« 2010台北電影節閉幕 | トップページ | Podcast ウォンビン「母なる証明」記者会見前編 »

2010/07/19

蕭敬騰(シャオ・ジンタン)のサイン会&ミニライブ

0719xiao1今年の台湾金曲奨の最優秀男性歌手にノミネートされた蕭敬騰(シャオ・ジンタン)が、7月11日に台北の西門町でコンサートDVDリリース記念のサイン会&ミニライブを行いました。
この「Mr.Rock演唱会Liveドキュメンタリー」CD +DVDは、限定1万セットがあっという間に品切れになり、レコード会社はあわてて追加製作にかかりました。
この日は日差しはそれほど強くないものの、蒸し暑さで立っているだけでも汗が噴き出てくるくらいでしたが、会場となった広場にはファンがぎっしり。向かいの駐車場のビルにも人垣ができていました。

0719xiao3蕭敬騰(シャオ・ジンタン)は、日本ではまだあまり知名度が高くありませんが、台湾ではたいへんな人気ミュージシャンです。
20才の時テレピの人気オーディション番組「超級星光大道」に出場、一夜にしてスター誕生となりました。楊宗緯(アスカ・ヤン)とのPK戦対決は多くの注目を集め、高視聴率を記録。二人は「新不了情」を歌って、楊宗緯(アスカ・ヤン)に3ポイント差で破れ、蕭敬騰(シャオ・ジンタン)の流した涙に、40万人がもらい泣きしたと言われています。
次に対戦して一勝一敗となりましたが、楊宗緯(アスカ・ヤン)は尊敬できるライバルだと言い、「背叛」をデュエットした緊迫感あふれる戦いの様子は、インターネットで140万ダウンロードを数えたそうです。
このPK戦の後、レコード会社やプロデューサーが蕭敬騰(ジャム・シャオ)のもとへ次々尋ねて来ま
した。その中には張惠妹(チャン・ホェイメイ)も含まれていて、彼女はニューアルバムに収録するデュエット曲の相手に抜擢。
2008年6月にリリースしたデビューアルバムはチャートのトップを飾り、スター街道まっしぐら。2009年に発表したセカンドアルバムも版を重ね、昨年末は台北アリーナでソロコンサートを開催しました。

0719xiao2今回は、このコンサートDVDの発売記念イベントになるわけですが、完成と共に登場した蕭敬騰(シャオ・ジンタン)は、ローラーブレードでレッドカーペットを疾走。
実は昨年のコンサートに時に、ローラーブレードで登場してみんなを驚かせたかったようですが、会場から使用許可が下りず、諦めたという経緯があるだけに、今回この勇姿を見せることができてご機嫌だったのではないでしょうか。
「デスペラード」や「王妃」を聞かせてくれ、ファンの歌唱コンテストの審査の後、サイン会となりました。

実はこの日、すぐ近くで何潤東(ピーター・ホー)のニューアルバム発表イベントが一時間遅れであった為、途中で移動してしまったのですが、初めて聞いた蕭敬騰(シャオ・ジンタン)の生歌は、やはり素晴らしかったです。次のコンサートは少し先になるでしょうが、絶対に行きたいと思いました。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2010台北電影節閉幕 | トップページ | Podcast ウォンビン「母なる証明」記者会見前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010台北電影節閉幕 | トップページ | Podcast ウォンビン「母なる証明」記者会見前編 »