« ゆうばりファンタオールナイトその1:コンペティション作品プレゼンテーション「エイリアン・ビキニが襲ってくる! | トップページ | Podcast 台湾映画「翻滾吧!阿信」李烈(リー・リエ)プロデューサーインタビュー前編 »

2011/08/29

JPMアルバムデビュー!

0829jpm1 台湾の大ヒット番組『模范棒棒堂』から飛び出した男子6人組ユニット「棒棒堂 Lollipop」出身のジェイ(廖俊傑)とプリンス(邱勝翊)、そしてプリンスの実弟で「棒棒堂 Lollipop」の弟分ユニット「超克7 Choco7」として活躍していたモーディ(邱翊橙)で結成したグループJPMが、8月26日に台湾でアルバムデビューを果たしました。

0829jpm2 アルバムタイトルは「月球漫步(MOON WALK)」、グループ結成時から時間をかけて製作した入魂のアルパムで、メンバー自身の作詞・作曲した曲も含め全11曲。もちろんそれぞれのソロナンバーもあり、香港でも人気だからでしょう「因為有你」は広東語バージョンも収録されています。
通常版の他に、初回限定版バージョンには“月球漫步版”と“再次擁有版”の2種類があります。

0829jpm3 このアルバムデビューのプロモーション活動は、8月8日からスタート。まずは西門町のCDショップ前で、マスコミ向けに行われました。ショップ前の路上に停められたクレーン車、ビルの4階〜5階の外壁に真っ赤な幕・・・かなり大がかりな仕込みです。
JPMの到着が近づくと、我々取材陣は道路の向い側にスタンバイ。車から降りた黒の衣裳できめた3人は、クレーンのカーゴに乗り込みます。どんどん高くなっていくクレーン、ビルの3階に届いたところで、彼らが赤い幕のひもを引きます。姿を現したアルバムの大看板を背に、下から見上げるフォトセッションでした。

0829jpm4 クレーンがゆっくりと下降を始めると、取材陣はCDショップ前にダダダーっと移動。ここがまたものすごく狭くて、JPMの立ち位置から1メートルもありません。3人並ぶとカメラのフレームに入りきらないほどで、思いっきり上体を後ろに反らして四苦八苦。お互いに譲り合いながらも、時々怒号・・・といういつもの取材現場で、ふと“ああ、いつまでこういう中で取材できるのだろう”と、体力の限界を感じたり。(^^ゞ
しかし若いJPMの3人は元気いっぱい、アルバムのおまけに付く特製望遠鏡などのグッズ紹介をはじめアルバムのPRと短い囲みを終えて退場。気遣いの細やかなジェイは、私たち日本メディアに「お疲れ様」と日本語で声を掛けて行きました。

0829jpm5 この後、テレビ番組の収録取材ができるということで、東区にあるスタジオへ向かいました。
ここでは当日夜に放送するというバラエティ番組の収録で、ファンの皆さんも参加してのゲームとトークが展開。ここでは写真撮影などはできないので、スタジオの後方から見ているだけ、残念ながらJPMの歌とダンスはありませんでしたが、彼らの素顔がたっぷりと楽しめる構成でした。
私たちが立って見ていたところには、10人くらい椅子に座って見ている関係者らしき方々がいたのですが、これが実はJPMのご家族だったのです。「日本から来たの?」と私たちに聞いたさわやか青年がジェイの兄か弟だったらしく・・・。収録が終わると、3人は家族の皆さんと一緒にスタジオを出ていきました。この日は8月8日=「パパの日」だったので、きっと家族でディナーにでも行ったのでしょうね。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« ゆうばりファンタオールナイトその1:コンペティション作品プレゼンテーション「エイリアン・ビキニが襲ってくる! | トップページ | Podcast 台湾映画「翻滾吧!阿信」李烈(リー・リエ)プロデューサーインタビュー前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆうばりファンタオールナイトその1:コンペティション作品プレゼンテーション「エイリアン・ビキニが襲ってくる! | トップページ | Podcast 台湾映画「翻滾吧!阿信」李烈(リー・リエ)プロデューサーインタビュー前編 »