« 「女朋友。男朋友」イベント《告白記念日》! | トップページ | Podcast 台北電影節の伊勢谷友介監督記者会見 »

2012/07/17

台北電影節に蜷川実花監督登場!

0717ninagawa1 現在開催中の台北電影節で「ヘルタースケルター」が上映され、それに伴い蜷川実花監督が來台、16日に記者会見が行われました。
日本でも大ヒットの「ヘルタースケルター」、早くから話題も大きかったため、台北でもチケットは即日完売。熱烈歓迎のプレミアと記者会見で滞在時間僅か30時間というハードなスケジュール。会見終了後はそのまま空港へ向かったそうです。

0717ninagawa2 昨年台湾で行われた花博では、VOGUEの企画で花をテーマに林志玲(リン・チーリン)、蔡依林(ジョリーン・ツァイ)、楊謹華(シェリル・ヤン)、Angelababy、林依晨(アリエル・リン)、張榕容(チャン・ロンロン)、紀培慧(ジー・ペイフイ)、郭碧婷(グォ・ビーティン)という8人の女性を撮影したり、台北市内の2ヶ所で個展を行いました。
また、昨年末には五月天(メイデイ)の阿信とのコラボで写真集を出し、阿信の経営するカフェ「StayReal Café」で写真展が行われたり、と、台湾でも人気のクリエイターです。

陳柏霖(チェン・ボーリン)や曾少宗(フィガロ・ツェン)をはじめ、台湾の芸能人の中でも蜷川実花ファンが多く、フィガロくんなどは台北電影節のプレミアで「ヘルタースケルター」を見て、『公開されたら絶対にまた見に行く』とFacebookに書いてあります。

0717ninagawa3 会見では、宇田充プロデューサーも同席し、映画化の経緯や沢尻エリカのキャスティングについて、映画の中の美術について、監督が多用する“赤”の意味などさまざまな質疑応答が展開されました。
事前にファンから集めた質問を選ぶ時には、映画祭事務局がガチャポンを用意、映画監督と写真家の違い、のほか“AKB48の中では誰押し?”などというのもありましたが、お気に入りは沢山いて、仲も良いとかで答えに困っていました。

0717ninagawa4 映画の中で主人公の部屋に置かれている家具や調度は、監督自身の私物が多く、ソファやテーブル、シャンデリアほか、息子さんのタンスまでまるで夜逃げのように車に積み込んで持って行ったそうです。
今後については、前作「さくらん」から6年経ってしまったけど、2〜3年に1本は映画を撮りたいと語っていました。そして、次なる台湾とのコラボも楽しみですね。

蜷川実花監督の「ヘルタースケルター」は、台湾で8月24日から一般公開となります。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 「女朋友。男朋友」イベント《告白記念日》! | トップページ | Podcast 台北電影節の伊勢谷友介監督記者会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「女朋友。男朋友」イベント《告白記念日》! | トップページ | Podcast 台北電影節の伊勢谷友介監督記者会見 »