« 中国映画『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』11月20日より公開決定! | トップページ | アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定! »

2020/09/19

2020高雄電影節のオープニングとクロージング作品発表!鄭人碩(チェン・レンシュオ)主演の『親愛的殺手』と戴立忍(ダイ・リーレン)の『訪客』!

0919tff110月16日から開催される2020高雄電影節のオープニングとクロージング作品が、発表されました。
オープニングは賴孟傑(ライ・モンジエ)監督の新作で鄭人碩(チェン・レンシュオ)主演の『親愛的殺手』、クロージングは戴立忍(ダイ・リーレン)のSFファンタジー『訪客』です。
どちらもワールドプレミアとなる、期待の映画です。

0919tff2オープニングの『親愛的殺手』は、鄭人碩(チェン・レンシュオ)が演じる身体の不自由な男と寡黙な女との物語。社会の弱者である二人の運命が絡み合い、それぞれの家族と疎外された人々の心模様が描かれます。
また、介護する方と介護される側の苦悩も浮かび上がらせる鄭人碩と邱偲琹(アレー・チウ)のチャレンジングな演技は、見る者を驚かせます。
その家族に扮する喜翔(シー・シャン)と黃采儀(ホアン・ツァイイー)、演技派の二人も見逃せません。

0919tff3賴孟傑監督は、「高雄電影節とプロデューサーにとても感謝しています。この映画には、純粋で特別な思いがあります」、主演の鄭人碩は「縁の深い高雄電影節の20周年のオープニングを飾ることができてラッキーです」、邱偲琹は「オープニングに選ばれてとても光栄です。私自身がとても好きな作品なので、製作チームへの感謝でいっぱいです。見てくれる皆さんの心の中で、もうひとりの自分を見つけてくれるといいなと思います』と、語りました。

0919tff4蔡佳穎(ツァイ・ジャーイン)監督の第一作となるクロージングの『訪客』は、SFファンタジーにホラー・テイストが加わった作品。
ある日泥棒に襲われた父親が、そのことにより息子との関係修復できるかと思った矢先、隣の家で起きた事件から彼らの日常が崩壊していく、というストーリー。
戴立忍と張軒睿(デレック・チャン)がこの父子を演じ、高慧君(ガオ・フイジュン)、姚愛寗(ヤオ・アイニン)、陳漢典(チェン・ハンディエン)らがその謎を深めていきます。

0919tff5高雄出身の蔡佳穎監督は「高雄っ子の初めての長編が故郷に戻ってこられたのは、とても意義深いことです。この映画で"家"という概念がみんな違うということを感じてもらえればうれしいです」と語りました。
初めて高雄電影節に参加する張軒睿は、「この映画で描かれる"家"は、自分が考えるものとは全く違います。高雄での時間を楽しみたいと思います」と、言っていました。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 中国映画『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』11月20日より公開決定! | トップページ | アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国映画『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』11月20日より公開決定! | トップページ | アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定! »