« Podcast 2022大阪アジアン映画祭中国映画『宇宙探索編集部』孔大山(コン・ダーシャン)監督インタビュー | トップページ | 鄭伊健(イーキン・チェン)台湾ドラマ初主演、『百萬人推理』クランクイン! »

2022/05/09

2022台北電影節PRムービー公開!

0509tff1 2022台北電影節のイメージキャラクターに劉冠廷(リウ・グアンティン)が就任したことはすでにお伝えしていますが、PRムービーが完成し、今日記者会見が行われました。
会見には劉冠廷と阮鳳儀(ルアン・フォンイー)監督が出席し、PRムービーに登場するハンドパペットと共に色々なポーズでカメラに収まりました。

 

0509tff2 昨年『アメリカン・ガール(原題:美國女孩)』で各賞を受賞した阮鳳儀監督は、高校を卒業してから毎年台北電影節のチケットを買い、様々な作品を見ていたそうです。
特に映画人達のトークや講座などは映画を見る上で貴重な栄養素になっていた、と語っています。
劉冠廷はイメージキャラクターとしてチケットの売れ行きというプレッシャーもありますが、みんなが一緒に映画を見る幸せを見つけるために劇場に戻ってきてくれることを祈っている、ということです。

0509tff3 阮鳳儀監督は、ハンドパペットの可愛い毛虫のデザインについて、これは台北電影節のロゴが蝶なので、そこから発想したと、言っています。
監督は撮影の時に、自らハンドパペットを着けて演出しました。「実はヒトデのハンドパペットを持っていて、よくこのヒトデと話をするの」と笑っていました。

0509tff4 今回初めて阮鳳儀監督と仕事をした劉冠廷は、かなり自由に演じさせてもらったそうですが、苦労もあったようです。
撮影時にはハンドパペットをを独立したキャラクターとして扱わなければならず、一方で映画を見て、もう一方でハンドパペットに心を向けなければいけないので、そこが難しかったそうです。
ポップコーンを食べるシーン、確かに難しそうですね。

0509tff5 PRムービーのもう一つのハイライトは、陳淑芳(チェン・シューファン)の特別出演です。
陳淑芳はいま新作の撮影中ですが、台北電影節のために新幹線で台北へ移動し、2時間でこのシーンを撮ったそうです。
劉冠廷は「国宝級の陳淑芳さんと一緒に演技できるなんて、とてもうれしいです」と興奮気味に語っていました。
その陳淑芳から演技を褒められた劉冠廷、また共演する機会があることを熱望していると言っています。

2022第24回台北電影節は、6月23日から7月9日まで開催。
台北電影獎は5月16日にノミネート発表、7月9日に各賞の発表だそうです。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 2022大阪アジアン映画祭中国映画『宇宙探索編集部』孔大山(コン・ダーシャン)監督インタビュー | トップページ | 鄭伊健(イーキン・チェン)台湾ドラマ初主演、『百萬人推理』クランクイン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 2022大阪アジアン映画祭中国映画『宇宙探索編集部』孔大山(コン・ダーシャン)監督インタビュー | トップページ | 鄭伊健(イーキン・チェン)台湾ドラマ初主演、『百萬人推理』クランクイン! »