« 2024年3月 | トップページ

2024/04/19

台湾×日本合作映画『オールド・フォックス 11歳の選択(原題:老狐狸)』蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督トークイベント

0419oldfox1 6月14日(金)より新宿武蔵野館他にて全国公開される台湾×日本合作 映画『オールド・フォックス 11歳の選択(原題:老狐狸)』の蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督が来日し、4月16日に日本橋の誠品書店でモデルの小谷美由とトークイベントを行いました。
このイベントはいわゆるライト層、台湾の文化やエンタメのビギナー向けだったようです。
しかし、「台湾映画の今昔と台湾カルチャーのいまを語る」というテーマで、『オールド・フォックス 11歳の選択』をメインに、台湾ニューシネマの果たした役割について語る蕭雅全の言葉は、年季の入った台湾映画ファンの皆さんにも一読していただきたいと思います。
また、最後の方に台湾グルメについても語るコーナーがありました。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "台湾×日本合作映画『オールド・フォックス 11歳の選択(原題:老狐狸)』蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督トークイベント"

| | コメント (0)

2024/04/18

台湾×日本合作映画『オールド・フォックス 11歳の選択(原題:老狐狸)』蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督と門脇麦舞台挨拶

0418oldfox1_20240418151001 6月14日(金)より新宿武蔵野館他にて全国公開される台湾×日本合作 映画『オールド・フォックス 11歳の選択(原題:老狐狸)』の蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督が来日し、4月16日に日本橋の誠品書店でトークイベントに続き、翌17日に日本人キャストの門脇麦と共に丸の内TOEIにて行われた特別試写会の舞台挨拶に登壇しました。
オフィシャルレポートに加えて、現場での印象などをお伝えします。

続きを読む "台湾×日本合作映画『オールド・フォックス 11歳の選択(原題:老狐狸)』蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督と門脇麦舞台挨拶"

| | コメント (0)

2024/04/15

第42回香港電影金像獎 作品賞は『毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)』影帝・影后は梁朝偉(トニー・レオン)と余香凝(ジェニファー・ユー)!

0414hkfa 4月15日に香港文化中心で第42回香港電影金像獎の授賞式が行われ、作品賞は『毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)』、主演男優賞に『金手指』の梁朝偉(トニー・レオン)、主演女優賞は『白日之下(白日の下)』の余香凝(ジェニファー・ユー)が初受賞しました。
トロフィーの数は『金手指』が6部門で圧勝、主演男優賞の梁朝偉はオンラインでしたので、夫人の劉嘉玲(カリーナ・ラウ)が代わりに受け取りました。

監督賞は『命案(マッド・フェイト)』の鄭保瑞(ソイ・チェン)、『年少日記』の卓亦謙(ニック・チョク)は、監督賞と新人監督賞にダブルノミネートされていましたが、新人監督賞を受賞。
最佳亜州電影(アジア映画賞)は、台湾の『周處除三害(我、邪で邪を制す)』。
また、主演男優賞プレゼンターの劉青雲(ラウ・チンワン)が体調不良のため、古天樂(ルイス・クー)が袁詠儀(アニタ・ユン)と共につとめました。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "第42回香港電影金像獎 作品賞は『毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)』影帝・影后は梁朝偉(トニー・レオン)と余香凝(ジェニファー・ユー)!"

| | コメント (0)

2024/04/13

日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』台湾発リリースその2〜試写会イベント

0413youthful1 台湾では公開前にプロモーション活動の一環として、先行試写会が複数回行われます。
『青春18×2 君へと続く道』でも台北をはじめ台中や撮影地の台南で実施され、最初に行われた2月14日のバレンタインデーでは観客から「こんなに初恋のときめきが甦る映画はない」と大絶賛されました。
主役の許光漢(シュー・グァンハン)は公開直前に各地を回りましたが、まず撮影地でもある台南からスタートし、台中、台北と回りました。
台南では、劇中で許光漢がバイトをしているカラオケ店「神戶KTV」の仲間陳姸霏(チェン・イエンフェイ)と李冠毅(リー・グアンイー)も帯同。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』台湾発リリースその2〜試写会イベント"

| | コメント (0)

2024/04/11

台湾映画カンヌへ向けて名監督達の5作品を発表!

台湾の金馬奨や金馬影展(映画祭)などを運営する「台北金馬影展執行委員會」は、政府の全面支援により台湾映画を全世界へ向けて発信するため、世界で最も重要な映画市場展示会-カンヌ映画祭マーケットに名監督たちの新作を紹介することを発表しました。
選ばれた陳玉勳(チェン・ユーシュン)、楊雅喆(ヤン・ヤージャ)、黃熙(ホアン・シー)、九把刀(ギデンズ)、徐漢強(シュー・ハンチャン)の5人の監督たちが516 にカンヌを訪れ、自らの作品紹介をはじめ、国際交流を行います。
映画のジャンルはロマンス、コメディ、アクション、ファンタジー、ジェンダーなど多岐にわたり、台湾の映像産業の多様性で活発な競争力を世界にアピールします。

続きを読む "台湾映画カンヌへ向けて名監督達の5作品を発表!"

| | コメント (0)

2024/04/09

台湾BLシリーズ《VBLシリーズ》第3部「VIP Only」黃丞邦(ホアン・チョンバン)&陳玹宇(チェン・シュエンユー)オフィシャルインタビュー

0409viponly1 台湾発のオリジナルBLドラマ「VBLシリーズ」4部作がBlu-ray&DVD発売/デジタル配信中、4作品の主演俳優8人が一堂に会する日本ファンミーティングが4/27開催!
そして本日、第3部「VIP Only」のBlu-ray BOX、DVD-BOXが発売。
これを記念して、主演の黃丞邦(ホアン・チョンバン)と陳玹宇(チェン・シュエンユー)のオフィシャルインタビューが届きました。
二人が主演する「VIP Only」は、甘々なオーナーシェフ×恋愛初心者のBL小説家の、疑似恋愛から始まるヒーリング・ラブロマンスです。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "台湾BLシリーズ《VBLシリーズ》第3部「VIP Only」黃丞邦(ホアン・チョンバン)&陳玹宇(チェン・シュエンユー)オフィシャルインタビュー"

| | コメント (0)

2024/04/05

日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』台湾発リリースその1

0405youthfulposter 台湾で『青春18×2 君へと続く道(原題:青春18x2 通往有你的旅程)』の公開が発表されたのが、2023年10月30日。
公開されたビジュアルと予告編は大きな反響を呼び、許光漢(シュー・グアンハン)のファン達は「許光漢の活躍は全アジアに広がった!」と興奮の声をあげました。
この日台湾で披露されたポスター(プレバージョン)は、許光漢が18才から36才までの心情の変化を表しています。
大学入学を控えた無邪気な少年は、長年の苦難を経験し成熟しました。しかし後悔の多い大人になったように見えます。
許光漢はポスター撮影の時に、「ジミー(役の名前)というキャラクターに少しあいまいさを与えた。なぜなら、彼はこの18年間、不安と不信感があったから」と語りました。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』台湾発リリースその1"

| | コメント (0)

2024/04/01

台湾の人気バンド宇宙⼈ (Cosmos People)”、4年ぶりの来日ワンマンライブ開催決定!

0401cosmos1 昨年、中華圏最⼤の⾳楽アワード「⾦曲奨」にて、「最優秀バンド賞」を受賞した台湾のポップ・ロック・バンド“宇宙⼈ (Cosmos People)”が、2024年6月15日(土)、16日(日)東京・渋谷WWW Xにて4年ぶりに来日ワンマンライブを開催します。

今年はバンド結成20年、そして日本デビュー10年の記念すべきアニバーサリーイヤー。
4月27日に台湾で開催されるキャリア2度目となる台北最大のコンサートホール台北アリーナでの単独公演はチケット即日ソールドアウト!
そのスピンオフ公演ともいうべき本公演。宇宙人(Cosmos People)の、一段とスケールアップしたパフォーマンスを是非お見逃しなく!

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "台湾の人気バンド宇宙⼈ (Cosmos People)”、4年ぶりの来日ワンマンライブ開催決定!"

| | コメント (0)

『火神の涙』4月4日よりTVerで配信!

0401fire1 2019年度のドラマアワード金鐘奨で最多6部門を受賞したドラマ『火神の涙(原題:火神的眼淚)』が、4月4日夜8:00よりTVerで配信されることになりました。
本作は、火災現場などに直面するたびに消防士たちが垣間見る人間の本性や社会の有り様を描く秀逸なヒューマンドラマ。
臨場感あふれる火災や救助シーンとともに、隊員の人生模様も丁寧に描かれています。
主演は溫昇豪(ウェン・シェンハオ)、陳庭妮(アニー・チェン)、林柏宏(リン・ボーホン)。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "『火神の涙』4月4日よりTVerで配信!"

| | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ