« 2022台北電影節でワールドプレミアになる台湾映画の新作第一弾 | トップページ | 台湾の第33回流行音樂金曲獎ノミネート発表! »

2022/05/16

2022第24回台北電影奨・国際新人監督コンペティション(國際新導演競賽)ノミネート発表!

0515tff_20220516201301 5月16日に2022年第24回台北電影奨・国際新人監督コンペティション(國際新導演競賽)のノミネート会見が行われ、国際新人監督コンペティションは主席の易智言(イー・ツーイエン)監督から、台北電影獎は艾怡良(イブ・アイ)と劉修甫(リウ・ショウフ)により発表されました。

台北電影奨では『アメリカンガール(原題:美國女孩)』が12部門の最多ノミネート、続いて『月老』が11部門、『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』9部門で、『アメリカンガール(原題:美國女孩)』は『小藍』と共に国際新人監督コンペティションの台湾代表としてもノミネートされました。

主演男優賞は、范少勳(ファン・シャオシュン)、柯震東(クー・チェンドン)という若手と、実力派の陳以文(チェン・イーウェン)、張孝全(チャン・シャオチュアン)、そして映画では初ノミニーの温昇豪(ウェン・シェンハオ)がどういう闘いを見せるのか興味深いです。
助演男優賞も、莊凱勛(ジュアン・カイシュン)、莫子儀(モー・ズーイ)という主役級の俳優に馬志翔(マージーシアン)と高英軒、そして若手の潘綱大(パン・ガンダー)がどう挑むのか、楽しみです。

今年は長編劇映画26本、ドキュメンタリー5本、短編159本、アニメーションが26本、計268本がエントリー、30本がノミネートされました。
アウト・オブ・コンペとして、ノミネート作品の中から観客賞、メディア推薦賞、そして2021年4月1日〜2022年3月31日の間に公開された作品の中から、マーケティング賞が選出されます。
国際新人監督コンペティションの発表は7月8日、台北電影賞の発表授賞式は、7月9日に台湾のテレビとYouTubeで放送&配信されます。

なお、ノミニー作品のうち『一人にしないで(原題:不想一個人)』は7月、短編の『聞いちゃいない(原題:講話沒有在聽)』は8月、『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』は10月に台湾文化センターと共催のオンライン上映&トークで上映しますので、賞の結果と併せてお楽しみに!

◎台北電影獎ノミネート一覧

◆長編劇映画
『月老』
監督:九把刀(ギデンズ)
出演:柯震東(クー・チェンドン)、王淨(ワン・ジン)、宋芸樺(ビビアン・スン)、馬志翔(マー・ジーシアン)
『咒』
監督:柯孟融(クー・モンロン)
出演:蔡亘晏(ツァイ・ガンイエン)、高英軒(ガオ・インジュエン)、林敬倫(リン・ジンルン)
『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
監督:阮鳳儀(ルアン・フェンイー)
出演:方郁婷(ケイトリン・ファン)、林嘉欣(カリーナ・ラム)、莊凱勛(ジュアン・カイシュン)
『童話.世界』
監督:唐福睿(タン・フーレイ)
出演:張孝全(チャン・シャオチュアン)、李康生(リー・カンシェン)、尹馨(イン・シン)、夏于喬(シア・ユーチャオ)、江宜蓉(ジャン・イーロン)
『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』
監督:樓一安(ロウ・イーアン)
出演:黃聖球(ホアン・シェンチョウ)、潘綱大(パン・ガンダー)、莫子儀(モー・ズーイ)、王渝萱(ワン・ペイシュアン)

◆ドキュメンタリー映画
『大俠胡金銓』監督:林靖傑(リン・ジンジエ)
『我那遙遠的呼喚』監督:李立劭(リーリーシャオ)
『金門留念』監督:洪淳修(ホン・ジュンショウ)
『海與岸』監督:趙若彤(チャオ・ルータン)
『神人之家』監督:盧盈良(ルー・インリャン)

◆短編映画
『台北過手無暝無日』監督:王逸鈴(ワン・イーリン)
『詠晴』監督:張誌騰(チャン・ズータン)
『聞いちゃいない(原題:講話沒有在聽)』監督:李念修(リー・ニエンショウ)
『鍵盤俠』監督:劉立(リウ・リー)
『懸日與掛月』監督:呂柏勳(ロー・ボーシュン)

◆アニメーション映画
『白線』監督:黃睿烽(ホアン・ルイフェン)
『河豚』監督:黃秉安(ホアン・ビンアン)
『島影』監督:余聿(ユー・ユー)
『素還真』監督:黃強華(ホアン・チャンホア)
『當鯨魚游上沙灘』監督:吳德淳(ウー・ダージュン)

◆監督賞
九把刀(ギデンズ)『月老』
柯孟融(クー・モンロン)『咒』
阮鳳儀(ルアン・フェンイー)『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
錢翔(チェン・シャン)『修行』
樓一安(ロウ・イーアン)『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』

◆脚本賞
九把刀(ギデンズ)『月老』
阮鳳儀(ルアン・フェンイー)李冰()『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
唐福睿(タン・フールイ)『童話.世界』
樓一安(ロウ・イーアン)、陳芯宜(チェン・シンイー)『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』
李念修(リー・ニエンショウ)、許世輝(シュー・シーフイ)『聞いちゃいない(原題:講話沒有在聽)』

◆主演男優賞
范少勳(ファン・シャオシュン)『一人にしないで(原題:不想一個人)』
柯震東(クー・チェンドン)『月老』
陳以文(チェン・イーウェン)『修行』
張孝全(チャン・シャオチュアン)『童話.世界』
温昇豪(ウェン・シェンハオ)『夢遊樂園』

◆主演女優賞
蔡亘晏(ツァイ・ガンイエン)『咒』
方郁婷(ケイトリン・ファン)『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
林嘉欣(カリーナ・ラム)『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
陳湘琪(チェン・シアンチー)『修行』
江宜蓉(ジャン・イーロン)『童話.世界』

◆助演男優賞
馬志翔(マージーシアン)『月老』
高英軒(ガオ・インジュエン)『咒』
莊凱勛(ジュアン・カイシュン)『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
莫子儀(モー・ズーイ)『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』
潘綱大(パン・ガンダー)『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』

◆助演女優賞
張寗(チャン・ニン)『少年吔』
謝瓊煖(シエ・チョンシュアン)『那天,我媽偷了老師的車』
于子育(ユー・ズーユー)『初戀慢半拍』
尹馨(イン・シン)『童話.世界』
王渝萱(ワン・ペイシュアン)『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』

◆新人賞
李沐(リー・ムー)『我吃了那男孩一整年的早餐』
方郁婷(ケイトリン・ファン)『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
林品彤(リン・ピンタン)『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
鄭逸軒(チェン・イージュエン)『腸躁男孩』
黃泰維(ホアン・タイウェイ)『鍵盤俠』

◆撮影賞
夏紹虞『一人にしないで(原題:不想一個人)』
陳克勤『咒』
Giorgos VALSAMIS『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
曾威量『庭中有奇樹』
周宜賢『詠晴』

◆編集賞
洪淳修『金門留念』
毛澤坤『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
黃懿齡『神人之家』
雷震卿『童話.世界』
陳曉東、樓一安、陳芯宜『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』

◆音楽賞
侯志堅『月老』
溫子捷、游學謙『金門留念』
吳沛綾『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
許志遠『神人之家』
秦旭章、許家維、蔡佳穎、川流『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』

◆美術デザイン賞
陳柏任『一人にしないで(原題:不想一個人)』
王誌成『月老』
陳若宇『咒』
陳昱璇『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
王誌成、李若熏『夢遊樂園』

◆メイク&コスチュームデザイン賞
許力文『一人にしないで(原題:不想一個人)』
林欣宜『月老』
霹靂國際多媒體股份有限公司、塏鈺設計有限公司『素還真』
楊立佳『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』
王誌成、李若熏『夢遊樂園』

◆サウンドデザイン賞
高偉晏、朱仕宜『月老』
蔣震道、許嵐婷『金門留念』
高偉晏『庭中有奇樹』
杜篤之『詠晴』
周震『夢遊樂園』

◆視覚効果賞
嚴振欽『小黃花』
嚴振欽、罡風創意映像有限公司『月老』
羊王創映有限公司『白線 REALIGN』
夢想動畫『咒』
大畫電影文化股份有限公司『素還真』

◆技術賞
陳銘澤(爆破デザイン)『少年吔』
蕭百宸、劉顯嘉(特殊メイク)『月老』
黃文擇(アフレコ)『素還真』
陳宗錦(風雨效果)『詠晴』
黃泰維(アクションデザイン)『鍵盤俠』

◎国際新人監督コンペティションノミネート一覧
『アメリカンガール(原題:美國女孩)』阮鳳儀(ルアン・フェンイー)/台湾
『Amparo』Simón MESA SOTO/コロンビア、スウェーデン、カタール
『Beautiful Beings』Guðmundur Arnar GUÐMUNDSSON/アイスランド、デンマーク、スウェーデン、オランダ、チェコ
『Cinema Sabaya』Orit FOUKS ROTEM/イスラエル、ベルギー
『Convenience Store』Michael BORODIN/ロシア、スロベニア、トルコ
『Costa Brava, Lebanon』Mounia AKL/レバノン、フランス、スペイン、スウェーデン、デンマーク、ノルウェイ、カタール
『Josefina』Javier MARCO/スペイン
『Leave No Traces』Jan P. MATUSZYNSKI/ポーランド、フランス、チェコ
『小藍』李怡芳(リー・イーファン)/台湾
『The Quiet Girl』Colm BAIRÉAD/アイルランド
『Softie』Samuel THEIS/フランス
『Utama』Alejandro LOAYZA GRISI/ボリビア、ウルグァイ、フランス

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2022台北電影節でワールドプレミアになる台湾映画の新作第一弾 | トップページ | 台湾の第33回流行音樂金曲獎ノミネート発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022台北電影節でワールドプレミアになる台湾映画の新作第一弾 | トップページ | 台湾の第33回流行音樂金曲獎ノミネート発表! »