« 周美玲(ゼロ・チョウ)監督の新作台湾映画『流麻溝十五號』台湾プレミア! | トップページ | 第35回東京国際映画祭閉幕 東京グランプリは『ザ・ビースト』! »

2022/11/01

Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力 来日ゲスト発表!

1101hk 11月9日(水)〜13日(日)、Bunkamuraル・シネマにて開催される香港特別行政区設立25周年記念映画「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」のゲスト情報が解禁になりました。
オープニングを飾る『黄昏をぶっ殺せ』の上映前に行うオープニング・セレモニーをはじめ、ゲストは上映前に舞台挨拶を行い、上映後に客席からの質問に答えるQ&Aにも登壇予定です。

さらに、写真展「香港映画のナビゲーターたち」が11月3日(木)〜11月13日(日)の期間限定でオンライン開催も決定しました。

今年2022年春の大阪アジアン映画祭で上映されるや大好評を博し、本映画祭のオープニングを飾る『黄昏をぶっ殺せ』(2021)からは、脚本(何靜怡との共同脚本)およびプロデューサーを務めた俳優の林家棟(ラム・カートン)が来場し、本編上映前に行うオープニング・セレモニーに登壇予定。
オープニング・セレモニーには、香港の4大映画会社が共同製作し、4人の新人監督が共同監督を務めた香港返還25周年記念作『同じ空の下』(2022)から、潘梓然(ティム・プーン)と葉正恆(サニー・イップ)の監督二人と、香港電影発展局副主席であり映画監督(『宋家の三姉妹』)の張婉婷(メイベル・チャン)、香港国際映画祭エグゼクティブ・ディレクターのアルバート・リー、そして香港特別行政区政府創意香港アシスタント・ディレクターであり香港電影発展局事務局長のゲイリー・マックも登壇予定。

なお、林家棟は主演を務めた『リンボ』(2021)上映時にも来場する予定です。
その他、9月に香港で公開されるや大ヒット、コメディとして香港歴代興行収入第1位となる7,000万香港ドルを突破し現在も公開中の『6人の食卓』(2022)に出演し、キュートな魅力を振りまいて話題となっているマレーシア出身の女優林明禎(リン・ミンチェン)が初来日し、『6人の食卓』の上映に来場します。
また、同じく出演した『ワン セカンド チャンピオン』(2021)の上映時にも来場し、『ワン セカンド チャンピオン』の監督・原作を手がけ出演もしている趙善恆(チウ・シンハン)とともに舞台挨拶およびQ&Aに登壇する予定です。

期日:2022年11月9日(水)〜13日(日)
会場:Bunkamuraル・シネマ

■上映スケジュールとゲスト
11月9日(水)19:00
『黄昏をぶっ殺せ』& オープニング・セレモニー
林家棟(ラム・カートン)/『黄昏をぶっ殺せ』共同脚本・プロデューサー(予定)
ティム・プーン、サニー・イップ/『同じ空の下』監督
ゲイリー・マック/香港特別行政区政府創意香港 アシスタント・ディレクター、 香港電影発展局事務局長
メイベル・チャン/香港電影発展局副主席、映画監督
アルバート・リー/香港国際映画祭エグゼクティブ・ディレクター

11月10日(木)19:00
『リンボ』
林家棟(ラム・カートン)/主演

11月11日(金)16:00
『ワン セカンド チャンピオン』
林明禎(リン・ミンチェン)/出演
趙善恆(チウ・シンハン)/監督・原作・出演

11月11日(金)19:00
『同じ空の下』
潘梓然(ティム・プーン)葉正恆(サニー・イップ)/監督

11月12日(土)16:00
『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』

11月12日(土)19:00
『サンシャイン・オブ・マイ・ライフ』

11月13日(日)16:00
『6人の食卓』
林明禎(リン・ミンチェン)/出演

11月13日(日)19:00
『神探大戦』

◎チケット料金:800円均一(税込)
※チケットは日時・座席指定券です。 ※ご購入後の変更・払戻しは承れません。
※特別上映のため、学生・シニア等各種割引はございません。

◎購入方法:
オンライン  MY Bunkamura
https://www.bunkamura.co.jp/mybunkamura/
※ご鑑賞日の3日前0:00から各回の上映1時間前まで販売。
※「MY Bunkamura」への事前登録(無料)が必要です。

劇場窓口
※ご鑑賞日の3日前から販売。(劇場窓口受付時間10:00~20:00)
※オンライン販売で完売になった上映については劇場窓口での販売はありません。

■会場+オンライン写真展「香港映画のナビゲーターたち
過去25年間で200本近い香港映画のスチル撮影に携わった、香港出身の4人の写真家ジュピター・ウォン(木星)、ウォン・ワイロン(王偉倫)、クイスト・ツァン(曾覓)、シャロン・サラダ(李詩卉)の仕事にスポットをあて、一挙紹介する貴重な写真展。記憶に残る香港映画のシーンのスチルをあつめた、「映画再創作」、撮影現場での監督やスタッフたちの仕事に迫る「撮影現場の監督たち」、香港映画を彩るスターたちが登場する「アベニュー・オブ・スターズ」、4人の写真家の才能に迫る「無名英雄」などをテーマに構成。ドニー・イェン『イップ・マン 序章』(2008)、金城武『捜査官X』(2011)やアニタ・ムイ主演『半生縁』(1997)、『少年の君』(2019)など、新旧の傑作が並ぶ香港映画ファン必見の写真展です。

■写真展「香港映画のナビゲーターたち」 
開催期間:2022年11月5日(土)〜13日(日)
会場:Bunkamura 1階エレベーターホール(東京・渋谷)
オンライン:https://makingwaves.hkiff.org.hk/virtual_exhibition
      ※11月3日(木)0時よりサイトオープン

公式サイト:makingwaves.oaff.jp   
公式Twitter:@MakingWaves_HKC
公式Facebook:MakingWavesHKC

※これまでの「香港映画の新しい力」に関する記事

2022/10/08
香港特別行政区設立25周年記念映画祭「香港映画の新しい力」11月に開催!
http://www.asianparadise.net/2022/10/post-a6b0b7.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 周美玲(ゼロ・チョウ)監督の新作台湾映画『流麻溝十五號』台湾プレミア! | トップページ | 第35回東京国際映画祭閉幕 東京グランプリは『ザ・ビースト』! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周美玲(ゼロ・チョウ)監督の新作台湾映画『流麻溝十五號』台湾プレミア! | トップページ | 第35回東京国際映画祭閉幕 東京グランプリは『ザ・ビースト』! »