« Podcast 張鈞■(チャン・チュンニン)インタビュー! | トップページ | 温昇豪(ジェームズ・ウェン)と張鈞■(チャン・チュンニン)のムービー! »

2010/03/08

Good BoyとBad Boyで思い出した!消えた周杰倫(ジェイ・チョウ)の特ダネ

0308jay1 なんのこっちゃ?というタイトルにしてしまいましたが、先月の台北でタクシーに乗った時のことです。
台湾に行くと、タクシーの運転手さんから日本語で話しかけられることが多いのですが、この時は台湾の歌手では誰が好きか、と聞かれました。う〜ん、沢山いるし・・・どうしようかなと思い、「周杰倫と黄品源」と答えました。
すると、運転手さんは「周杰倫はBad Boyね、黄品源はGood Boy!」と言うのです。
まぁ、ジェイについてはマスコミが真偽の程はさておき、女性関係を次々と書き立てるので、そういうイメージで受け取られてしまうのですねぇ、きっと。黄品源(ホアン・ピンユエン)は、スキャンダルのない苦労人の中堅シンガーソングライターなので、Good Boyのイメージなのでしょう。もちろん、私もそう思っていますけど。(^o^) 黄品源(ホアン・ピンユエン)のことは、次の機会に書きますが、この時のやりとりで思い出したのが3年前のお蔵になった周杰倫(ジェイ・チョウ)の特ダネです。

0308jay2 2007年の8月、周杰倫(ジェイ・チョウ)が初めて監督を務めた主演映画「不能説的、秘密(言えない秘密)」のプレミアが、台北で開催されました。夏休みともろもろ取材を兼ねて台北に行っていたので、台風で警報が出されていましたが、会場である美麗華シネマへ向かいました。
屋外でのレッドカーペットは中止となったものの、地下1階広場に会場を移してプレミア会見が行われ、監督・主演の周杰倫(ジェイ・チョウが相手役の桂綸鎂(グイ・ルンメイ)や共演の南拳媽媽(ナンチュエンママ)らと登場。朱延平(チュー・イェンピン)劉偉強(アンドリュー・ラウ)張藝謀(チャン・イーモウ)というビッグな監督たちからのムービー・メッセージもあり、かなり華やかなプレミアでした。
フォトセッションの後に囲み取材があったので、唯一の日本メディアである私は、最後に日本のファンへのメッセージをお願いしたところ、ジェイは「おお!」と、快く答えてくれました。すでに日本で主演映画も公開され、日本盤CDもリリース、前の年2006年に東京国際フォーラムでコンサートを行っていたので、ジェイにとっても日本はお馴染み。
「来年、日本でコンサートやるからね」という驚きのコメントに、「やった!」と思うと同時に、「いいのか?ジェイ、そんなこと喋って・・・」という困惑が決して多くない私の脳細胞の中をグルグル渦巻きました。

さぁ、困った。
本人が言うのだから間違いない情報ではありますが、日本の主催もわからない状況ではこのまま放送するわけにはいきません。主催は、前回と同じところだろうと推定して、その会社と日本のレコード会社に早速確認。当然の如く待った!がかかりました。
社会ネタのニュースとエンタメのニュースは違いますから、“情報解禁”に関してはかなり気をつけなければいけないことは業界のルール。
結局、主催者からの情報解禁日を待って放送したので、特ダネにはなりません。
でも、情報解禁日にジェイ本人のコメントがあるというのは強み、という、かなり自己満足に近いものかも知れませんが、まっ、こんなもんでしょう、世の中は。

最近のジェイは、林志玲(リン・チーリン)とのコンビの「刺陵」、プロデュースと出演のテレビドラマ「熊猫人」、アジアで公開中の初の3Dカンフー映画「蘇乞兒」、そしてハリウッドにも進出して映画「青蜂侠」に出演するなど、俳優活動が続いていますが、今年はアルバムリリースとコンサートも決定しているようです。
日本での3回目のコンサートを期待したいですね。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 張鈞■(チャン・チュンニン)インタビュー! | トップページ | 温昇豪(ジェームズ・ウェン)と張鈞■(チャン・チュンニン)のムービー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 張鈞■(チャン・チュンニン)インタビュー! | トップページ | 温昇豪(ジェームズ・ウェン)と張鈞■(チャン・チュンニン)のムービー! »