« 台湾ドラマ『幸せのエチュード(原題:若是一個人)』2021年1月28日からホームドラマチャンネルで放送開始! | トップページ | 台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー2019 in 台北! »

2020/11/28

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第8回『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』 オンライン開催! トリッキーな楽しさに観客大満足!

1128flier_202011281849012000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催に変更しています。
この上映イベントは2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けし、5年目を迎えました。今年は全て新作と未公開作品で台湾映画の「進化する多様性」を伝えていきたいと思っています。
ラブ・ファンタジー、シリアスな社会派、アクション・サスペンス、ドキュメンタリー、短編、青春映画、コメディなど、ここでしか見られない話題作と注目作を集めました。

本年度最後になる第8回は、映画青年と黒社会が巻き起こすブラックコメディ『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』を上映しました。
そして、アフタートークは高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督にリモート出演していただきました。
日本でも人気の高い邱澤(ロイ・チウ)主演であることと、話題作ということで、申込み時は2分で満席。その期待を裏切ることのないおもしろさに、皆さん大満足でした。

「テンポもよく、丁寧に作られたコメディ。ロイ・チウの役者としての今後にも期待」「脚本の面白さは格別」「騙し騙され、ブラックユーモアが小気味よく、演者も上手く、音楽も良い、大満足の映画」「イレブン・ヤオのイカレっぷりは凄く、プールに飛び降りる直前の監督と2人のシーンが素敵」「後半のどんでん返しが楽しかった」「失速することなく展開していく荒唐無稽なストーリーが、最後の最後まで楽しませてくれた」「音楽がとても映画にあっていて歌詞も良かった」「凝った構成、豪華なキャスト陣にかかわらず、肩肘はらずに楽しるというのが素敵な映画」「アートワークからは想像できなかったゾンビもののコメディー映画というギャップもいい意味で裏切られた」
等々、最後まで読めない展開とどんでん返しが大好評でした。

高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督にリモート出演によるアフタートークでは、監督の人柄の魅力と、制作秘話を楽しんでいただけました。
「鑑賞直後に監督の話しが聞けるのは、映画祭みたいで良い」「クランクインまでの道のり、キャスティング、興行についてなど興味深い話を聞くことが出来てよかった」「学生時代からのアイデアということで、若き日の監督の映画への思いと、とても魅力的だった劇中の“ザンネン監督”の思いも重なり素敵だと思った」「台湾ロスのこの時期に、じっくりと監督の話がきけてうれしい」「突っ込んだインタビューに興味津々」「興業収益が振るわなくて残念!というぶっちゃけ話が面白かった」「ロイチウの裸に関する質問は日本のファンにとってぜひ聞いてほしい質問だったので、ファンの気持ちを代弁してくれて感謝」「監督の次回作が楽しみ」

1128gao3この映画は2018年の「徵選優良電影劇本」で特別優秀賞を受賞、昨年台湾で公開され、金馬奨で助演女優賞、デザイン奨ノミネート。台北電影奨でも7部門にノミネートされ、脚本賞、デザイン賞、そして姚以緹(ヤオ・イーティ)が助演女優奨を受賞しました。
本作の製作の経緯やキャスティングほか、監督のアフタートークは公開しましたのでご覧いただけます。(下の方にURLがあります)
ですので、ここでは監督やキャストのプロフィルをご紹介します。

1128gao1高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督は、台湾大学演劇科を卒業後、台北芸術大学の大学院で映画を学び、2006年にテレビ映画『拳擊手套布娃娃』と『愛的麵包魂』を発表。
『愛的麵包魂』は2007年の台北電影節で審査員特別賞と観客賞、特別推薦監督を獲得し、2007年には短編『靜夜星空』も制作しました。
2011年には五月天(メイデイ)のコンサートライブと3つのオムニバスストーリーで構成された映画『五月天追夢3DNA』の、コンサートライブ部分の演出を担当。

1128gao2そして2012年、陳妍希(ミシェル・チェン)と陳漢典(チェン・ハンディエン)、倪安東(ニー・アントン)で『愛的麵包魂』を映画化し、『パンのココロ』という邦題で東京国際映画祭で上映されました。
2012/10/25
東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)インタビューとQ&A
http://www.asianparadise.net/2012/10/qa-6a5f.html

0720kao12016年には、台北の捷運(地下鉄)の駅をモチーフにした7本のシリーズ「台北発メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」の一作『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』を手がけ、2018年のこのイベントで上映し、同年8月に日本でDVDリリース。
2018/07/20
台湾映画『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー!
http://www.asianparadise.net/2018/07/post-702c.html

また、テレビドラマ『用九柑仔店(いつでも 君を待っている)』を曾英庭(ツェン・インティン)を共同監督し、今年のテレビアワード2020電視金鐘獎では監督賞を受賞。邱澤も出演しています。
12月3日からBS11で毎週月曜~金曜13:00~放送。
2021年2月&3月にDVD発売が決定しています。

1128all『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』は、2019年10月に台湾で公開され、今年3月に大阪アジアン映画祭で上映。『ギャングとオスカー、そして生ける屍』という邦題でしたが、今回の上映にあたり『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?』 というタイトルにしました。
以下、関連記事のリンクです。

2019/09/24
邱澤(ロイ・チウ)主演映画『江湖無難事』記者会見 in 台北!
http://www.asianparadise.net/2019/09/post-106d5c.html

2019/11/16
金馬影展 台湾映画『江湖無難事』Q&A
http://www.asianparadise.net/2019/11/post-c95cde.html

2020/03/12
2020大阪アジアン映画祭 台湾映画『ギャングとオスカー、そして生ける屍(原題:江湖無難事)』
http://www.asianparadise.net/2020/03/post-5a988f.html

1128roy主演の邱澤は、あらためてご紹介するまでもないスター俳優で、2002年にドラマ『星が輝く夜に(雪地裡的星星)』でデビュー以来、演技と歌、そしてバレーボール選手としての活動もしており、当時日本ではF4に次ぐ人気アイドルでした。
日本での活動( ファンミ、ラジオ出演、写真集、DVDリリースほか)のあと兵役に就き、退役後は俳優業に専念。
2011年『進め!キラメキ女子(小資女孩向前衝)』での再ブレイクから “新視聴率男”と言われ、レーサーとしての活動もスタートしました。
そして2018年、映画『先に愛した人(誰先愛上他的)』で台北電影獎受賞の主演男優賞に輝き、同年の金馬奨にもノミネートされました。
…と、これは昨年の大阪アジアン映画祭のオーサカ Asia スター★アワード&トークでMCをさせていただいた時の"ざっくり経歴"です。(^O^)

先日行われた金馬奨の授賞式では、『先に愛した人(誰先愛上他的)』で共演した謝盈萱(シエ・インシュアン)と共にプレゼンターをつとめ、かっこいい正装姿を見ることができました。
ただ、レッドカーペットを歩かなかったのが残念でしたね。

アイドルから俳優へ、見事な成長を果たした邱澤。
アジアンパラダイスではデビュー時から継続して取材してきましたので、その記事の数は70くらいあります。リンクを貼るとたいへんなことになりますので、お時間のあるときに、アジアンパラダイスのサイト内検索で、これまでの歩みをご覧になって下さい。

1128huan監督役の黃迪揚(ホアン・ディーヤン)は台北藝術大學の演技学科を卒業後、舞台を中心に活動してきました。
ドラマや映画にも主査苑していますが、本作でデビュー10年目にしての大役をつかみました。これまでの地道な努力が実って本作のプロデューサーに抜擢されたそうです。
台北芸術大学では李啟源(リー・チーユエン)監督に師事していたので、このイベントでも上映した『盜命師』では、ヒロインの元カレ役で出演しています。臓器提供というこの映画の大きなテーマのきっかけとなる重要な役どころなので、アップリンク吉祥寺「台湾巨匠傑作選」で12月6日に上映されるので、ぜひチェックしてみて下さい。

1128yao黒社会の親分の女、ドラァグ・クイーン、劇中劇の女子高生と複数キャラを演じている姚以緹(ヤオ・イーティ)は、ハンドボールの国家代表選手という経歴を持ち、2006年にドラマ『天使情人』で女優デビューしました。
2017年に、SUB監督の映画『Mr .Long』の薄幸のシングルマザー役で注目され、このイベントでも上映した2018年の『High Flash〜引火点(原題:引爆點)』で吳慷仁(ウー・カンレン)の相手役をつとめました。
本作の弾けっぷりは本当に見事で、2019年の金馬奨の助演女優賞ノミネート、そして台北電影節では助演女優賞を獲得したのは納得の演技です。

高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督リモート出演のアフタートークは、11月30日までの3日間だけになりますが公開します。
以下にアクセスしてご覧下さい。
https://v.classtream.jp/tw-movie/#/player?akey=d3e37f7c31a3604731ee98f01cd65bde

なお、今年8月から10月までのアフタートークのアーカイブも、11月30日をもって終了となります。

主催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター/アジアンパラダイス
協力: 華映娛樂股份有限公司/大阪アジアン映画祭

今年はコロナ渦によりオンラインでの実施になりましたが、予定通り8作をご覧いただくことができて、本当に良かったと思います。
まだまだいつもと違う日常は続きますが、どうぞ皆さま健康に気をつけて、またお会いで来る日を祈っております。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾ドラマ『幸せのエチュード(原題:若是一個人)』2021年1月28日からホームドラマチャンネルで放送開始! | トップページ | 台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー2019 in 台北! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾ドラマ『幸せのエチュード(原題:若是一個人)』2021年1月28日からホームドラマチャンネルで放送開始! | トップページ | 台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー2019 in 台北! »