« 台湾映画『怪胎』が『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』の邦題で8月日本公開決定! | トップページ | 2021台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜新鋭と精鋭の挑戦」第2回は、台湾最大のインディーズ音楽レーベル角頭音樂の20年の歴史を綴ったドキュメンタリー映画『インディーズ魂〜角頭音樂の20年(原題:我不流行二十年)』! »

2021/04/29

台湾映画『親愛的房客』が『親愛なる君へ』の邦題で7月日本公開決定!

0429qinai鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督の新作である台湾映画『親愛的房客』が、『親愛なる君へ』の邦題で7月23日よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国順次公開されることになりました。
ミステリアスで重厚なサスペンス調の展開を匂わせつつ、徐々に真実が解き明かされていくと、温かな情感溢れる結末まで一気に導かれる本作本作は、『一年の初め(原題:一年之初)』以来14年ぶりに鄭有傑作品に出演した莫子儀(モー・ズーイ)が、金馬奨と台北電影奨で主演男優賞に輝き、陳淑芳(チェン・シュウファン)が助演女優賞、最優秀オリジナル音楽賞を受賞しています。

作は、老婦・シウユーとその孫のヨウユー、そのふたりの面倒を見る青年・ジエンイーの3人が、血の繋がりを越えた家族の絆をつむぐ物語。
ただの間借り人のはずのジエンイーがふたりに尽くすのは、今は亡き同性パートナーの家族だから。しかしある日、シウユーが急死してしまう。その死因を巡り、ジエンイーは不審の目で見られるようになる。警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには罪を認めてしまう。だがそれはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…。

今回解禁になったポスタービジュアルは、「間借り人は少年にとって“もうひとりのパパ”」というキャッチとともに、莫子儀演じるジエンイーと血の繋がりのない少年が海辺で切ない表情で抱き合う写真が大きく配置されています。
さらに同性パートナーが生きていた在りし日の幸せな家族の食卓の写真もあり、その対比から、現在のふたりの関係が頑強さと脆弱さの両面を持ち合わせるような情調を想像できる仕上がりとなっています。

また、金馬奨で最優秀オリジナル音楽賞を受賞した音楽を担当したのは、「法蘭黛樂團」のリードボーカル法蘭(フラン)。
鄭有傑監督の秀作ドラマ『他們在畢業的前一天爆炸2』に続き、2度目のコラボとなります。
法蘭は2018年の『鬥魚電影版(アウトサイダー)』(2020年台湾文化センターのオンライン上映で日本初上映)の音楽も手がけ、バンド法蘭黛樂團のリードボーカルとしてだけでなく、新しい映画温覚の創作者としても期待されています。
台湾版になりますが、『親愛的房客』のサントラには法蘭のすてきな曲とともに莫子儀の台詞やボーナストラックとして法蘭が歌う主題歌も入っています。

0429youjie☆初披露エピソード
昨年本作が台北電影節でワールドプレミアされる前、鄭有傑監督から連絡をいただき、莫子儀は日本にもファンが多いから日本語字幕の予告編を作ろうと思うのだけど、どう?と聞かれ、「ぜひ作って下さい。莫子儀はもちろん、監督のファンも多いですから」とお答えしました。
その時はまだ日本の配給が決まっていませんでしたし、台湾の一般公開前に日本語字幕版予告編が公開されることは滅多にありません。
日本と縁の深い監督ならではのお気持ちに感謝、感謝でした。
いまは配給会社が準備しているであろうことから、この日本語字幕版予告編は見られません。

◆ストーリー
老婦・シウユーの介護と、その孫のヨウユーの面倒をひとりで見る青年・ジエンイー。
血のつながりもなく、ただの間借り人のはずのジエンイーがそこまで尽くすのは、ふたりが今は亡き同性パートナーの家族だからだ。彼が暮らした家で生活し、彼が愛した家族を愛することが、ジエンイーにとって彼を想い続け、自分の人生の中で彼が生き続ける唯一の方法であり、彼への何よりの弔いになると感じていたからだ。
しかしある日、シウユーが急死してしまう。病気の療養中だったとはいえ、その死因を巡り、ジエンイーは周囲から不審の目で見られるようになる。警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには裁判にかけられてしまう。
だが弁解は一切せずに、なすがままに罪を受け入れようとするジエンイー。それはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…。

監督・脚本:鄭有傑(チェン・ヨウジエ)
監修:楊雅喆(ヤン・ヤーチェ)
出演:莫子儀(モー・ズーイ)、姚淳耀(ヤオ・ジュンヤオ)、陳淑芳(チェン・シューファン)、白潤音(バイ・ルンイン)、是元介(シー・ユエンジエ)、王可元(ワン・カーユエン)
配給:エスピーオー、フィルモット
© 2020 FiLMOSA Production All rights
公式ウェブサイト:filmott.com/shin-ai
公式Twitter:@filmott
7月23日よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国順次公開

※これまでの『親愛なる君へ(原題:親愛的房客)』に関する記事

2020/11/22
第五十七回金馬獎『消失的情人節』が5冠! 陳淑芳(チェン・シューファン)が主演女優賞と助演女優賞のW受賞、主演男優賞は莫子儀(モー・ズーイ)!
http://www.asianparadise.net/2020/11/post-aa0c46.html

2020/07/13
台北電影奨で主演男優賞を獲得した莫子儀(モー・ズーイ)!
http://www.asianparadise.net/2020/07/post-8dfc06.html

2020/07/11
2020 台北電影獎、『返校』が百萬元大賞と長編劇映画賞受賞!主演男優賞は『親愛的房客』は莫子儀(モー・ズーイ)
http://www.asianparadise.net/2020/07/post-2bc9a5.html

2020/07/05
2020台北電影節『親愛的房客』ワールドプレミア!
http://www.asianparadise.net/2020/07/post-b7606c.html

2020/06/17
『親愛的房客』予告編に日本語字幕版登場!
http://www.asianparadise.net/2020/06/post-aecc2c.html

2020/06/05
2020台北電影節 特別招待作品に話題の4作!
http://www.asianparadise.net/2020/06/post-172979.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画『怪胎』が『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』の邦題で8月日本公開決定! | トップページ | 2021台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜新鋭と精鋭の挑戦」第2回は、台湾最大のインディーズ音楽レーベル角頭音樂の20年の歴史を綴ったドキュメンタリー映画『インディーズ魂〜角頭音樂の20年(原題:我不流行二十年)』! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画『怪胎』が『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』の邦題で8月日本公開決定! | トップページ | 2021台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜新鋭と精鋭の挑戦」第2回は、台湾最大のインディーズ音楽レーベル角頭音樂の20年の歴史を綴ったドキュメンタリー映画『インディーズ魂〜角頭音樂の20年(原題:我不流行二十年)』! »