« 台湾の春節映画紹介1〜『嗨!神獸』 | トップページ | 台湾の春節映画紹介3〜3Dアニメーション『諸葛四郎-英雄的英雄』 »

2022/01/27

台湾の春節映画紹介2〜『素還真』

0127pili1 台湾の春節映画紹介第二弾は、布袋戯の『素還真』です。
本作は、日本でも『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』シリーズで知られる霹靂が、2000年の『聖石傳説』、2015年の『古代ロボットの秘密(原題:奇人密碼-古羅布之謎)』に続く映画作品として制作したもの。
素還真というのは、1988年から今日に至るまで30年以上親しまれている「霹靂布袋戲」シリーズの主人公で、博識な策士でありながら武功も底知れぬという強いヒーローです。
シリーズ総話数は2500話以上に及びますが、その第一弾『霹靂金光』の第13集から登場したキャラクターで、今回の映画版では素還真の少年時代を描いた、いわゆる"エピソード・ワン"と言えるでしょう。

0127pili2 劇場版『素還真』は1月28日から台湾で公開になりますが、それを前に1月26日にプレミアが行われ、総監督の黃強華(ホアン・チャンホア)、総エグゼクティブ・プロデューサー黃亮勛(ホアン・リャンジュウ)、人形三体の操演師、音楽の麋先生(MIXER)が出席しました。
集まった熱狂的なファンやゲストに、黃強華監督は「血湧き肉躍る!興奮の極みだ」と言い、司会を担当した霹靂布袋戲ファンの俳優黃鐙輝(ホアン・ダンフイ)は、「素還真がこんな少年だったとは驚いた」と語っていました。

0127pili3 また、主題歌を担当した麋先生(MIXER)のリードボーカル聖皓は「オファーを受けた時は信じられなかった。僕にとって素還真は神のような存在だから、このプロジェクトに参加できたのは本当に光栄です。自由に創作できるよう、僕らを信じてくれた霹靂に感謝しています。劇場版の『素還真』は、人形劇というイメージを覆すほどの驚きを感じました。とても人間的で、すぐに歌詞を書くことができた」ということです。

0127pili4 武力で世界を支配しようとするあらゆる敵に立ち向かうヒーロー素還真が、どのように生まれたのか…霹靂布袋戯ファンはもちろん、『Thunderbolt Fantasy"シリーズファン、そして、広く武侠作品を愛する方々の期待を担い、映画『素還真』がいよいよ公開!

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾の春節映画紹介1〜『嗨!神獸』 | トップページ | 台湾の春節映画紹介3〜3Dアニメーション『諸葛四郎-英雄的英雄』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾の春節映画紹介1〜『嗨!神獸』 | トップページ | 台湾の春節映画紹介3〜3Dアニメーション『諸葛四郎-英雄的英雄』 »