香港

2021/02/20

Podcast 杉山亮一さんと「大阪アジアン映画祭を楽しもう」の〜Vol.1!

0220title3月5日に開幕する第16回大阪アジアン映画祭のラインナップが発表になりました。
日本でアジア映画を見るなら大阪アジアン映画祭、ということで毎年楽しみにしていらっしゃるかも多いと思います。
そこで、映画ライターの杉山亮一さんをお招きして、「大阪アジアン映画祭を楽しもう」という、期待作についてのトークを配信しました。
内容は、コンペ部門と特集企画《Special Focus on Hong Kong 2021》の作品について期待のポイントなど。

http://asianparadise.sblo.jp/article/188420424.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2021/02/09

第16回大阪アジアン映画祭ラインナップ発表!

0129off先日オープニングとクロージング作品が明らかになった第16回大阪アジアン映画祭の、全ラインナップが発表されました。
今年の作品本数は63作(うち、世界初上映20作、海外初上映11作、アジア初上映2作、日本初上映20作)、製作国・地域は、過去最多タイの 23 の国と地域(中国、香港、台湾、韓国、モンゴル、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、バングラデシュ、ブータン、トルコ、イラン、イスラエル、フランス、ドイツ、アメリカ、カナダ、エクアドル、ウルグアイ、日本)となります。

続きを読む "第16回大阪アジアン映画祭ラインナップ発表!"

| | コメント (0)

2021/02/05

第16 回大阪アジアン映画祭オープニング作品は許鞍華(アン・ホイ)監督のドキュメンタリー『映画をつづける(原題:好好拍電影)』、クロージングは、石井裕也監督が韓国を舞台に描く“アジアの家族映画”『アジアの天使』!

0129off第16 回大阪アジアン映画祭のオープニング作品に、香港映画界の巨匠、許鞍華(アン・ホイ)監督の素顔を通して、生きることの⼒を描き出したドキュメンタリー『映画をつづける』(原題:好好拍電影/英題:Keep Rolling)が決定しました。
監督は、美術指導、衣装デザインのベテランで、許鞍華監督の作品にも携わってきた⽂念中(マン・リムチョン)。
また、クロージングは、石井裕也監督が韓国を舞台に描く“アジアの家族映画”『アジアの天使』です。

続きを読む "第16 回大阪アジアン映画祭オープニング作品は許鞍華(アン・ホイ)監督のドキュメンタリー『映画をつづける(原題:好好拍電影)』、クロージングは、石井裕也監督が韓国を舞台に描く“アジアの家族映画”『アジアの天使』!"

| | コメント (0)

2021/01/13

香港と日本の合作ドキュメンタリー映画『BlueIsland憂鬱之島』クラウドファンディングスタート!

0113hk1ますます厳しい状況になっていく香港情勢ですが、日本でも公開された『乱世備忘 僕らの雨傘運動』の陳梓桓(チャン・ジーウン)監督の新作ドキュメンタリー映画『BlueIsland憂鬱之島』が日本と合作という形でプロジェクトが始動しました。
これは、香港の雨傘運動を描いた『乱世備忘 僕らの雨傘運動』を完成させた陳梓桓監督が、任硯聰(ピーター・ヤム)と蔡廉明(アンドリュー・チョイ)と共に撮影を2017年に開始した作品です。
これを世界に広めてゆきたいと、『乱世備忘 僕らの雨傘運動』を日本で配給した太秦の代表小林三四郎氏と弁護士の馬奈木厳太郎氏が共同製作プロデュ―サーとして製作に携わることになりました。

続きを読む "香港と日本の合作ドキュメンタリー映画『BlueIsland憂鬱之島』クラウドファンディングスタート!"

| | コメント (0)

2021/01/01

新年快樂!2021年に公開予定の中国語映画

0101new-year明けましておめでとうございます。
感染拡大の中で新年を迎え、今年は各映画祭はどうなるのか気がかりですが、早く状況が好転し、安心して映画を見られる日が一日も早く来ますように…と願いをこめて日本で公開予定の中国語映画を(わかる範囲で)まとめました。
この他にも公開予定作品はあるのですが、正式発表を待ちたいと思います。

続きを読む "新年快樂!2021年に公開予定の中国語映画"

| | コメント (0)

2020/12/30

2020年の香港映画を振り返る〜雑感

1230hk2020年の香港は、コロナのパンデミックに加えて2015年の映画『十年』の世界がこんなにも早く現実となってしまったことに驚いた年でした。
香港電影金像奨の授賞式は中止となり、オンラインで主席の爾冬陞(イー・トンシン)がひとり粛々と発表するという形になったのはやむを得ません。
でも、そんな中でも映画は作り続けられ、純粋な香港映画も頑張っているのは、日本の香港映画ファンにとってうれしいことです。
そして、様々な状況から去年よりチャンスは減ったものの、若い監督達の頑張りは本当に心強いです。

続きを読む "2020年の香港映画を振り返る〜雑感"

| | コメント (0)

2020/11/23

第五十七回金馬獎授賞式

1123jinma1第五十七回金馬獎の受賞結果については、すでにお知らせしたとおりですが、今回は現地へ行くことができなかったため、配信での鑑賞と公式リリースなどから、今年の結果について私見を織り交ぜつつお伝えしたいと思います。
今年はいつもと違う日常になりましたが、コロナ感染対策に成功している台湾は、ステージに上がるとき以外は全員金馬奨のオリジナルマスク着用で例年通りの授賞式を実施。
昨年から中国不参加という状況でも金馬奨のルールは変わらず、中国語圏で最も権威ある賞であり続けていることにも敬服です。
「私たちは、いつでも両手を広げて参加を待っている」と言った李安(アン・リー)がこの時期に主席を務めていることは、まさに天命と言えるでしょう。
昨年に続き、シンガポールやマレーシアの新しい才能が参加し、厳しい状況の香港からの作品の健闘も、今年の盛り上がりの一因だと思います。
台湾電視から届いたリリースによると、テレビの平均視聴率は3.97%で、1000万人を越える人が授賞式を見たそうです。

続きを読む "第五十七回金馬獎授賞式"

| | コメント (0)

2020/09/25

第21回 東京フィルメックスのラインナップ発表!

0925filmex作家性を重視した映画祭として開催してきた東京フィルメックスが、今年は東京国際映画祭との連携でその開催スタイルが大きく様変わりします。
カンヌ映画祭の大きな枠組みの中で、独立性をもって開催される<カンヌ監督週間>のような連携を、という位置づけです。
このニュースが伝えられた8月にはかなり驚きましたが、昨日発表されたラインナップは、これまでのフィルメックスを継続する内容。
オープニングは万田邦敏監督の『愛のまなざしを』、クロージングはエリア・スレイマン監督の『天国にちがいない』。エリア・スレイマン監督は、特集上映もあります。

続きを読む "第21回 東京フィルメックスのラインナップ発表!"

| | コメント (0)

2020/09/22

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定!

0922fiff19月20日から24日まで開催のアジアフォーカス・福岡国際映画祭2020で、「福岡観客賞」は香港映画『犯罪現場』に、次点の「熊本市賞」はバングラデシュ、ドイツ作品『土曜の午後に』に決定しました。
この賞は、20 日(日)、21 日(月・祝)の 2 日間で、公式招待作品全 12 本の 1 回目上映時に行なわれた観客投票の 結果で決まったものです。

 

続きを読む "アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定!"

| | コメント (0)

2020/09/09

「第14回アジア・フィルム・アワード」ノミネーション発表!最多ノミネートは『パラサイト 半地下の家族』!

0909afa2020年10月14日(水)に今年は初めて韓国・釜山にて開催される、アジア全域版アカデミー賞「第14回アジア・フィルム・アワード」(AFA)の各ノミネーションが、本日発表されました。
日本からは作品賞候補として石川慶監督の『蜜蜂と遠雷』、監督賞候補として『風の電話』の諏訪敦彦監督、新人監督賞候補として『37セカンズ』のHIKARI監督が選出されたのをはじめ、全13部門にてノミネートされました。
本年は、2019年のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した注目作、韓国ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が最多10部門でノミネートされています。
また、台湾の『陽光普照(ひとつの太陽)』と中国の『地久天長(在りし日の歌)』が7部門、香港の『少年的你(少年の君』が5部門となっています。

続きを読む "「第14回アジア・フィルム・アワード」ノミネーション発表!最多ノミネートは『パラサイト 半地下の家族』!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧