香港

2020/11/23

第五十七回金馬獎授賞式

1123jinma1第五十七回金馬獎の受賞結果については、すでにお知らせしたとおりですが、今回は現地へ行くことができなかったため、配信での鑑賞と公式リリースなどから、今年の結果について私見を織り交ぜつつお伝えしたいと思います。
今年はいつもと違う日常になりましたが、コロナ感染対策に成功している台湾は、ステージに上がるとき以外は全員金馬奨のオリジナルマスク着用で例年通りの授賞式を実施。
昨年から中国不参加という状況でも金馬奨のルールは変わらず、中国語圏で最も権威ある賞であり続けていることにも敬服です。
「私たちは、いつでも両手を広げて参加を待っている」と言った李安(アン・リー)がこの時期に主席を務めていることは、まさに天命と言えるでしょう。
昨年に続き、シンガポールやマレーシアの新しい才能が参加し、厳しい状況の香港からの作品の健闘も、今年の盛り上がりの一因だと思います。
台湾電視から届いたリリースによると、テレビの平均視聴率は3.97%で、1000万人を越える人が授賞式を見たそうです。

続きを読む "第五十七回金馬獎授賞式"

| | コメント (0)

2020/09/25

第21回 東京フィルメックスのラインナップ発表!

0925filmex作家性を重視した映画祭として開催してきた東京フィルメックスが、今年は東京国際映画祭との連携でその開催スタイルが大きく様変わりします。
カンヌ映画祭の大きな枠組みの中で、独立性をもって開催される<カンヌ監督週間>のような連携を、という位置づけです。
このニュースが伝えられた8月にはかなり驚きましたが、昨日発表されたラインナップは、これまでのフィルメックスを継続する内容。
オープニングは万田邦敏監督の『愛のまなざしを』、クロージングはエリア・スレイマン監督の『天国にちがいない』。エリア・スレイマン監督は、特集上映もあります。

続きを読む "第21回 東京フィルメックスのラインナップ発表!"

| | コメント (0)

2020/09/22

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定!

0922fiff19月20日から24日まで開催のアジアフォーカス・福岡国際映画祭2020で、「福岡観客賞」は香港映画『犯罪現場』に、次点の「熊本市賞」はバングラデシュ、ドイツ作品『土曜の午後に』に決定しました。
この賞は、20 日(日)、21 日(月・祝)の 2 日間で、公式招待作品全 12 本の 1 回目上映時に行なわれた観客投票の 結果で決まったものです。

 

続きを読む "アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定!"

| | コメント (0)

2020/09/09

「第14回アジア・フィルム・アワード」ノミネーション発表!最多ノミネートは『パラサイト 半地下の家族』!

0909afa2020年10月14日(水)に今年は初めて韓国・釜山にて開催される、アジア全域版アカデミー賞「第14回アジア・フィルム・アワード」(AFA)の各ノミネーションが、本日発表されました。
日本からは作品賞候補として石川慶監督の『蜜蜂と遠雷』、監督賞候補として『風の電話』の諏訪敦彦監督、新人監督賞候補として『37セカンズ』のHIKARI監督が選出されたのをはじめ、全13部門にてノミネートされました。
本年は、2019年のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した注目作、韓国ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が最多10部門でノミネートされています。
また、台湾の『陽光普照(ひとつの太陽)』と中国の『地久天長(在りし日の歌)』が7部門、香港の『少年的你(少年の君』が5部門となっています。

続きを読む "「第14回アジア・フィルム・アワード」ノミネーション発表!最多ノミネートは『パラサイト 半地下の家族』!"

| | コメント (0)

2020/07/23

香港映画『追龍』7月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開! 劉徳華(アンディ・ラウ)からのメッセージ動画も到着!

0723tuiryu『イップ・マン』シリーズ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の甄子丹(ドニー・イェン)、『グレートウォール』『インファナル・アフェア』シリーズの劉徳華(アンディ・ラウ)と世界的にも知られるアジア2大人気スターが共演して話題を呼んだ実録クライムドラマ『追龍 ついりゅう』が、7月24日(金)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開になります。
それに先がけ、劉徳華からのメッセージ動画が到着しました。

続きを読む "香港映画『追龍』7月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開! 劉徳華(アンディ・ラウ)からのメッセージ動画も到着!"

| | コメント (0)

2020/06/19

『イップ・マン 完結』公開記念 旧作特集(シリーズ3作)&最新作プレミア上映決定!

0619last1甄子丹(ドニー・イェン)が詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』。 
この度、これまでのシリーズ3作『イップ・マン 序章』、『イップ・マン 葉問』、『イップ・マン 継承』の特集上映ならび最新作『イップ・マン 完結』(7月3日(金)公開)の劇場公開直前のプレミア上映が、本シリーズの聖地である新宿武蔵野館にて開催されることが決定しました。
特に旧作『序章』『葉問』は35㎜フィルムでの上映となり、『継承』『葉問』上映時にはスクリーンではもう二度と見られないかもしれない公開当時の貴重な予告編上映も。
ファンのみならずシリーズ初心者も“イップ・マン”サーガを堪能できること間違いなしです。

続きを読む "『イップ・マン 完結』公開記念 旧作特集(シリーズ3作)&最新作プレミア上映決定!"

| | コメント (0)

2020/05/30

2020台北電影節、話題作と特集上映情報!

0530tff1台北電影節は、新型コロナウイルス感染症と戦う世界を映画で繋ごうと、有名映画祭で受賞した各国の作品を上映します。
アジア映画では、ベネチア国際映画祭のオリゾンティ部門で上映された萬瑪才旦(ペマツェテン)監督の中国映画『気球』、カンヌ国際映画祭の国際批評家週間でクロージングを飾った中国映画『春江水暖』、香港電影金像賞で6部門ノミネートの『幻愛』など。

続きを読む "2020台北電影節、話題作と特集上映情報!"

| | コメント (0)

2020/05/28

黃秋生(アンソニー・ウォン)台湾ドラマに出演決定!

0118akio1香港映画のスター俳優黃秋生(アンソニー・ウォン)が、ご本人のFBで台湾にいることをポストして以来、ファンやマスコミが台湾移住か?と取り沙汰していますが、この度公共電視からリリースが来ましたので、お知らせします。

黃秋生は、台湾の公共電視のドラマ『四樓的天堂』に出演することになりました。台湾では新型コロナウイルス感染症の予防対策の為、海外からの渡航者に対して14日間の待機・外出規制が義務づけられています。
ドラマ出演の為の黃秋生も例外ではなく、この義務を果たし5月26日に指定期間が終了となりました。

続きを読む "黃秋生(アンソニー・ウォン)台湾ドラマに出演決定!"

| | コメント (0)

2020/05/06

第三十九屆香港電影金像獎「少年的你(少年の君)」が圧勝!

0212hkfa 第三十九屆香港電影金像獎の発表授賞式は、当初4月19日に行われる予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で本日5月6日にオンラインでの発表となりました。
http://www.hkfaa.com/index.html
主席の爾冬陞(イー・トンシン)がひとり粛々と発表し、10分ほどで終了。
最多12部門ノミネートの曾國祥(デレク・ツァン)監督の「少年的你(少年の君」が作品、監督、脚本、主演女優、新人、攝影、服装造型設、原創電影歌曲の8冠を制して圧勝という結果になりました。
主演男優賞は、「叔‧叔」の太保(タイ・ボー)、助演男優賞が張達明(チャン・ダッミン)「麥路人(ファストフード店の住人たち)」、助演女優賞に「叔‧叔」の區嘉雯(アウ・ガーマン)が選ばれました。

また、新人監督賞は「金都(私のプリンス・エドワード)」の黃綺琳(ノリス・ウォン)、アジア映画賞は中国の「大象席地而坐(象は静かに座っている)」が受賞しました。

続きを読む "第三十九屆香港電影金像獎「少年的你(少年の君)」が圧勝!"

| | コメント (0)

2020/05/04

【7日間の映画チャレンジ】ピックアップ

0504lovesong おこもりの日々、FBで色々なリレー投稿が行われていて、私が受け取った映画のバトンで投稿した作品中でアジア映画をまとめてご紹介します。

『ラヴソング(原題:甜蜜蜜)』。
ホンコン・ドリーム目指して大陸から来た男女の出会いと別れ、そして再会までの10年を、テレサ・テンの「甜蜜蜜」と「月亮代表心」の歌にのせて描いた珠玉のラブストーリーです。
香港からニューヨークへ、これでもかというすれ違いも、通俗とはかけ離れた陳可辛(ピーター・チャン)の見事な演出力でグイグイ胸に迫ります。
テレサ・テンの死を伝えるニュースを電気店に並んだテレビを凝視して左右から近づく再会のシーンは、見る度に涙滂沱。
だって微笑むんだもん、二人が。いろんな思いを噛みしめながら。決してガシッと抱き合ったりしない。
やられた…。

続きを読む "【7日間の映画チャレンジ】ピックアップ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧