億超えのメガヒットが2本!

1231tw新型コロナウィルスの感染防止に成功している台湾では、少しの間映画館で席数を半分にしていた時期はありますが、ほぼほぼ通常通りといううらやましい状況です。
7月に政府の指導のもと国産映画を盛り上げるプロジェクト「國片起飛一起拚」が発足し、映画館、配給会社、製作会社あわせて13社が一丸となってキャンペーンを張り、見事に成功していると言えましょう。
台北電影節も金馬影展&金馬奨も通常開催され、興行収入のランキングもきちんと出ています。
そして今年は『弱くて強い女たち(原題:孤味)』が約1,8億台湾元、『君の心に刻んだ名前(原題:刻在你心底的名字)』が1.2億台湾元と、一億超えのメガヒット作が2本という素晴らしい成績を上げました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/12/30

2020年の香港映画を振り返る〜雑感

1230hk2020年の香港は、コロナのパンデミックに加えて2015年の映画『十年』の世界がこんなにも早く現実となってしまったことに驚いた年でした。
香港電影金像奨の授賞式は中止となり、オンラインで主席の爾冬陞(イー・トンシン)がひとり粛々と発表するという形になったのはやむを得ません。
でも、そんな中でも映画は作り続けられ、純粋な香港映画も頑張っているのは、日本の香港映画ファンにとってうれしいことです。
そして、様々な状況から去年よりチャンスは減ったものの、若い監督達の頑張りは本当に心強いです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«2020年の中国映画を振り返る〜雑感