香港

2021/12/30

2021年の香港映画を振り返る〜ドキュメンタリーが映す現状と映画人たちの奮闘!

1230hk_20211230172701 2021年の香港は、コロナのパンデミックがやや落ち着いたものの、製作本数は激減、香港電影金像奨の授賞式は中止となり、2022年に2年分の作品を対象に授賞式が行われる予定となっています。
香港電影評論學會大獎はオンライン(録画)で各賞が発表され、作品賞はドキュメンタリー『理大圍城』が受賞しました。
これは香港の民主化運動を記録した作品で、台湾国際ドキュメンタリー映画祭で上映され、山形ドキュメンタリー映画祭では大賞を受賞。
そして、同じく民主化運動のドキュメンタリー『時代革命』が東京フィルメックスで上映、台湾の金馬奨でドキュメンタリー映画賞に輝きました。
この2作は、もちろん香港では公開はおろか上映もできませんが、国外で上映され受賞を果たしたことで香港問題が広く世界に伝えられたことは、大きな意義があったのではないでしょうか。

0303dennis1 12月29日に、何韻詩(デニス・ホー)が逮捕されたというニュースが飛び込んできました。
彼女の活動と生き方を追ったドキュメンタリー『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』は香港映画ではありませんが、今年日本で公開され、千葉県柏のキネマ旬報シアターと岡山のシネマ・クレールで近日公開予定となっています。
お近くの方は、ぜひご覧になって下さい。
公式サイト;http://deniseho-movie2021.com

※12月31日、ご自身のSNSで保釈されたと伝えられました。

続きを読む "2021年の香港映画を振り返る〜ドキュメンタリーが映す現状と映画人たちの奮闘!"

| | コメント (0)

2021/12/06

香港映画『レイジング・ファイア(原題:怒火・重案)』12月24日公開、ハイライト映像解禁!

1206raging1 先月の東京国際映画祭「ガラ・セレクション」での日本初上映チケットは争奪戦となり、上映後には会場から大きな拍手が沸き起こった香港映画『レイジング・ファイア』が、12月24日よりTOHOシネマズ日比谷他 全国公開となります。
本作は2020年に58歳の若さで急逝した香港アクション映画界の巨匠陳木勝(ベニー・チャン)の遺作で、甄子丹(ドニー・イェン)と謝霆鋒(ニコラス・ツェ)が主演する香港警察アクション。
この度、甄子丹が敵のアジトに単身乗り込む1対多勢の大迫力アクションシーンのハイライト映像が解禁になりました。

続きを読む "香港映画『レイジング・ファイア(原題:怒火・重案)』12月24日公開、ハイライト映像解禁!"

| | コメント (0)

2021/11/05

『我が心の香港~映画監督アン・ホイ(原題:好好拍電影)』 11月6日(土)~新宿K’s cinemaにて公開! 『男人四十』と『桃さんのしあわせ(原題:桃姐)』も限定上映!

0205oaff1 『客途秋恨』(1990年)『女人、四十。』(1995年)などの作品で、世界的に知られる香港映画の巨匠許鞍華(アン・ホイ)。
1980年代以降、徐克(ツイ・ハーク)や譚家明(パトリック・タム)らと共に、<香港ニューウェーブ>の旗手として香港映画の発展に大きく貢献した40年に及ぶ映画人生を、文念中(マン・リムチョン)が描いたドキュメンタリー『我が心の香港~映画監督アン・ホイ』が、11月6日(土)~新宿K’s cinemaにて公開されます。

続きを読む "『我が心の香港~映画監督アン・ホイ(原題:好好拍電影)』 11月6日(土)~新宿K’s cinemaにて公開! 『男人四十』と『桃さんのしあわせ(原題:桃姐)』も限定上映!"

| | コメント (0)

2021/10/28

香港映画祭2021、11月から全国5都市にて開催!

1028hkfilm1 11月27日(土)から12月30日(木)まで、全国5都市にて「香港映画祭2021」が初開催されることが決定しました。
大阪シネ・ヌーヴォを皮切りに、出町座(京都)、元町映画館(兵庫)、名古屋シネマスコーレ(愛知)、ユーロライブ(東京)で日本初公開の7作品が見られます。

2020年に施行された「香港国家安全維持法」により、香港の映画への検閲、規制はますます厳しくなり、香港の言論と表現の自由が一段と狭まる事態が懸念されています。
しかしそうした中でも、社会の変化を反映し、映画人たちの豊かな感性によって、多くの魅力ある作品が生み出されています。2021年6月より開催された、「2021年香港インディペンデント映画祭」は全国3都市において開催され、大きな話題を呼びました。
今回、初開催となる「香港映画祭2021」は、より香港映画の面白さと、多様な魅力を味わえる、日本初公開となる7作品がラインナップされています。
5作品が新人監督の作品でありながら、張學友(ジャッキー・チュン)、林嘉欣(カリーナ・ラム)など、香港を代表するベテラン俳優が出演しており、香港映画ファン必見です。

続きを読む "香港映画祭2021、11月から全国5都市にて開催!"

| | コメント (0)

2021/09/29

香港映画『人生の運転手(ドライバー)~明るい未来に進む路~(原題:阿索的故事)』10月1日より公開!

0929driver1 香港映画『人生の運転手(ドライバー)~明るい未来に進む路~(原題:阿索的故事)』が、10月1日よりシネマカリテほか全国順次公開になります。
本作は、俳優としてすっかり香港映画の一翼を担うようになったシンガーソングライターの王菀之(イヴァナ・ウォン)の主演作。
恋にも仕事にも一生懸命などこにでもいる普通の女性が、恋人に裏切られ、仕事を失うという最悪な状況から明るく前向きに歩む姿を描き、コロナ渦の中で俯きがちになった心をそっと、さりげなく前向きにさせてくれます。

続きを読む "香港映画『人生の運転手(ドライバー)~明るい未来に進む路~(原題:阿索的故事)』10月1日より公開!"

| | コメント (0)

2021/09/28

2021東京国際映画祭ラインナップ発表 中華圏作品は7作!

0928tiff 2021東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見が行われ、開催概要、各部門の上映作品ラインナップ発表やフェスティバル・アンバサダーを務める橋本愛も登壇しました。
今年からは六本木地区から日比谷・有楽町・銀座エリアへの移転や17年ぶりとなるプログラミング・ディレクター(市山尚三氏)の変更、部門の改編などもあり、東京国際映画祭が新たに生まれ変わる年になります。
ラインナップにはいろいろ興味深い作品が並びましたが、その中で中華圏作品は『異郷の来客』(中国)、『一人と四人』(中国)、『アメリカン・ガール』(台湾/香港/中国)、『リンボ』(香港)、『Raging Fire』(香港)、『テロライザーズ』(台湾)、『最初の花の香り』(台湾)と7作品ありました。
情報やコメントを加えながら、ご紹介します。

続きを読む "2021東京国際映画祭ラインナップ発表 中華圏作品は7作!"

| | コメント (0)

2021/08/21

香港映画『花椒の味(原題:花椒之味)』予告編解禁!

0821huajiao1今年の大阪アジアン映画祭で上映され、一般公開が待たれている香港映画『花椒の味(原題:花椒之味)』の予告編が解禁になりました。
本作は、香港、台北、重慶、別々の土地で育った三姉妹が、父の火鍋店を継ぎ、秘伝のスープを再現する過程を通して、家族の温かさを知り、家族と自分自身と向き合う、癒しと成長の三姉妹の物語です。
プロデューサーは許鞍華(アン・ホイ)、脚本・監督は『烈日当空(原題)』(監督)『恋の紫煙』(脚本)のヘイワード・マック(麥曦茵)。

続きを読む "香港映画『花椒の味(原題:花椒之味)』予告編解禁!"

| | コメント (0)

2021/07/31

香港映画『花椒(ホアジャオ)の味(原題:花椒之味)』11月公開!

0731huajiao今年の大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『花椒(ホアジャオ)の味(原題:花椒之味)』が、11月5日(金)より 新宿武蔵野館ほか全国順次公開されることになりました。
本作は、香港、台北、重慶、別々の土地で育った三姉妹が、父の火鍋店を継ぎ、秘伝のスープを再現する過程を通して、家族の温かさを知り、家族と自分自身と向き合う、癒しと成長の三姉妹の物語です。
プロデューサーは許鞍華(アン・ホイ)、脚本・監督は『烈日当空(原題)』(監督)『恋の紫煙』(脚本)のヘイワード・マック(麥曦茵)。

続きを読む "香港映画『花椒(ホアジャオ)の味(原題:花椒之味)』11月公開!"

| | コメント (0)

2021/06/27

台湾のアニメーション映画『諸葛四郎』の主題歌「英雄」盧廣仲(クラウド・ルー)のMV公開!

0627cloud台湾のアーチスト盧廣仲(クラウド・ルー)は、現在6枚目のアルバムを準備中ですが、台湾のアニメーション映画『諸葛四郎』の主題歌「英雄」を、コロナ渦でステイホームが続く台湾で医療従事者と感染予防に携わる人々に暖かい心を届けたいと、MVを自撮りして発表しました。
そして、今年夏に予定されていた台北アリーナでのコンサートは延期を決定、500着の防護服と500個のN95マスクを病院に寄贈したそうです。

続きを読む "台湾のアニメーション映画『諸葛四郎』の主題歌「英雄」盧廣仲(クラウド・ルー)のMV公開!"

| | コメント (0)

2021/05/23

中国・香港映画『少年的你』が『少年の君』の邦題で7月から全国ロードショー!

0523shounen昨年の香港電影金像獎で作品、監督、脚本、主演女優、新人、攝影、服装造型設、原創電影歌曲の8冠を制して圧勝した『少年的你』が、『少年の君』の邦題で7月16日から新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショーされることになりました。
日本では去年の大阪アジア映画祭で上映され観客賞を授賞、一般公開が待たれていた作品です。
監督は、『恋人のディスクール(原題:恋人架語)』、『七月と安生(原題:七月與安生)』などの曾國祥(デレク・ツァン)、主演は周冬雨(チョウ・ドンユィ)と易烊千璽(イー・ヤンチェンシー)。

続きを読む "中国・香港映画『少年的你』が『少年の君』の邦題で7月から全国ロードショー!"

| | コメント (1)

より以前の記事一覧