俳優

2020/10/24

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回『『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』 』オンライン開催!黄河(ホアン・ハー)の演技に絶讃の声!

1024flier2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催に変更しています。
この上映イベントは2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けし、5年目を迎えました。今年は全て新作と未公開作品で台湾映画の「進化する多様性」を伝えていきたいと思っています。
ラブ・ファンタジー、シリアスな社会派、アクション・サスペンス、ドキュメンタリー、短編、青春映画、コメディなど、ここでしか見られない話題作と注目作を集めました。
第7回は、日台のアニメ文化を背景に、アニメオタクの主人公の恋と孤独、貧困家庭や引きこもりなどの社会問題も盛り込んだ『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』を上映しました。

人との関わりが希薄になっているところが増えている現代において、家族のあり方を見直す本作は、多くの観客の心を揺さぶり、台湾でも高評価を得ている主役の黄河(ホアン・ハー)の演技も多くの方から絶讃していただきました。
「80分でここまで心を揺さぶるストーリーテリングと演出も見事」「救いがない話なのに、後味が悪くないという、台湾映画のよさ(?)を感じさせる作品でした。映像も陰影があってかっこよかった」「黃河がオタクという役柄に完全に入り込んで素晴らしかったのと、脚本各登場人物の絶妙な関係とジレンマを80分ほどの時間で巧妙に、そして見事に書ききっていると感じた。一番気に入ったのが最後の結末で、人によって色んな感じ方があり、あえてはっきりとした一つの捉え方で終わらせていないことが、観客に色んなことを考えさせるのだろうと思った」「台湾の今が伝わってくる緊張感いっぱいの作品でした。登場人物への愛が感じられる監督の目線、俳優の演技などどれも印象的」「主演の黄河はたくさん出演作品を観ているが良い意味でイメージが違っていてびっくり」「前作『トレイシー』で初めて知った俳優・黄河の演技力に驚いた」

黄河は昨年の東京国際映画祭で上映された『トレイシー』で認知度が高まり、今年もまた『悪の絵』が上映されることもあり、ちょうどチケット発売日と重なった今日、購入したという方が多かったようです。

また、アフタートークでは本作の解説と台湾の脚本家事情についてお話ししましたが、作品の理解に役立ったという声を今回も多くいただきました。
「制作の背景を詳しく知ることができてよかった。監督や主演俳優のコメントもついていて豪華」「映画の背景や監督、脚本家、出演者の話を聞くことができたのが良かった。分かりやすい解説で語り口も良い」「監督のメッセージは予想していたが、まさか黄河のメッセージがあるとは思わなかったのでびっくり!とっても嬉しかった」「ストーリーの背景を聞くことができたのと、普段知ることのできない脚本家の話も大変興味深かった」「最近の作品は観ている人に考えさせる作品が多く、江口さんの解説のおかげで理解が深まる」「いつも新しい気付きを沢山いただけるトークタイム」
莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督に加えて黄河からのムービーメッセージも、たいへん喜んでいただけました。

続きを読む "2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第7回『『よい子の殺人犯(原題:最乖巧的殺人犯)』 』オンライン開催!黄河(ホアン・ハー)の演技に絶讃の声!"

| | コメント (0)

2020/10/23

台湾映画 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』林柏宏(リン・ボーホン)林哲熹(リン・ジャーシー)ほか豪華キャスト発表!

1023shilian1『台北星期天』『幸福城市』の 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』の製作が発表され、林柏宏(リン・ボーホン)、林哲熹(リン・ジャーシー)、李沐(リー・ムー)、陳庭妮(アニー・チェン)、丁寧(ディン・ニン)、姚愛寗(ヤオ・アイニン)ら出演者も情報解禁になりました。
本作は、何蔚庭監督が初めて挑戦するLOVE・サスペンスです。台北の特徴的名街の風景、西門町や萬華地区一帯を舞台に、現代とレトロが融合する中で待った間知らないZ世代の6人のメインキャラクターが出会い事件が起きるという内容です。

続きを読む "台湾映画 何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『青春弒戀』林柏宏(リン・ボーホン)林哲熹(リン・ジャーシー)ほか豪華キャスト発表!"

| | コメント (0)

2020/10/19

高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映!

1019tff1開催中の高雄電影節では、新作のプレミア上映で連日監督やキャストが登壇していますが、10月17日に蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』で監督と李康生(リー・カンション)が、18日の『西瓜(原題:天邊一朵雲)』特別上映では陸弈靜(ルー・イーチン)も参加しました。
李康生は撮影で海外から帰国したため、『日子』のアジアプレミアには間に合いませんでしたが、出入国時合わせて28日間の自宅隔離を終えて高雄プレミアに登場しました。

続きを読む "高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映!"

| | コメント (0)

2020/10/13

高雄電影節で『有一天』10周年記念特別上映会、侯季然(ホウ・チーラン)監督、張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)集合!

1013tff1開催中の高雄電影節では、20周年を記念して様々な胃企画を実施していますが、10月11日には2009年公開の『有一天』の侯季然(ホウ・チーラン)監督、主演の張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)を迎えて上映後のトークイベントを行いました。
本作がデビュー作の侯季然監督は、特別照影をしてくれた高雄電影節と、エグゼクティブプロデューサーの侯孝賢(ホウ・シャオシェン)に感謝していると述べました。

続きを読む "高雄電影節で『有一天』10周年記念特別上映会、侯季然(ホウ・チーラン)監督、張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)集合!"

| | コメント (0)

2020/10/10

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第6回『アウトサイダー(原題:鬥魚) 』オンライン開催!懐かしさと新しさを!

1010flier2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催に変更しています。
この上映イベントは2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けし、5年目を迎えました。今年は全て新作と未公開作品で台湾映画の「進化する多様性」を伝えていきたいと思っています。
ラブ・ファンタジー、シリアスな社会派、アクション・サスペンス、ドキュメンタリー、短編、青春映画、コメディなど、ここでしか見られない話題作と注目作を集めました。
第6回は、2004年に大ヒットした純愛青春ドラマの、時代を1987年に移して映画化した『アウトサイダー(原題:鬥魚) 』を上映しました。

ドラマ版を見ている方には懐かしさを感じていただき、見ていない方でも映画として楽しめたという声をアンケートで多くいただきました。
「テーマ、ストーリーはたしかによくあるパターンだと思いましたが、きらきら若者たちを見ていると2時間があっという間。台湾では1987年を背景にした映画が多いんだなとあらためて感じた」「恋愛+アクションで見ごたえ十分、新旧の役者がコラボする演出は素晴らしいアイディアだと思った」「映画版は期待通りの完成度で 終盤のドラマキャストと曲が流れた時は 泣けた」「ドラマとは時代が違いますが違和感なく入っていけた。14年後のシーンで藍正龍が出てきた時は思わず声をあげた」「時代の情景と友情や家族の関係、縛られた生活から解放された主人公の変化と恋愛、全て良かったです。涙が止まらなかった」

アフタートークの感想でも、ドラマからの経緯をお話ししたことでより理解を深めていただき、新世代俳優達についても着たいと興味を持っていただけたようです。
「ドラマ版のことからこの映画の背景、キャストのことまでとてもよくわかり、作品への深みが増した」「毎回台湾映画やドラマについて新しい知識が得られて素晴らしい」「面白さと感動が伝わる解説。最新情報はここでしか聞けない貴重な話なのでありがたい」「台湾の若手俳優がよくわかった。どんな映画に出演しているのかが良く分かり、次に繋がるトーク」「この映画の背景やドラマとのつながりなど、とても有益」「30分があっという間!ドラマのおっかけをしたいと思った」「今回紹介された若手俳優を注目しながら、今後も台湾映画を観たい」

続きを読む "2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」第6回『アウトサイダー(原題:鬥魚) 』オンライン開催!懐かしさと新しさを!"

| | コメント (0)

2020/09/27

台湾のテレビアワード 2020電視金鐘獎、『想見你(時をかける愛)』が長編ドラマ賞、柯佳嬿(アリス・クー)2度目の主演女優賞!

0927gba台湾のテレビアワード2020電視金鐘獎の授賞式が9月26日に行われ、今年の"神劇"と言われた『想見你(時をかける愛)』が長編ドラマ賞、、脚本賞、番組創新賞、そして柯佳嬿(アリス・クー)はこれで2度目の主演女優賞を受賞。
主演男優賞は『鏡子森林』の姚淳耀(ヤオ・ジュンヤオ)が獲得しました。
長編ドラマ部門の監督賞は、『用九柑仔店(いつでも 君を待っている)』の高炳權(ガオ・ピンチュアン)と曾英庭(ツェン・インティン)。
ミニドラマ賞は『俗女養成記(おんなの幸せマニュアル 俗女養成記)』に輝きました。

続きを読む "台湾のテレビアワード 2020電視金鐘獎、『想見你(時をかける愛)』が長編ドラマ賞、柯佳嬿(アリス・クー)2度目の主演女優賞!"

| | コメント (0)

2020/09/09

「第14回アジア・フィルム・アワード」ノミネーション発表!最多ノミネートは『パラサイト 半地下の家族』!

0909afa2020年10月14日(水)に今年は初めて韓国・釜山にて開催される、アジア全域版アカデミー賞「第14回アジア・フィルム・アワード」(AFA)の各ノミネーションが、本日発表されました。
日本からは作品賞候補として石川慶監督の『蜜蜂と遠雷』、監督賞候補として『風の電話』の諏訪敦彦監督、新人監督賞候補として『37セカンズ』のHIKARI監督が選出されたのをはじめ、全13部門にてノミネートされました。
本年は、2019年のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した注目作、韓国ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が最多10部門でノミネートされています。
また、台湾の『陽光普照(ひとつの太陽)』と中国の『地久天長(在りし日の歌)』が7部門、香港の『少年的你(少年の君』が5部門となっています。

続きを読む "「第14回アジア・フィルム・アワード」ノミネーション発表!最多ノミネートは『パラサイト 半地下の家族』!"

| | コメント (0)

2020/08/27

是枝裕和監督 新作プロジェクト始動!最新作『ブローカー(仮)』製作発表! 初めての韓国映画演出!

0827broker毎作品、現実と密接した主題意識をもとに様々な人物の物語を鋭い洞察力と温かい視線で描いてきた是枝裕和監督は、カンヌ映画祭コンペティション部門に5回招待され『そして父になる』(13)では審査委員賞を、『万引き家族』(18)ではパルムドールを受賞しています。
フランス語と英語で演出した最新作『真実』(19)で作品の世界を広げている是枝裕和監督が、韓国の製作陣、俳優と共に長年温めていた企画である韓国映画『ブローカー(仮)』がついに始動しました。

続きを読む "是枝裕和監督 新作プロジェクト始動!最新作『ブローカー(仮)』製作発表! 初めての韓国映画演出!"

| | コメント (0)

2020/08/26

台湾のテレビアワード 2020電視金鐘獎ノミネート発表! 『誰是被害者(次の被害者)』最多8部門、『想見你(時をかける愛)』の柯佳嬿(アリス・クー)と許光漢(グレッグ・ハン)は主演男優・女優にノミネート!

0826gba台湾のテレビアワード「2020電視金鐘獎」のノミネートが今日発表され、長編ドラマ部門では『誰是被害者(次の被害者)』8部門、『用九柑仔店(いつでも 君を待っている)』7部門、『想見你(時をかける愛)』が6部門という接戦。ミニドラマ部門では『俗女養成記(おんなの幸せマニュアル 俗女養成記)』と『罪夢者』が8部門ノミネートでしのぎを削る結果となりました。
個人賞では張孝全(チャン・シャオチュアン)が長編ドラマ部門の『誰是被害者(次の被害者)』とミニドラマ部門の『罪夢者』で主演男優賞ダブルノミネート。
今年の"神劇"と言われる『想見你(時をかける愛)』の柯佳嬿(アリス・クー)と許光漢(グレッグ・ハン)は、主演男優賞と主演女優賞にノミネートされました。

2020電視金鐘獎発表授賞式は、9月26日に台北の國父紀念館で行われます。

続きを読む "台湾のテレビアワード 2020電視金鐘獎ノミネート発表! 『誰是被害者(次の被害者)』最多8部門、『想見你(時をかける愛)』の柯佳嬿(アリス・クー)と許光漢(グレッグ・ハン)は主演男優・女優にノミネート!"

| | コメント (0)

2020/08/25

台湾ドラマ『時をかける愛』主役 柯佳嬿(アリス・クー )インタビュー第二弾!(※ネタバレあり要注意)

0825xiangjianni1今年台湾で一番話題になったドラマ『時をかける愛』、いまホームドラマチャンネルで放送中ですが、台湾では"神劇"と呼ばれ、2019年の台北と1998年の台南を舞台に、交錯する人物たちと謎解きが見事に構成されています。
この2つの時代に生きる人物を、それぞれ二役で好演しているのが、映画やドラマで台湾を代表する女優として活躍する柯佳嬿(アリス・クー)と、最近人気・実力共に急上昇の許光漢(グレッグ・ハン)。
今回は、ヒロイン柯佳嬿(アリス・クー )のインタビュー第二弾をお届けします。
※ネタバレありなので、ご注意下さい。

続きを読む "台湾ドラマ『時をかける愛』主役 柯佳嬿(アリス・クー )インタビュー第二弾!(※ネタバレあり要注意)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧