« 台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ2〜脚本家呂蒔媛(ルー・シーユエン) | トップページ | 台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ4〜吳慷仁(ウー・カンレン) »

2020/05/13

台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ3〜主演の賈靜雯(アリッサ・チア)

0513aku台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』DVDリリース記念として、公式インタビューを順に掲載していきます。
今日は、無差別殺人事件で息子を亡くしたSBCニュース副局長・宋喬安(ソンチャオアン)役の賈靜雯(アリッサ・チア)です。
この役により長いキャリアを経て主演女優賞を初受賞した賈靜雯、子供を殺した犯人の妹が部下として一緒に仕事をすることになるテレビプロデューサー役で、母として妻としての葛藤を見事に演じ、まちがいなく本作は代表作となるでしょう。

〇アリッサ・チアさんにとって15年ぶりの台湾ドラマ出演となりましたが、本作のどういったところに惹かれ、出演を決められたのでしょうか?
「脚本とチームに惹かれました。最初に脚本を読んだとき、これは今までチャレンジしたことがないキャラクターだと気がつきました。そして制作チームに会った時に彼らはとても真面目なチームだと感じ、出演に決まりました。」


〇“宋喬安”を演じるにあたり、監督や脚本家からリクエストやアドバイスはありましたか?
「監督や脚本家から唯一の要求は、声を温かくしないようにすること。監督は、私を温かい人だと思ってくれていて、私に冷たくなって欲しいと言いました。なので、私は話すときの態度や眼差しを変えるようにしましたね。」


〇アリッサ・チアさんは、演じられた“宋喬安”という人物をどのように解釈し演じましたか?
演じる上で大切にした点や、特に意識した点があれば教えてください。
「同じく女性として、キャリアウーマンとして、母親として、そして子供を失う悲しさを……いろんな面で私は宋喬安を理解することができます。だから私が思う宋喬安の内面は、やはり温かいです。宋喬安の登場時は冷たい印象を受けますが、物語の後半では彼女も以前は温かな人だったと理解することができます。その部分は私自身の内面で解釈して演じました。特に意識した点は、温かな状態をあまり出さないことです。眼差しでも、話し方でも。ですが、その温かさは昔の宋喬安にはあったものです。」


〇“宋喬安”は厳しく、後悔や苛立ちを常に抱えています。演じながら苦しくなることはありませんでしたか?
「宋喬安を演じる時、衣装に着替えることでとても冷たく温かさを感じない状態に切り替わりますが、私自身はあまり影響されませんでした。もちろん私もネガティブな時がありますが、ネガティブになったときは自分が正しいと思う方法でポジティブな力で乗り越えます。例えば、親友に話すとか。喜怒哀楽のすべての面は親友に見せているんです。」


〇どのシーンの撮影が特に印象に残っていますか?
「一番印象に残っているシーンの撮影は、やはり映画館のシーンですね。あそこは私にとって踏み出すたびに心が重いところです。そのシーンでは、私は役にとても入り込んでいて、苦しいですが解放された感じもあり、かなり衝撃的でした。」


〇「悪との距離」の名場面または名台詞を挙げるとしたら?
「一番好きなシーンは、宋喬安が息子の部屋に入る勇気が持てず、夫・劉昭国(リウ・ジャオグオ)に対し部屋の前で感情を解放するシーンです。あの時の私(宋喬安)はまるで冷蔵庫のような状態なのに、劉昭国はとても暖かく接してくれました。このシーンはセリフも結構好きです。」


〇本作には様々なキャラクターが登場し、その全員にドラマがあります。本作に登場するキャラクターの中で、どのキャラクターが印象に残っていますか?
「一つ一つのキャラクターに物語があります。私が一番印象に残っているキャラクターは、ウー・カンレンさんが演じる王赦(ワン・シャー)の奥さんです。彼女は妊娠中で大変な状態なのに、夫を一途にサポートするキャラクターなので好きです。」


〇本作はシリアスな雰囲気の強いドラマでしたが、撮影現場の雰囲気はどうでしたか?
「撮影現場では、みんな真面目でした。シリアスとはちょっと違いますが、非常に真面目で、あまり遊ぶこともありませんでした。みんながとても真面目にこの作品を作り上げようとしている、ということが印象に残っていますね。」


〇劉昭國と宋喬安は感情をぶつけ合うシーンも多かったですが、劉昭國を演じたウェン・シェンハオさんとの共演はいかがでしたか?
「ウェン・シェンハオさんとの共演は、とても自然な状態でいられて良い感じでした。事前準備も特にはせず、お互いの目を見たり、プライベートで会話をしたりすれば、それで役に入り込むことができました。」


〇本作で共演されて印象に残っている俳優さんはいらっしゃいますか?
「チェン・ユーさんとウェン・シェンハオさんですかね。この二人との共演シーンが多かったので印象に残っています。あと、ホンジュラスさんが演じたNEWSさん(※)もかなり好きです。彼は本作でずっと宋喬安のそばにいてくれます。彼は一度も宋喬安を見捨てることなく、応援してくれていると感じさせてくれました。」
※「NEWSさん」とアリッサさんは呼んでいますが、正式な役名は廖紐世(リャオ・ニウシー)です。


〇社会現象になるほど人々の心をつかんだ「悪との距離」ですが、その魅力はどんなところにあると思いますか?
「本作の魅力は、皆さんのフィードバックから分かると思います。本作はいままで討論されてきた社会問題や解決策がないと思われている問題を描いています。私は、視聴者の皆さんが本作を見た後に、何か自分の考えが生まれてほしいと思っています。そうやって一人一人が考えることで、社会の注目を集めることが出来るようになると思います。」


〇「悪との距離」は視聴者に様々なことを考えさせる作品です。アリッサ・チアさんご自身もこの作品を通じ、強く考えさせられたことがあれば教えてください。
「本作を通じて考えさせられたのは、女優として、そしてメディアとして、物事には様々な面があるということです。だから本作はとても魅力がある作品だと思います。」


〇これから「悪との距離」を見る日本の視聴者へ見どころとメッセージをお願いします。
「日本の皆さん、本作を観てくれてありがとうございます。本作は観る価値があるいい作品だと思いますので、観てくれる方にとても感謝しています。」


インタビュー・テキスト&写真提供:SPO


1006gba3◆賈靜雯(アリッサ・チア)プロフィル
台北生まれ。北京電影學院で演技を学び、子供番組の司会者としてキャリアをスタート。
多くのドラマに出演し、中国にも活動の場を広げていたが、久々の台湾ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』で話題と高い評価を得た。
映画では2015年の『若葉のころ(原題:五月一號)』の王蕾役が印象深い。
俳優の修杰楷(シュウ・ジエカイ)と再婚し、3女の母でもある。


※これまでの『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』に関する記事


2020/05/12
台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ2〜脚本家呂蒔媛(ルー・シーユエン)
http://www.asianparadise.net/2020/05/post-aeadbd.html


2020/05/11
台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ1〜林君陽(リン・ジュンヤン)監督
http://www.asianparadise.net/2020/05/post-5bdf54.html


2020/02/27
台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』5月にDVDリリース決定!
http://www.asianparadise.net/2020/02/post-03fedf.html


2019/12/24
今年一番話題の台湾ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』1月27日より衛星劇場でアンコール一挙放送!
http://www.asianparadise.net/2019/12/post-a8fd7c.html


2019/10/06
台湾のテレビアワード 2019電視金鐘獎〜長編(連続)ドラマ部門『我們與惡的距離(悪との距離)』を中心に&『我們與惡的距離(悪との距離)』釜山国際映画祭のマーケットで脚本賞獲得!
http://www.asianparadise.net/2019/10/post-924b66.html


2019/08/16
台湾ドラマ『我們與惡的距離』が『悪との距離』との邦題で今日8月16日よりU-NEXTで配信開始!
http://www.asianparadise.net/2019/08/post-f849b3.html


★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。


|

« 台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ2〜脚本家呂蒔媛(ルー・シーユエン) | トップページ | 台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ4〜吳慷仁(ウー・カンレン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ2〜脚本家呂蒔媛(ルー・シーユエン) | トップページ | 台湾の傑作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』インタビューシリーズ4〜吳慷仁(ウー・カンレン) »