« 2020台北電影節 クロージング作品『日子』上映で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督登壇 | トップページ | 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画のいま〜進化する多様性」全ラインナップ! »

2020/07/08

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」 第1回は、藍正龍(ラン・ジェンロン)初監督の新作未公開作品『ぼくの人魚姫(原題:傻傻愛你,傻傻愛我)』!→オンライン開催に変更!

0708event_20200708223201オンライン開催に変更になりました!

http://www.asianparadise.net/2020/07/post-eb46c3.html

2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、例年よりスタートを遅らせての開催になります。
2020年の第1回は、8月1日(土)14時から、ダウン症の青年の初恋を通して、ハンディのある子供の家族や社会との関わり、愛と勇気を描いたハートウォーミングな作品『ぼくの人魚姫(原題:傻傻愛你,傻傻愛我)』です。
本作は、昨年11月に台湾で公開された人気俳優藍正龍(ラン・ジェンロン)の初監督作品。
トークは作品解説と、6月〜7月に台湾で行われた台北電影節のご紹介です。

◆日時:8月1日(土)14時から(13時30分開場)

◆会場:オンライン
    台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
        東京都港区虎ノ門1-1-12虎ノ門ビル2階
        東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」9 番出口 徒歩 約 1 分
        東京メトロ 丸ノ内線 日比谷線 千代田線「霞ヶ関駅」C2 出口 徒歩 約 3 分
        都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A4 出口 徒歩 約 7 分
        JR「新橋駅」日比谷口 徒歩 約 12 分

◆スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)

◆入場:無料。先着順で100名が参加できます。
事前申し込みにより先着順でご招待(座席指定)しますが、間隔を空けての座席にしますので、状況を見ながら定員は7月17日(金)に台湾文化センターのHP、及びアジアンパラダイスでお知らせします。

◆申し込み:7月20日(月)昼12:00より
台湾文化センターのホームページよりお申し込み下さい。
http://jp.taiwan.culture.tw
※上記URLから本イベントの告知ページにアクセスして、申し込みリンクをクリック。
   申し込みフォームから必要事項を記入して送信して下さい。
申し込みリンクは7月20日(月)12:00からアクセス可能です。
お一人様1通でご応募下さい。

◆当選通知:申し込み受付メールとは別に、当選通知を出します。
この当選通知に、座席番号を明記します。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、開催日を含み変更があることがございます。ご了承下さい。

主催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター/アジアンパラダイス
協力:華映娛樂股份有限公司

0708shasha1『ぼくの人魚姫(原題:傻傻愛你,傻傻愛我)』
2019年11月1日台湾公開(95分)
恵まれた家庭で育ったダウン症の青年は、ある日海の向こうから泳いでくる一人の女性と出会い、大好きな絵本「森の王子と人魚姫」の人魚に出会えたと大喜び、一目で恋をする。しかしこの女性は、嫌な客から逃げて船から飛び降りて泳いできた風俗嬢。
ある日アメリカ留学中の兄が教えてくれた絵本作家の行きつけのカフェで作家と会うことができた青年は、絵本の人魚と出会えたことを作家に告げる。スランプで長い間筆が止まっている作家は、最初は彼をいぶかしがっていたものの次第に彼のピュアな心に気持ちが動かされていく。そして、作家はその風俗嬢を手配して人魚の衣裳を着せ、主人公に会わせるのだが…。

監督:藍正龍(ラン・ジェンロン)
脚本:徐譽庭(シュー・ユーティン)
出演:Leo、郭書瑤(グォ・シューヤオ)、藍正龍(ラン・ジェンロン)、
恬妞(ティエン・ニウ)、張庭瑚(チャン・テインフー)
Ⓒ 2019 華映娛樂股份有限公司 版權所有

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2020台北電影節 クロージング作品『日子』上映で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督登壇 | トップページ | 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画のいま〜進化する多様性」全ラインナップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020台北電影節 クロージング作品『日子』上映で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督登壇 | トップページ | 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画のいま〜進化する多様性」全ラインナップ! »