« 2022大阪アジアン映画祭 『めちゃくちゃな日』趙丹陽(チャオ・ダンヤン)監督インタビュー | トップページ | 2022大阪アジアン映画祭『自分だけの部屋』謝依然(シエ・イーラン)監督インタビュー »

2022/03/13

2022大阪アジアン映画祭 『エンクローズド』楊翼(ヤン・イー)監督インタビュー

0313oaffyang 開催中の大阪アジアン映画祭で上映されている短編映画『エンクローズド』の楊翼(ヤン・イー)監督に、オンラインインタビューしました。
監督は中国出身で、現在はアメリカで活動しており、本作はアメリカ・中国の合作ということになります。
内気な少年と年上の女性、というテーマは古今東西で小説だったり映像などでたくさん描かれてきましたが、楊翼監督は、これまでとはまったく違うアプローチでの制作意図があるそうです。

0314room 本作は主に少年と年上の女性との間で展開する物語ですが、そこに登場するもう一人が少年の父親。
少年がなくしたピースを探すのがオイディプスの絵のジグソーパズル…ということで、色々な暗喩が見え隠れする、ある意味この映画全体が最後の1ピースを観客に委ねた作品とも言えるのではないでしょうか。

監督はじめスタッフの多くが中国人ですが、俳優は全てラテン系アメリカ人(→ここにも意味があるそうです)。
そこで、これまでの少年と年上の女性の物語との違いを表すのに、どのようなこだわりを持っているのか、幼少期を中国で過ごした監督が思う、今回のテーマについて中国とアメリカでの感じ方や考え方の違いなどをお聞きしました。

取材を終えようとした時に、監督から中国とアメリカでの感じ方や考え方の違いについてもう少し語りたいとお申し出があり、さらに興味深いお話しをうかがうことが出来ました。
2回目の上映は3月17日の16時から、シネ・リーブル梅田4ですので、その後Podcastでこのインタビューを配信します。

『エンクローズド』(アメリカ・中国)
監督:楊翼(ヤン・イー)
出演:アシュトン・ミラモンテス、タリア・マーティン、エミリアーノ・ロペス

大阪アジアン映画祭の紹介ページ
https://www.oaff.jp/2022/ja/program/sl02.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2022大阪アジアン映画祭 『めちゃくちゃな日』趙丹陽(チャオ・ダンヤン)監督インタビュー | トップページ | 2022大阪アジアン映画祭『自分だけの部屋』謝依然(シエ・イーラン)監督インタビュー »

コメント

写真が「自分だけの部屋」のものではないでしょうか?

投稿: poka | 2022/03/17 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022大阪アジアン映画祭 『めちゃくちゃな日』趙丹陽(チャオ・ダンヤン)監督インタビュー | トップページ | 2022大阪アジアン映画祭『自分だけの部屋』謝依然(シエ・イーラン)監督インタビュー »