« 高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映! | トップページ | 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回『『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』 』オンライン開催!黄河(ホアン・ハー)の演技に絶讃の声! »

2020/10/23

台湾映画 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』林柏宏(リン・ボーホン)林哲熹(リン・ジャーシー)ほか豪華キャスト発表!

1023shilian1『台北星期天』『幸福城市』の 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』の製作が発表され、林柏宏(リン・ボーホン)、林哲熹(リン・ジャーシー)、李沐(リー・ムー)、陳庭妮(アニー・チェン)、丁寧(ディン・ニン)、姚愛寗(ヤオ・アイニン)ら出演者も情報解禁になりました。
本作は、何蔚庭監督が初めて挑戦するLOVE・サスペンスです。台北の特徴的名街の風景、西門町や萬華地区一帯を舞台に、現代とレトロが融合する中で待った間知らないZ世代の6人のメインキャラクターが出会い事件が起きるという内容です。

1023shilian2監督は「我々は、こんなにもデジタルに満ちた生活になるとは想像もできなかった。インターネットの世界で自己アイデンティティ、社会的アイデンティティ、時代のアイデンティティの影響を受けて育った子供たちは、私たちが"仮想世界"と考えるものはすでに構造化されていて、現実とフィクションの区別はますます曖昧になっています」とこの映画の背景について語っています。

今回のキャスティングについては、「林柏宏は抑圧された感覚が危険な恋人にぴったり、林哲熹の誠実な演技スタイルは、少年のような恋する気持ちを魅力的に表現できる。陳庭妮の今回の役は大きな挑戦になるが、彼女の変貌ぶりはみんなを驚かせるでしょう。丁寧は更に難度が上がっていますが、きっと突破してくれると信じている。李沐と姚愛寗はトレーニングの時に私を驚かせた。その潜在能力は無限の可能性がある。素晴らしい俳優達だ」ということで、期待が高まります。

『青春弒戀』は11月にクランクイン、2021年に上映予定です。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映! | トップページ | 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回『『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』 』オンライン開催!黄河(ホアン・ハー)の演技に絶讃の声! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映! | トップページ | 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回『『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』 』オンライン開催!黄河(ホアン・ハー)の演技に絶讃の声! »