香港

2024/04/15

第42回香港電影金像獎 作品賞は『毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)』影帝・影后は梁朝偉(トニー・レオン)と余香凝(ジェニファー・ユー)!

0414hkfa 4月15日に香港文化中心で第42回香港電影金像獎の授賞式が行われ、作品賞は『毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)』、主演男優賞に『金手指』の梁朝偉(トニー・レオン)、主演女優賞は『白日之下(白日の下)』の余香凝(ジェニファー・ユー)が初受賞しました。
トロフィーの数は『金手指』が6部門で圧勝、主演男優賞の梁朝偉はオンラインでしたので、夫人の劉嘉玲(カリーナ・ラウ)が代わりに受け取りました。

監督賞は『命案(マッド・フェイト)』の鄭保瑞(ソイ・チェン)、『年少日記』の卓亦謙(ニック・チョク)は、監督賞と新人監督賞にダブルノミネートされていましたが、新人監督賞を受賞。
最佳亜州電影(アジア映画賞)は、台湾の『周處除三害(我、邪で邪を制す)』。
また、主演男優賞プレゼンターの劉青雲(ラウ・チンワン)が体調不良のため、古天樂(ルイス・クー)が袁詠儀(アニタ・ユン)と共につとめました。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "第42回香港電影金像獎 作品賞は『毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)』影帝・影后は梁朝偉(トニー・レオン)と余香凝(ジェニファー・ユー)!"

| | コメント (0)

2024/03/23

Podcast 大阪アジアン映画祭 香港映画『作詞家志望』の黃綺琳(ノリス・ウォン)監督、キャストの潘宗孝(アーネスト・プン)、プロデューサーの黃鐦(ウォン・ホイ)アフタートーク

0306lyricist 3月6日に大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『作詞家志望』の黃綺琳(ノリス・ウォン)監督、キャストの潘宗孝(アーネスト・プン)、プロデューサーの黃鐦(ウォン・ホイ)アフタートークをPodcast配信しました。

本作は、作詞の才能があると信じた女子高生が、その後10年間、あらゆる手を使って作詞家になろうと奮闘する姿を描いたもので、作詞家になりたかった黃綺琳監督自身の青春時代をもとにした自伝的映画です。
監督は2020年に大阪アジアン映画祭で上映されたデビュー作『私のプリンスエドワード』で香港電影評論學會大獎の脚本賞や香港電影金像獎の新人監督賞を受賞し、注目を集めました。
そしてこの2作目は、10年前に書いた自伝的小説をもとに製作を決意。
しかし資金集めはかなり厳しく、製作途中で何度も止めてはプロデューサーと二人で別の仕事をしてお金を貯めるということを繰り返していたそうです。

続きを読む "Podcast 大阪アジアン映画祭 香港映画『作詞家志望』の黃綺琳(ノリス・ウォン)監督、キャストの潘宗孝(アーネスト・プン)、プロデューサーの黃鐦(ウォン・ホイ)アフタートーク"

| | コメント (0)

2024/03/21

范少勳(ファン・シャオシュン)、劉俊謙(テレンス・ラウ)の胸キュン台湾映画『我在這裡等你』台湾で5月公開!

0321wozai1 台湾の范少勳(ファン・シャオシュン)と香港の劉俊謙(テレンス・ラウ)という若手人気俳優が競演する台湾映画『我在這裡等你』が、台湾で5月10日から公開されることになりました。
本作は、香港の失意の作家と台北のチンピラが運命的な出会いをするという物語。
監督は、東京国際映画祭で上映されたドラマ『最初の花の香り(原題:第一次遇見花香的那刻)』で金鐘奨で脚本賞を受賞し、2018年に日本でも公開された映画『バオバオ フツウの家族(原題:親愛的卵男日記)』の脚本も担当した鄧依涵(デン・イーハン)です。

続きを読む "范少勳(ファン・シャオシュン)、劉俊謙(テレンス・ラウ)の胸キュン台湾映画『我在這裡等你』台湾で5月公開!"

| | コメント (0)

2024/03/19

Podcast 大阪アジアン映画祭 香港映画『潜入捜査官の隠遁生活』の高子彬(リッキー・コー)監督アフタートーク

0306ricky 3月6日に大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『潜入捜査官の隠遁生活』の高子彬(リッキー・コー)監督のアフタートークをPodcast配信しました。

本作は、2022年に大阪アジアン映画祭で上映したデビュー作『黄昏をぶっ殺せ(原題:殺出個黃昏)』に続く高子彬(リッキー・コー)監督の2作目。
潜入捜査官として活躍した女性が退いて目立たぬよう暮らしていたが、正義感の強い娘が内緒で空手を習い困った人を助ける”空手少女”と話題になりある事件に巻き込まれ…というアクション映画です。
歌手でも有名な謝安琪(ケイ・ツェ)が初めて娘を持つ役を演じて、このキャスティングの経緯については観客からの質問に対する監督の答えがおもしろいので、ぜひお聞き下さい。

続きを読む "Podcast 大阪アジアン映画祭 香港映画『潜入捜査官の隠遁生活』の高子彬(リッキー・コー)監督アフタートーク"

| | コメント (0)

2024/03/14

Podcast 大阪アジアン映画祭 香港映画『盗月者』袁剣偉(ユエン・キムワイ)監督インタビューとアフタートーク

0306yuan 0305oaff2
3月5日に大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『盗月者』の袁剣偉(ユエン・キムワイ)監督インタビューと、上映後のアフタートークをPodcast配信しました。
インタビューではMIRROR、張繼聰、白只、そして日本人俳優のキャスティング、エンディング曲の選曲についてほか、アフタートークは日本での撮影エピソードほか、となっています。
なお、アフタートークでは会場ノイズなどにより、一部お聞き苦しいところがありますことをご了承下さい。
通訳はソフィ上川さん(インタビュー)、サミュエル周さん(アフタートーク)。

記事はこちら
http://www.asianparadise.net/2024/03/post-990be4.html

インタビューとアフタートークはこちら。
http://asianparadise.sblo.jp/article/190815300.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2024/03/07

2024大阪アジアン映画祭『盗月者』袁剣偉(ユエン・キムワイ)監督アフタートークとインタビュー

0305oaff2 3月5日、ABC ホールにて、大阪アジアン映画祭のスペシャル・オープニング・セレモニーに続き、『盗月者』の上映と袁剣偉(ユエン・キムワイ)監督と日本人キャストの田邊和也さんによるアフタートークが行われました。
『盗月者』は袁剣偉監督の長編三作目、東京と香港を舞台に国宝級腕時計を巡って繰り広げられる犯罪アクション映画です。
メインキャストは香港の人気グループMIRRORのメンバー盧瀚霆(イーダン・ルイ)、呂爵安(アンソン・ロー)、姜濤(ギョン・トウ)と最近香港映画で大活躍の張繼聰(ルイス・チョン)、白只(マイケル・ニン)という魅力的な顔ぶれ。
老舗の時計店の二代目は悪徳ディーラーで、先代の時代からの窃盗チームメンバーと彼らに復讐したい青年、そして巻き込まれた転載鍵師のオタクによる大規模な犯罪計画。
裏切りと見せかけて…からのたたみかけるどんでん返しのストーリー展開で、本当に痛快なエンターテインメントでした。

続きを読む "2024大阪アジアン映画祭『盗月者』袁剣偉(ユエン・キムワイ)監督アフタートークとインタビュー"

| | コメント (0)

2024/02/07

第42回香港電影金像獎ノミネート発表!

0207hk 第42回香港電影金像獎のノミネートが2月6日に発表され、「白日之下(白日の下)」が16部門で最多ノミネート、続いて「年少日記」と「金手指」が12部門、「命案(マッド・フェイト)」と「毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)」が10部門となっています。
「白日之下(白日の下)」の簡君晋(ローレンス・カン)と「年少日記」の卓亦謙(ニック・チョク)は、監督賞と新人監督賞にダブルノミネートされ、新しい才能が高く評価されています。

主演男優賞は「金手指」の梁朝偉(トニー・レオン)はじめ「白日之下(白日の下)」の林保怡(ボウイ・ラム)、「年少日記」の盧鎮業(ロー・ジャンイップ)、「毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)」の黃子華(ウォン・ジーワ)の香港勢に唯一挑むのが中国の「第八個嫌疑人」で大鵬(ダー・ポン)という勢力図です。
主演女優賞は「4拍4家族」の謝安琪(ケイ・ツェ)、「不日成婚2」の衛詩雅(ミシェール・ワイ)、「白日之下(白日の下)」の余香凝(ジェニファー・ユー)、「毒舌大狀(毒舌弁護人〜正義への戦い〜)」の王丹妮(ルイーズ・ウォン)、「填詞L(作詞家志望)」の鍾雪瑩(チュン・セッイン)と、全て香港。

また、香港電影評論學會大獎で最優秀男優賞を獲得した「但願人長久(離れていても)」の吳慷仁(ウー・カンレン)は、助演男優賞にノミネート、ベテランから新人まで幅広い候補者の中で、どういう戦を見せるのか、興味深いです。

第42回香港電影金像獎の発表授賞式は、4月14日に香港文化中心で行われます。

続きを読む "第42回香港電影金像獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2024/02/02

2024大阪アジアン映画祭スペシャル・オープニング作品、クロージング作品決定!

0202oaff 2024年3月1日(金)から10日(日)に開催する、第19回大阪アジアン映画祭のスペシャル・オープニング作品とクロージング作品が決定しました。

★スペシャル・オープニング作品
『盗月者』(原題:盜月者、英題:The Moon Thieves)(香港)
『盗月者』は特集企画<Special Focus on Hong Kong 2024>にも加わり、本企画では7作品を上映します。
なお今年度も、昨年度と同じく開催初日にセレモニー等は実施せず、会期途中の3月5日(火)にスペシャル・オープニング・セレモニーおよびスペシャル・オープニング作品の上映が行われます。

★クロージング作品
『東京カウボーイ』(英題:Tokyo Cowboy)(アメリカ)
3月10日(日)のクロージング・セレモニー後に上映されます。

写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します  

続きを読む "2024大阪アジアン映画祭スペシャル・オープニング作品、クロージング作品決定!"

| | コメント (0)

2024/01/31

2024大阪アジアン映画祭ラインナップ追加につき更新!

先日お伝えしました大阪アジアン映画祭のラインナップの追加が、本日発表されました。
これにより、後日発表の、スペシャル・オープニング作品、クロージング作品を含み計63作品となります。

更新したラインナップ(追加作品は青字で表示)

【スペシャル・オープニング作品】 ※作品発表は2月上旬予定
メイン会場であるABCホール初日の3月5日(火)に上映します。上映前にはスペシャル・オープニング・セレモニーを開催します。(映画祭会期初日3月1日(金)ではないのでご注意ください。)
【クロージング作品】 ※作品発表は2月上旬予定
会期最終日の3月10日(日)にABCホールで上映します。上映前にはグランプリ、観客賞などの授賞式を行います。

続きを読む "2024大阪アジアン映画祭ラインナップ追加につき更新!"

| | コメント (0)

2024/01/26

香港映画『白日青春ー生きてこそー』黄秋生(アンソニー・ウォン)インタビュー!

0126akio2 今日1月26日から公開になった香港映画『白日青春ー生きてこそー』の主役黄秋生(アンソニー・ウォン)に、昨日インタビューしました。
『淪落の人(原題:淪落人)』公開時に来日したのが2020年の1月でしたから、4年ぶりの取材になります。
この4年が黄秋生にとってどのようなものだったかはわかりませんが、以前の印象とはすこし違ったように思いました。
そして、私が感じたその印象の違いは、最後の質問に対する答えでストンと腑に落ちたのでした。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "香港映画『白日青春ー生きてこそー』黄秋生(アンソニー・ウォン)インタビュー!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧