« 賀軍翔(マイク・ハー)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)インド帰朝報告会見 | トップページ | 「とべないとり(原題:不能飛的鳥)」の小出正雪監督インタビュー »

2010/04/05

劉徳華(アンディ・ラウ)主演映画「未来警察」、台北でプレミア!

0405future1 4月2日から台湾で公開になった「未来警察」のプレミアが、3月30日に台北101に近い大型シネコン信義威秀で行われました。
会場には、早くからファンが詰めかけ、お目当てのスターの登場を待っていました。司会者が「アンディのファンは?」と言うとファンクラブのユニフォームを着たファン達が一斉に大歓声。
「黒人(ヘイレン=陳建州)のファンは?」・・・し〜ん。
「小美=賀軍翔(マイク・ハー)のファンは?」キャー!と、これまたかなりの数です。
会場の熱気が高まった頃に、いよいよスタート。まずは、主演劉徳華(アンディ・ラウ)の登場です。前日の会見では帽子を被っていたのですが、この日は丸刈りの頭そのままで現れました。
続いて、賀軍翔(マイク・ハー)、黒人(ヘイレン=陳建州)、樊少皇(ルイス・ファン)、そして記者会見には間に合わなかった徐嬌(シュー・チャオ)が登場しました。14才になったという徐嬌(シュー・チャオ)ちゃん、すっかり女の子らしくなって、とっても可愛かったです。「ミラクル七号」の少年役の面影はほとんどありません。
最後に大S(徐煕媛=バービー・スー)の登場だったのですが、司会者が何度呼んでも準備ができていないようでちょっと遅れてのお出まし。会見の時もそうでしたが、アイメイク濃いです。(^o^)

0405future4そして、ゲストは台湾で大人気の子役、小小彬(シャオシャオピン)がパパで元天才子役の小彬彬こと温兆宇(ウェン・チャオユィ)と一緒に駆けつけました。
なんでも、パパの温兆宇(ウェン・チャオユィ)は、24年前に劉徳華(アンディ・ラウ)と映画「魔翡翠(マジッククリスタル)」で共演したことがあるということでのゲストだったようです。小彬彬(シャオシャオピン)を見たアンディは「昔のパパにそっくり!」と言い、可愛くてしかたないらしく、抱っこしたりキスしたり離しません。
出演者として登場した黒人(ヘイレン=陳建州)ですが、時々司会者のように仕切っているのが面白かったです。そう言っちゃ何ですが、この時の司会者よりも上手いですからね。
プレミアは、トークの後に大型パネルにサインしたりフォトセッションなど20分ほどで終了しました。

私は4月2日の公開初日に「未来警察」を見に行きました。会見でアンディが「王晶(バリー・ウォン)監督が長年作ってきた映画の中で、一世一代のドラマだよ。王家衛(ウォン・カーワイ)にもドラマ(ストーリー)のある作品を作ってもらいたいね。」と、記者達を笑わせていましたが、これはまぎれもない王晶(バリー・ウォン)映画。
確かにおバカ度は低いですが、色々な映画のエキス(あえてバクリとは言いません)が盛り込まれ、昔からの香港映画ファンにとっては楽しめますよ。

0405future3そうそう、劉徳華(アンディ・ラウ)の声が吹き替えなのはいつものことですが、賀軍翔(マイク・ハー)の声が本人ではありませんでした。資料によるとマイクの役が35才という設定になっているので、おそらく年にあった声を、ということで吹き替えたのでしょう。
賀軍翔は東京でのインタビューの時に、劇中でアンディの「愛你一萬年」を歌うシーンがあると話していましたが、これぞ王晶(バリー・ウォン)!という演出で、大爆笑でした。

ちなみに、香港では4月15日から、公開です。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 賀軍翔(マイク・ハー)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)インド帰朝報告会見 | トップページ | 「とべないとり(原題:不能飛的鳥)」の小出正雪監督インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賀軍翔(マイク・ハー)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)インド帰朝報告会見 | トップページ | 「とべないとり(原題:不能飛的鳥)」の小出正雪監督インタビュー »