« 携帯サイトリニューアル!お宝ムービーアップ! | トップページ | 「海角七号 君想う、国境の南」初日舞台挨拶 »

2009/12/25

品格と聡明さ、桂綸鎂(グイ・ルンメイ)

1128gui いま、台湾映画界の若手を代表する女優と言えば桂綸鎂(グイ・ルンメイ)と張鈞甯( チャン・チュンニン)ですが、テレビにはほとんど出ないで映画にこだわっているという意味では、桂綸鎂が筆頭と言えるでしょう。
「藍色夏恋」から8年、今年の金馬奨のレッドカーペットでは堂々の一人、沿道からの歓声も高く、人気ありました。

1128gui2 今回の金馬奨では、「不能沒有你(あなたなしでは生きていけない)」の前評判もあり、桂綸鎂を脚本賞のプレゼンターにしたり、若手俳優5人が作品賞のノミネート作品を紹介するときに、「不能沒有イ尓(あなたなしでは生きていけない)」に桂綸鎂を配するなど、主催者の話題作りの意図があからさまでした。
しかし、受賞した戴立忍(ダイ・リーレン)をハグで祝福するなど、“絵づくり”にも貢献し、すべてサラッと、しかし気持ちのこもった表現で唸らされました。
こういう時、必要以上に遠慮したり、照れたりするとかえって見苦しいものですが、桂綸鎂は見事なまでの毅然とした立ち振る舞い・・・それは、彼女の品格によるところが大きいと思います。
実は、受賞式の後の祝賀会場から出できた桂綸鎂と出くわして、コメントをもらうことができたのですが、思わず「恭喜! (おめでとう) 」と言ってしまったのです。戴立忍(ダイ・リーレン)との交際を公表しているわけではないので、これは明らかに私の失言。
でも、桂綸鎂は何事もなかったようににっこりと微笑んで、スルーしてくれました。
後で聞いたら、そばにいた通訳さんの方があせったらしいです。(^o^)
最後までにこやかに答えてくれてありがとう、グイちゃん!

1225gui2 桂綸鎂には、「藍色夏恋」以来5〜6回インタビューしていますが、10代の時から聡明でした。可愛いやんちゃ坊主、という感じの陳柏霖(チェン・ボーリン)が、「彼女はすごいよ。フランスに留学するんだよ。」と言っていて、2004年の東京国際映画祭で「時の流れの中で」の舞台挨拶の時にはその留学先から駆けつけていました。この時は、完成した映画を見て感極まって涙ぐんだひと幕があり、そのピュアな感性には感動したものです。
2007年の「遠い道のり」、そして作品の「言えない秘密」と、来日する度に一回りも二回りも大きくなっている桂綸鎂には、驚かされました。
今年は、夏の台北電影節と、先月の金馬奨と台北でのインタビューでしたが、トップ女優としての風格も感じられました。相変わらずひきも切らないオファーで、なんと、アクションにも挑戦していると言います。2010年は、これまでに見たこともない桂綸鎂が見られるかも知れませんね。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 携帯サイトリニューアル!お宝ムービーアップ! | トップページ | 「海角七号 君想う、国境の南」初日舞台挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯サイトリニューアル!お宝ムービーアップ! | トップページ | 「海角七号 君想う、国境の南」初日舞台挨拶 »