« 電話で華流スターの日本語メッセージが聞ける「華流スター ボイス玉手箱」 | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「モンガに散る」舞台挨拶とQ&A »

2010/12/13

お久しぶりの曹格(ゲイリー・ツァオ)

1213gary1先週、先々週とレポートしました「快樂天堂滾石30演唱會」にも出演した曹格(ゲイリー・ツァオ)が、12月1日に台北のライブハウス「Legacy Taipei」でライブを行いました。
ゲイリーとは、初来日の頃から取材を続け、2008年には当時私が担当していたラジオ番組の公開録音という形でライブも行ったという浅からぬご縁があるので、当日券で駆けつけました。

このライブはロックレコードから種子音樂に移籍して出したニューアルバム「曹之在我」のプロモーションの一環で、ニューアルバムからの曲が中心だったのですが、オープニングは英語曲「Close to you」。
何曲か歌い終わって、床に置いたペットボトルを手にした時、『これは水だから。水だからね。』と自虐ネタ。
ご存じの方も多いと思いますが、波瀾万丈のアーチスト曹格(ゲイリー・ツァオ)はお酒での失敗が多く、傷害事件にまでなったことがあります。
ライブの後半は、体重が80キロあったというマレーシア時代の映像を公開して、その時の曲を歌ったり、ロックレコード時代のヒット曲になると客席は大盛り上がり。
「寂寞先生」を歌い上げた後は、がっくりと身体を折り『もう年だ!』と深いため息をついて大爆笑。この曲は聞いている方は鳥肌がたつくらいの素晴らしさですが、歌う方は相当な体力を使う難しい曲なのでしょうね。

1213gary2ゲイリーに初めてインタビューしたのは、初来日した2006年でした。マレーシアから台湾に進出し、多くの有名歌手に曲を提供していましたが、自らアルバムデビューして、その歌唱力と曲の素晴らしさで注目されていました。
初来日の時は、当然日本では全く知名度はありませんでしたが、マスコミ向けのショーケースで3曲を歌い、聴衆を圧倒させました。その時の単独インタビューでは初めてとは思えないフレンドリーさで、とても楽しい取材でした。
同じ年の末にはセカンドアルバムを発表し、ここに納められている「背叛」は、後に社会現象にまでなったテレビのオーディション番組「超級星光大道」で、楊宗緯(アスカ・ヤン)と蕭敬騰(シャオ・ジンタン)が競って歌ったことで有名になりました。

そして2008年、サードアルバム「Super Sunshin1213gary3 e」日本盤リリース記念として、私が担当していたラジオ番組とロックレコードが協力して「Super Sunshine〜ライブ&トークショーin Tokyo」というイベントを開催しました。
このライブは、私が手がけた数々のイベントの中でも忘れられない思い出がたくさん詰まっています。ライブということで準備がたいへんだったこともありますが、本番でのサプライズの多さは他に例を見ないほどだと思います。
でも、ゲイリーの人柄と素晴らしいステージングでお客様も満足していただけたようで、“ゲイリー、ありがとう!”という感じです。これで私は貴重な経験をすることが出来、沢山のことを学びました。

1213gary4そしてその3ヶ月後、台湾のグラミー賞と言われる「第19回金曲獎」で最佳國語歌手獎(最優秀北京語シンガー賞)に選ばれ、取材に行った私も大興奮しました。
この年、ゲイリーは結婚してパパとなり、台北アリーナでソロコンサートを行うなど公私ともに順風満帆だったのですが、金曲獎での失言、そして2009年に親しい香港のアーチスト側田(ジャスティン)を酒の席で殴るという事件を起こし、法廷で厳しい裁きを受けることになってしまいました。
この事件の直前、4枚目のアルバム「超級4th場」が出た時に、また台北でインタビューしたのですが、手を30針も縫うという怪我をした後の痛々しい姿でした。この怪我についても台湾の新聞ではあれこれ書かれていましたが、酒がらみの怪我であることは間違いなさそうでした。

そんなゲイリーが、レコード会社を移籍して心機一転、ニューアルバムを出して久々に台北で活動を始めたのですから、なんとしても応援に行かねば!という気持ちになりますよね。
ライブはアンコールなし、そのかわり全員握手もツーショット撮影もOKというサイン会を、ライブハウスの外で行うということになりました。
私も、その列に並び、この日のチケットにサインしてもらうことにしました。で、サインしているゲイリーに『好久不見(お久しぶり)』と声をかけると、すごくビックリしたようで、目が点になっていました。(^o^) 思わず手をギュッと握られて、少しだけ話をしましたが、私のあとにも沢山のファンが並んでいるので『加油(がんばってね)!』と言って列を離れました。
これだけの実績と実力のあるアーチストですから、もっともっと活躍して欲しいと思います。

※これまでのインタビューなど、興味がおありでしたら読んでみて下さい。

曹格(ゲイリー・ツァオ)初来日!
http://www.asianparadise.net/2006/08/post_0770.html

ゲイリー・ツァオ(曹格)Super Sunshine〜ライブ&トークショーin Tokyo
http://www.asianparadise.net/2008/04/super_sunshinei_dcae.html

曹格(ゲイリー・ツァオ)台北インタビュー!
http://www.asianparadise.net/2009/08/post-b13d.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 電話で華流スターの日本語メッセージが聞ける「華流スター ボイス玉手箱」 | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「モンガに散る」舞台挨拶とQ&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電話で華流スターの日本語メッセージが聞ける「華流スター ボイス玉手箱」 | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「モンガに散る」舞台挨拶とQ&A »