台湾

2020/10/24

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回『『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』 』オンライン開催!黄河(ホアン・ハー)の演技に絶讃の声!

1024flier2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催に変更しています。
この上映イベントは2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けし、5年目を迎えました。今年は全て新作と未公開作品で台湾映画の「進化する多様性」を伝えていきたいと思っています。
ラブ・ファンタジー、シリアスな社会派、アクション・サスペンス、ドキュメンタリー、短編、青春映画、コメディなど、ここでしか見られない話題作と注目作を集めました。
第7回は、日台のアニメ文化を背景に、アニメオタクの主人公の恋と孤独、貧困家庭や引きこもりなどの社会問題も盛り込んだ『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』を上映しました。

人との関わりが希薄になっているところが増えている現代において、家族のあり方を見直す本作は、多くの観客の心を揺さぶり、台湾でも高評価を得ている主役の黄河(ホアン・ハー)の演技も多くの方から絶讃していただきました。
「80分でここまで心を揺さぶるストーリーテリングと演出も見事」「救いがない話なのに、後味が悪くないという、台湾映画のよさ(?)を感じさせる作品でした。映像も陰影があってかっこよかった」「黃河がオタクという役柄に完全に入り込んで素晴らしかったのと、脚本各登場人物の絶妙な関係とジレンマを80分ほどの時間で巧妙に、そして見事に書ききっていると感じた。一番気に入ったのが最後の結末で、人によって色んな感じ方があり、あえてはっきりとした一つの捉え方で終わらせていないことが、観客に色んなことを考えさせるのだろうと思った」「台湾の今が伝わってくる緊張感いっぱいの作品でした。登場人物への愛が感じられる監督の目線、俳優の演技などどれも印象的」「主演の黄河はたくさん出演作品を観ているが良い意味でイメージが違っていてびっくり」「前作『トレイシー』で初めて知った俳優・黄河の演技力に驚いた」

黄河は昨年の東京国際映画祭で上映された『トレイシー』で認知度が高まり、今年もまた『悪の絵』が上映されることもあり、ちょうどチケット発売日と重なった今日、購入したという方が多かったようです。

また、アフタートークでは本作の解説と台湾の脚本家事情についてお話ししましたが、作品の理解に役立ったという声を今回も多くいただきました。
「制作の背景を詳しく知ることができてよかった。監督や主演俳優のコメントもついていて豪華」「映画の背景や監督、脚本家、出演者の話を聞くことができたのが良かった。分かりやすい解説で語り口も良い」「監督のメッセージは予想していたが、まさか黄河のメッセージがあるとは思わなかったのでびっくり!とっても嬉しかった」「ストーリーの背景を聞くことができたのと、普段知ることのできない脚本家の話も大変興味深かった」「最近の作品は観ている人に考えさせる作品が多く、江口さんの解説のおかげで理解が深まる」「いつも新しい気付きを沢山いただけるトークタイム」
莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督に加えて黄河からのムービーメッセージも、たいへん喜んでいただけました。

続きを読む "2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回『『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』 』オンライン開催!黄河(ホアン・ハー)の演技に絶讃の声!"

| | コメント (0)

2020/10/23

台湾映画 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』林柏宏(リン・ボーホン)林哲熹(リン・ジャーシー)ほか豪華キャスト発表!

1023shilian1『台北星期天』『幸福城市』の 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』の製作が発表され、林柏宏(リン・ボーホン)、林哲熹(リン・ジャーシー)、李沐(リー・ムー)、陳庭妮(アニー・チェン)、丁寧(ディン・ニン)、姚愛寗(ヤオ・アイニン)ら出演者も情報解禁になりました。
本作は、何蔚庭監督が初めて挑戦するLOVE・サスペンスです。台北の特徴的名街の風景、西門町や萬華地区一帯を舞台に、現代とレトロが融合する中で待った間知らないZ世代の6人のメインキャラクターが出会い事件が起きるという内容です。

続きを読む "台湾映画 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』林柏宏(リン・ボーホン)林哲熹(リン・ジャーシー)ほか豪華キャスト発表!"

| | コメント (0)

2020/10/19

高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映!

1019tff1開催中の高雄電影節では、新作のプレミア上映で連日監督やキャストが登壇していますが、10月17日に蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』で監督と李康生(リー・カンション)が、18日の『西瓜(原題:天邊一朵雲)』特別上映では陸弈靜(ルー・イーチン)も参加しました。
李康生は撮影で海外から帰国したため、『日子』のアジアプレミアには間に合いませんでしたが、出入国時合わせて28日間の自宅隔離を終えて高雄プレミアに登場しました。

続きを読む "高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映!"

| | コメント (0)

2020/10/17

台湾ドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』公開記念"深田晃司監督と行く書店ツアー" @誠品生活日本橋、10/21(水)に開催決定!

0901taiwan1台湾ドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』は10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開され増すが、書籍「わたしの青春、台湾」の発売もあわせて記念して、映画監督と行く書店ツアーin誠品生活日本橋Produce by ”ALL REVIEWS”が開催されます。
ブックフェアでは台湾の政治、社会運動だけではなく、文学、文化についての書籍、また香港、中国に関する書籍も集め、アジアについての知識や興味を深められるような展開になるそうです。
ツアーのナビゲーターは、『淵に立つ』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査委員賞を受賞するなど国際的に活躍する気鋭の映画監督・深田晃司です。

続きを読む "台湾ドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』公開記念"深田晃司監督と行く書店ツアー" @誠品生活日本橋、10/21(水)に開催決定!"

| | コメント (0)

2020/10/13

高雄電影節で『有一天』10周年記念特別上映会、侯季然(ホウ・チーラン)監督、張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)集合!

1013tff1開催中の高雄電影節では、20周年を記念して様々な胃企画を実施していますが、10月11日には2009年公開の『有一天』の侯季然(ホウ・チーラン)監督、主演の張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)を迎えて上映後のトークイベントを行いました。
本作がデビュー作の侯季然監督は、特別照影をしてくれた高雄電影節と、エグゼクティブプロデューサーの侯孝賢(ホウ・シャオシェン)に感謝していると述べました。

続きを読む "高雄電影節で『有一天』10周年記念特別上映会、侯季然(ホウ・チーラン)監督、張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)集合!"

| | コメント (0)

2020/10/10

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第6回『アウトサイダー(原題:鬥魚) 』オンライン開催!懐かしさと新しさを!

1010flier2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催に変更しています。
この上映イベントは2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けし、5年目を迎えました。今年は全て新作と未公開作品で台湾映画の「進化する多様性」を伝えていきたいと思っています。
ラブ・ファンタジー、シリアスな社会派、アクション・サスペンス、ドキュメンタリー、短編、青春映画、コメディなど、ここでしか見られない話題作と注目作を集めました。
第6回は、2004年に大ヒットした純愛青春ドラマの、時代を1987年に移して映画化した『アウトサイダー(原題:鬥魚) 』を上映しました。

ドラマ版を見ている方には懐かしさを感じていただき、見ていない方でも映画として楽しめたという声をアンケートで多くいただきました。
「テーマ、ストーリーはたしかによくあるパターンだと思いましたが、きらきら若者たちを見ていると2時間があっという間。台湾では1987年を背景にした映画が多いんだなとあらためて感じた」「恋愛+アクションで見ごたえ十分、新旧の役者がコラボする演出は素晴らしいアイディアだと思った」「映画版は期待通りの完成度で 終盤のドラマキャストと曲が流れた時は 泣けた」「ドラマとは時代が違いますが違和感なく入っていけた。14年後のシーンで藍正龍が出てきた時は思わず声をあげた」「時代の情景と友情や家族の関係、縛られた生活から解放された主人公の変化と恋愛、全て良かったです。涙が止まらなかった」

アフタートークの感想でも、ドラマからの経緯をお話ししたことでより理解を深めていただき、新世代俳優達についても着たいと興味を持っていただけたようです。
「ドラマ版のことからこの映画の背景、キャストのことまでとてもよくわかり、作品への深みが増した」「毎回台湾映画やドラマについて新しい知識が得られて素晴らしい」「面白さと感動が伝わる解説。最新情報はここでしか聞けない貴重な話なのでありがたい」「台湾の若手俳優がよくわかった。どんな映画に出演しているのかが良く分かり、次に繋がるトーク」「この映画の背景やドラマとのつながりなど、とても有益」「30分があっという間!ドラマのおっかけをしたいと思った」「今回紹介された若手俳優を注目しながら、今後も台湾映画を観たい」

続きを読む "2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第6回『アウトサイダー(原題:鬥魚) 』オンライン開催!懐かしさと新しさを!"

| | コメント (0)

2020/10/06

2020金馬電影大師課(マスタークラス)講師発表!

1006jinma2020金馬影展で、映画製作を志す人向けの電影大師課(マスタークラス)の講師が発表になり、金馬奨主席の李安(アン・リー)監督はじめ、ケン・ローチ、ロイ・アンダーソン、ヨハン・カールソン、アンドレイ・ズビャギンツェフ、ヴァンサン・マラヴァル楊雁雁(ヤオ・ヤンヤン)、文念中(リム・チョン・マン)、李宛蓉(アンナ・リー)、日本からは昨年に引き続き是枝裕和監督と、美術監督の花谷秀文の参加が明らかになりました。
海外からのゲストはみな規定の隔離期間がありますが、それを承諾しての参加です。
是枝裕和監督と女優の楊雁雁は、金馬奨の授賞式でプレゼンターもつとめるそうです。

続きを読む "2020金馬電影大師課(マスタークラス)講師発表!"

| | コメント (0)

2020/10/04

第31回流行音樂金曲獎 阿爆(アーバオ)の「kinakaian 母親的舌頭」が三冠!

1003abao第31回流行音樂金曲獎発表授賞式が、10月3日に今年南港にできた台北流行音樂中心表演廳(台北音楽センター コンサートホール)で行われました。
アルバム賞は阿爆(アーバオ)の「kinakaian 母親的舌頭」、楽曲賞、原住民語アルバム賞も獲得しました。
そして、最佳國語男歌手獎 (北京語男性シンガー賞)は吳青峰(ウー・チンフォン)、最佳國語女歌手獎 (北京語女性シンガー賞)は、今年司会者もつとめた魏如萱(ウェイ・ルーシェン)が獲得。これはかなりの接戦になり、2回目の投票で最佳國語專輯獎 (北京語アルバム賞)受賞者の王若琳((ジョアンナ・ウォン)に競り勝ったということです。
また、バンド賞は滅火器(Fire Ex)、日本人ギタリストの大竹研が「Okinawa」で作曲家賞を受賞しました。

続きを読む "第31回流行音樂金曲獎 阿爆(アーバオ)の「kinakaian 母親的舌頭」が三冠!"

| | コメント (0)

2020/09/30

第33回東京国際映画祭ラインナップ発表!

0930tiff10月31日(土)から11月9日(月)まで開催される第33回東京国際映画祭のラインナップが、9月29日に発表されました。
記者会見には、本年度のフェスティバル・アンバサダーを務める役所広司さん、「JapanNow」部門監督特集から、深田晃司監督、また、国際交流基金アジアセンターとの初めての取り組み「アジア交流ラウンジ」を検討会議メンバーと共に企画した是枝裕和監督が登壇しました。

続きを読む "第33回東京国際映画祭ラインナップ発表!"

| | コメント (0)

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回は、アニメオタクの主人公の恋と孤独、貧困家庭や引きこもりなどの社会問題も盛り込んだ『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯) 』!※変更事項あり(10/9)

1024flier2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催になります。
2020年の第7回は、10月24日(土)14時から、アニメオタクの主人公の恋と孤独、貧困家庭や引きこもりなどの社会問題も盛り込んだ『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯 』です。
主演は、昨日発表された東京国際映画祭で上映される『悪の絵』の黃河(ホアン・ハー)。
トークはスペシャルゲスト、莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督による作品解説を予定しています。

予定していたスペシャルゲスト、莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督は、新型コロナウイルス感染症の影響により新作の撮影開始が遅れた為、今回はリモート出演できなくなりました。
アフタートークは、本編の解説と「台湾の脚本家事情について」になります。(10/9)

日時:10月24日(土)14時からオンライン
配信プラットフォーム:参加決定者に個別にメールでお知らせします。

MC スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)
ゲスト:莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督(予定)

参加:事前申し込みで、先着100名様がご参加いただけます。

申し込み:10月12日(月)午前11:00より ※時間が変わりました。ご注意下さい。
     台湾文化センターのホームページよりお申し込み下さい。
     URL:http://jp.taiwan.culture.tw
     ※上記URLから本イベントの告知ページにアクセスして、
      申し込みリンクをクリック。
      申し込みフォームから必要事項を記入して送信して下さい。
      申し込みリンクは10月12日(月)11:00からアクセス可能です。
      お一人様1通でご応募下さい。
      ※同じ方の複数申込みがありますと、他の方へ影響を及ぼします。
       複数のお申込みをした場合は. 当選取消しとなります。ご注意下さい。
     ※申し込みフォームでは、正しいメールアドレスを入力して下さい。
      参加のご案内をお送りしても、エラーで戻ってくるケースがあります。
      この場合は参加取り消しとさせていただくこともありますので、ご注意下さい。


※新型コロナウイルス感染症の状況により、開催日を含み変更があることがございます。ご了承下さい。

主催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター/アジアンパラダイス
協力:安澤映畫有限公司/ディメンション

続きを読む "2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回は、アニメオタクの主人公の恋と孤独、貧困家庭や引きこもりなどの社会問題も盛り込んだ『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯) 』!※変更事項あり(10/9)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧