« Podcast 2022大阪アジアン映画祭『アニタ』梁樂民(リョン・ロクマン)監督インタビュー | トップページ | Podcast 2022大阪アジアン映画祭台湾ドラマ『縁起良き時(原題:良辰吉時)』黃熙(ホアン・シー)監督インタビュー »

2022/04/28

2022台北電影節のイメージキャラクターは劉冠廷(リウ・グアンティン)!

0428tff1 2022年の台北電影節は6月23日から7月9日まで開催されますが、今年のイメージキャラクターに劉冠廷(リウ・グアンティン)が任命されました。
ここ数年良作への出演が続き、2018年のドラマ『お花畑から来た少年(原題:花甲男孩轉大人)』で金鐘獎の助演男優賞、2019年の『ひとつの太陽(原題:陽光普照)』で金馬奨の助演男優賞、昨年の『詭扯』では台北電影賞と金馬奨の助演男優賞を受賞するという、今まさに旬の俳優です。

0428tff2 この命を受けて「映画は観客に見てもらって成立します。もっと多くの人に映画祭の世界に足を踏み入れてもらうことができれば、とても嬉しいです。コアなファンも新しい人たちも、みんな一緒に参加してくれることを願っています」
と語る劉冠廷。
彼は俳優として最も気遣うことは"慣れを打破する"ということだそうです。自分の演技を見て違う何かを見つけてもらう、というのが永遠の課題だと語ります。

イメージキャラクターとしての最初の任務は、映画祭の広告。毎年新鋭の監督が担当していますが、今回は昨年『アメリカン・ガール(原題:美國女孩)』で話題を呼んだ阮鳳儀(ルアン・フォンイー)監督がディレクションを担当しました。
監督は「彼の親近感をフィーチャーして、これまでとは違う子供っぽいところを出した作品にしたいと思います」と、語っています。
このPRムービーは、5月9日に披露されます。

2022第24回台北電影節は、6月23日から7月9日まで開催。
台北電影獎は5月16日にノミネート発表、7月9日に各賞の発表だそうです。
授賞式について今回のリリースで触れられていないのは、コロナの感染状況によるものだと考えられます。
続報が入り次第お伝えします。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 2022大阪アジアン映画祭『アニタ』梁樂民(リョン・ロクマン)監督インタビュー | トップページ | Podcast 2022大阪アジアン映画祭台湾ドラマ『縁起良き時(原題:良辰吉時)』黃熙(ホアン・シー)監督インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 2022大阪アジアン映画祭『アニタ』梁樂民(リョン・ロクマン)監督インタビュー | トップページ | Podcast 2022大阪アジアン映画祭台湾ドラマ『縁起良き時(原題:良辰吉時)』黃熙(ホアン・シー)監督インタビュー »