« 台湾映画『僕と幽霊が家族になった件(原題:關於我和鬼變成家人的那件事)』8月に緊急特別上映! | トップページ | 台湾映画『僕と幽霊が家族になった件(原題:關於我和鬼變成家人的那件事)』監督&エグゼクティブプロデューサー舞台挨拶開催! »

2023/07/12

【台湾】魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の新作映画『BIG』台湾で12月1日公開!

0712big1 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の新作映画『BIG』が、台湾で12月1日に公開されることが発表になりました。
この映画は自ら小児がんと向き合う7人の子供が主役で、自分の病気について語り、みんなを励ます前向きなスローガンが含まれています。
ある病院の病室816号室に集まったのは、社会的な階層も立場も異なる6家族の子ども達。時には衝突することもありながら、みんなで支え合います。
小児がん病棟に対する多くの人々の想像を打ち破る、笑いあり涙ありのストーリーで、観客に活力と感動を与え、存在の美しさを思い起こさせる、あらゆる年齢層に届くハートウォーミングな映画です。

この映画を撮ろうと思ったきっかけや取り組みについて-魏徳聖監督

0712big2 「テレビのドキュメンタリーで、ひとりの少女に出会いました。彼女は骨癌で足を切断し、指を数本失いました。毎日ROCKERのように飛び跳ねていて、驚くほど楽観的で、笑うのが大好きでした。
これは私に大きな衝撃とインスピレーションを与えてくれました。
少年少女たちの素朴で小さな愛、友情、別れ、再会、その背景が小児がん病棟だったら、これらのありふれた出来事は、全く違ったストーリーと感情に満ちたものになります。
今回はおとなの常識ではなく、子どもの言葉についてだけ描きます。
病院で繰り返される誕生と死、繰り返される生と死の中で、人生について、大人の紆余曲折を経ずに、子供たちが発する単純でありながら率直な言葉は、時にそれ以上に衝撃的です。
メインキャスト21人で映画を撮るのは初めてで、時代劇ではないものの、群像劇や複数のストーリーをどうするかが実は大きな課題でした」

范逸臣(ファン・イーチェン)と田中千絵 久々の共演で夫婦役

0712big3 6つの家族を演じるのは、曾沛慈(ツェン・ペイズー)、曾珮瑜(ツェン・ペイユー)、黃鐙輝(ホアン・ダンフイ)、周厚安(チョウ・ホウアン)、夏宇童(シア・ユートン)、范逸臣(ファン・イーチェン)、田中千絵ら。
范逸臣と田中千絵は、『海角七號』以来15年ぶりの共演で、人生の試練に直面する夫婦を演じます。
范逸臣は「監督とは久しぶりですが、監督は今でもシンプルな物語を最も感動的な物語に変えることができるストーリーテラーです』と語っています。

『BIG』は11月17〜19日に台湾の各劇場で先行上映、12月1日に正式公開となります。

公式FB:https://www.facebook.com/big816
公式サイト:https://big816.taiwantrilogy.com/
果子電影x米倉影業 YouTube:https://www.youtube.com/@ARSFILMPRODUCTION

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画『僕と幽霊が家族になった件(原題:關於我和鬼變成家人的那件事)』8月に緊急特別上映! | トップページ | 台湾映画『僕と幽霊が家族になった件(原題:關於我和鬼變成家人的那件事)』監督&エグゼクティブプロデューサー舞台挨拶開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画『僕と幽霊が家族になった件(原題:關於我和鬼變成家人的那件事)』8月に緊急特別上映! | トップページ | 台湾映画『僕と幽霊が家族になった件(原題:關於我和鬼變成家人的那件事)』監督&エグゼクティブプロデューサー舞台挨拶開催! »