« 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第8回『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』 オンライン開催! トリッキーな楽しさに観客大満足! | トップページ | Podcast 台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー2019 in 台北! »

2020/11/29

台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー2019 in 台北!

1129kao12019年秋に台湾で公開され、11月28日に2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」で上映した邱澤(ロイ・チウ)主演の台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビューをお届けします。
これは、昨年台湾での公開時に台北の配給会社で取材したもので、昨日のアフタートークでは語っていない内容も含まれています。

1129kao2インタビュー時は私の周りでもとても評判が良く、監督が感じた手応えから聞きました。
「香港でも公開されて、台湾よりも香港の方がもっと良かったですね。こういう荒唐無稽なコメディは、香港の人たちの好みに合っているからでしょう」
確かに、香港人受けするおもしろさです。

金馬影展のQ&Aの記事にも書きましたが、もともと大陸で徐崢(シュー・ジェン)、黃渤(ホアン・ボー)、周迅(ジョウ・シュン)、周潤發(チョウ・ユンファ)をキャスティングして撮ろうと思っていたそうですが、創作の制限のない環境で撮りたいと考え直し、台湾で撮ることにしたそうです。
「当初はフランスのマフィアという設定にしていたのですが、台湾で撮ることにしたので予算の関係で日本のヤクザに変えました」と、笑っていました。

1129kao3この作品は、破天荒な部分もありながら、いわゆる旧正月のコメディとは一線を画した笑いは全世界共通のツボを押さえています。このあたりは、監督のセンスだと思いますがその点についてはこの様に語っていました。
「旧正月のコメディは、台湾語の同音異語のおかしさをふんだんに使っているのです。音の遊びだから、台湾人以外はわからない笑いなのです」
先述の香港での評判のように、日本人にとっても香港映画の笑いに近いものの、香港独特のあくの強さがが薄いので楽しめたのだと思いました。
そして、監督がコメディにおいて影響を受けたのは周星馳(チャウ・シンチー)ということですから、さもありなん。

そして、キャスティングについても色々お聞きしたところ、旬のスター俳優邱澤を起用した話の時に、実は本人から最初に「こっちの役をやりたい」と言っていたことを聞きました。

えええっ!
ロイくん、そうだったの!

ということで、この話、そして主題歌に李英宏という旬のアーチストを使ったことほかたっぷりと伺ったこのインタビョーは、明日11月30日からPodcast配信します。
ぜひお聞き下さい。

◆高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督プロフィル
1979年台東生まれ。
台湾大学演劇科を卒業後、台北芸術大学の大学院で映画を学び、2006年にテレビ映画「拳擊手套布娃娃」と「愛的麵包魂」を発表。数々の受賞を果たした後、2007年は短編「靜夜星空」を制作。
2011年、五月天(メイデイ)のコンサートライブと3つのオムニバスストーリーで構成された映画「五月天追夢3DNA」の、コンサートライブ部分の演出を担当。
2012年、(陳妍希ミシェル・チェン)と陳漢典(チェン・ハンディエン)、倪安東(ニー・アントン)で「パンのココロ」を映画化。
2016年に製作したテレビ映画、吳慷仁(ウー・カンレン)主演の『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』が、2018年に日本で上映&DVDリリース。
2019年ドラマ『用九柑仔店(いつでも 君を待っている)』を曾英庭(ツェン・インティン)と共同監督、2020電視金鐘獎で監督賞を受賞。

※高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督と『江湖無難事』に関するこれまでの記事

2020/11/28
2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第8回『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』 オンライン開催! トリッキーな楽しさに観客大満足!
http://www.asianparadise.net/2020/11/post-30f3f0.html#more

2019/09/24
邱澤(ロイ・チウ)主演映画『江湖無難事』記者会見 in 台北!
http://www.asianparadise.net/2019/09/post-106d5c.html

2019/11/16
金馬影展 台湾映画『江湖無難事』Q&A
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/11/post-c95cde.html

2019/09/24
邱澤(ロイ・チウ)主演映画『江湖無難事』記者会見 in 台北!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/09/post-106d5c.html

2018/07/30
Podcast 台湾映画『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー!
http://asianparadise.sblo.jp/article/184052458.html

2018/07/20
台湾映画『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2018/07/post-702c.html

2012/11/26
Podcast 東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビューvol.3
http://asianparadise.sblo.jp/article/60320333.html

2012/11/21
Podcast 東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビューvol.2
http://asianparadise.sblo.jp/article/60191934.html

2012/11/13
Podcast 東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビューvol.1
http://asianparadise.sblo.jp/article/60005077.html

2012/10/29
東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督のQ&A
http://asianparadise.sblo.jp/article/59626329.html

2012/10/25
東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)インタビューとQ&A
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/10/qa-6a5f.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第8回『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』 オンライン開催! トリッキーな楽しさに観客大満足! | トップページ | Podcast 台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー2019 in 台北! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第8回『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』 オンライン開催! トリッキーな楽しさに観客大満足! | トップページ | Podcast 台湾映画『ギャングだってオスカー狙いますが、何か?(原題:江湖無難事)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督インタビュー2019 in 台北! »