« 2021高雄電影節クロージング記者会見に監督・キャストが集結! | トップページ | 第22回東京フィルメックス『見上げた空に何が見える?』『時の解剖学』が最優秀作品賞! »

2021/11/05

『我が心の香港~映画監督アン・ホイ(原題:好好拍電影)』 11月6日(土)~新宿K’s cinemaにて公開! 『男人四十』と『桃さんのしあわせ(原題:桃姐)』も限定上映!

0205oaff1 『客途秋恨』(1990年)『女人、四十。』(1995年)などの作品で、世界的に知られる香港映画の巨匠許鞍華(アン・ホイ)。
1980年代以降、徐克(ツイ・ハーク)や譚家明(パトリック・タム)らと共に、<香港ニューウェーブ>の旗手として香港映画の発展に大きく貢献した40年に及ぶ映画人生を、文念中(マン・リムチョン)が描いたドキュメンタリー『我が心の香港~映画監督アン・ホイ』が、11月6日(土)~新宿K’s cinemaにて公開されます。

今年74歳になる許鞍華は、アジアの女性監督のトップランナーとして、香港の文化を重んじ、ロンドンで映画を学び、まさに“東洋と西洋の出会い”“香港魂”を体現する存在でもあります。
日本人の母との慎ましやかな日常生活、香港への思い、女性としての生き様、エネルギッシュな撮影風景。そして張艾嘉(シルヴィア・チャン)、劉徳華(アンディ・ラウ)、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、陳果(フルーツ・チャン)、田壯壯(ティエン・チュアンチュアン)など香港・台湾・中国映画界の重鎮たちが、彼女の作品と人柄について語り尽くします。

また、今回この公開記念で許鞍華監督の『男人四十』と『桃さんのしあわせ(原題:桃姐)』が限定上映されます。
特に『男人四十』は劇場未公開作・未ソフト化で貴重な機会となりますので、ぜひお見逃しなく!

『我が心の香港~映画監督アン・ホイ(原題:好好拍電影)』
監督:文念中(マン・リムチョン)
出演:許鞍華(アン・ホイ)、張艾嘉(シルヴィア・チャン)、劉徳華(アンディ・ラウ)、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、陳果(フルーツ・チャン)、田壯壯(ティエン・チュアンチュアン)
配給:パンドラ
11月6日(土)~新宿K’s cinemaにて公開
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/kokoro_hongkong/

1105july 『男人四十』2002年
主演:張學友(ジャッキー・チュン)、(カリーナ・ラム)
40歳の国語教師ラム。高校時代から付合いがある妻や子どもたちとはここ最近うまくいかず、自分に溜息をつく毎日。そんな中、教え子の女子高生チョイランに惹かれていく…。
上映予定:11月12日(金)16:45~/11月13日(土)16:45~/11月14日(日)16:45~

0627taojie 『桃さんのしあわせ(原題:桃姐)』2011年
主演:劉徳華(アンディ・ラウ)、
香港の映画プロデューサー、ロジャー・リーの実体験を基に、彼と彼の家族に仕えてきた老家政婦との心の絆を描いた感動ドラマ。
上映予定:11/19(金)16:45~/11/20(土)12:20~/11/21(日)12:20~

※これまでの本作に関する記事

2021/03/07
2021大阪アジアン映画祭 香港映画『映画をつづける(原題:好好拍電影)』文念中(マン・リムチョン)監督インタビュー!
http://asianparadise.sblo.jp/article/188466944.html

2021/03/06
2021大阪アジアン映画祭 香港映画『映画をつづける(原題:好好拍電影)』で開幕!
http://www.asianparadise.net/2021/03/post-e86272.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2021高雄電影節クロージング記者会見に監督・キャストが集結! | トップページ | 第22回東京フィルメックス『見上げた空に何が見える?』『時の解剖学』が最優秀作品賞! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021高雄電影節クロージング記者会見に監督・キャストが集結! | トップページ | 第22回東京フィルメックス『見上げた空に何が見える?』『時の解剖学』が最優秀作品賞! »