台北電影節

2022/07/23

2022台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜革新と継承〜」第4回『一人にしないで(原題:不想一個人)』オンライン開催! 俳優たちの演技と監督の演出力に賞賛の声!

0624alone 2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、第4回の今日上映するのは、社会の光のあたる所で活躍していても心の空洞を埋められない女性、陽の当たらない場所でわずかな光を求める男女が織りなすラブストーリー『一人にしないで(原題:不想一個人)』を上映しました。

本作は、7月9日に行われた台北電影奨で、范少勳の主演男優賞、撮影賞、美術デザイン賞、メイク&コスチュームデザイン賞にノミネートされ、撮影賞を受賞。昨年の金馬獎では温貞菱の助演女優賞と美術デザイン賞にノミネートされました。
アーロンとナイウェンの距離感、アーロンと金沙の距離感の描き方がとても胸に刺さり、味わい深い孤独感を表していましたね。
この若い3人の俳優は皆意外性の高い配役で、それぞれこれまでのイメージと殻を破った演技が印象的でした。

アンケートでもこの俳優達の演技には多くの観客から賞賛が集まり、アフタートークでお話しした監督の演出力に高い評価が寄せられました。(以下、回答の抜粋)
「役者ひとりひとりの表情が本当に良かった。その表情や細かな仕草で彼らの心の中がこちら側に伝わってくる」「3人の俳優の役どころが、今まで違ってて新鮮だった。それぞれの孤独な心理描写も良かった」「范少勲の目の演技に引き込まれ、間の取り方にグッと来た」「温貞菱の、セリフのない、ちょっとした演技がとても雄弁ですごい表現力」「監督がこだわったという俳優の目線の話が興味深った」「監督への細やかな取材を基にした解説や裏話がおもしろかった」「カメラワークやライティングにより画面が一層引き立てられ、まるで一枚の絵のように見えるシーンがたくさんあった」

作品全体の印象も、見終わった観客に委ねるオープン・エンディングにより、様々な印象や味わいを感じていただけたようでした。(以下、回答の抜粋)
「とても味わい深く、終わり方もどのような視点から物語を見ているかで異なる続きが想像できるところが面白かった」「人間模様もウェットになりすぎず、客観的になりすぎない程よいタッチがかえって、後からじわじわくるような不思議な余韻が感じられた」「ラストカットがとても印象的で心に残った」「BGMが全然使用されずに淡々と進むところと、説明を少なめにしてそれぞれの関係性や起こってる事を想像させていく演出に唸った」「3人それぞれの相手を求める気持ちや微妙な距離感に胸が痛くなった」

アフタートークでは本編の解説のほかに、先ごろ行われた台北電影賞の授賞式についてお話しし、台湾映画の奥深さを感じていただけ、人気俳優たちのエピソードも楽しんでいただけました。(以下、回答の抜粋)
「難しいシーンをどのように撮ったかなどを知ることができて、とてもよかった」「解説を聞くと、本当に映画に深みが増す」「映画制作時のエピソードや俳優たちの近況などがきけて良かった」「なるほど!と思える丁寧な解説」「台北電影節のリポートがたっぷり聞けて楽しかった」「受賞についての細かい情報がおもしろかった」

続きを読む "2022台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜革新と継承〜」第4回『一人にしないで(原題:不想一個人)』オンライン開催! 俳優たちの演技と監督の演出力に賞賛の声!"

| | コメント (0)

2022/07/10

2022年第24回台北電影奨授賞式と受賞者、パフォーマンスとプレゼンターエピソード!

0710tff_20220710205001 7月9日に台北の中山堂で行われた2022年第24回台北電影奨授賞式は、既報の通り最高賞の百万元大賞はドキュメンタリーの『神人之家』が受賞しました。
『神人之家』はこれにドキュメンタリー映画賞、編集賞と併せて三冠、昨年もドキュメンタリー『捕鰻的人』が百万元大賞を獲得し、『神人之家』は観客賞にも選ばれているので、台北電影奨と台湾の観客の特徴的な一面が見えた結果だと思います。
そして、『月老』が監督賞、主演男優賞、視覚効果賞、『素還真』はアニメーション映画賞、メイク&コスチュームデザイン賞、技術賞のアフレコ賞、『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』は脚本賞、助演女優賞、音楽賞と、皆3つのトロフィーを獲得しています。

続きを読む "2022年第24回台北電影奨授賞式と受賞者、パフォーマンスとプレゼンターエピソード!"

| | コメント (0)

2022/07/09

【速報】2022第24回台北電影奨 百万元大賞はドキュメンタリー『神人之家』!

0709tff 7月9日に2022年第24回台北電影奨の発表授賞式が行われ、最高賞の百万元大賞はドキュメンタリーの『神人之家』が受賞しました。
台北電影奨ではドキュメンタリーが百万元大賞を獲得することが多いのですが、今年も例に漏れず『神人之家』に輝きました。
長編劇映画賞は『アメリカンガール(原題:美國女孩)』、監督賞は『月老』の九把刀(ギデンズ)が初受賞、柯震東(クー・チェンドン)が主演男優賞、助演男優賞の『呪詛(原題:咒)』の高英軒(ガオ・インジュエン)と初受賞が続きます。
主演女優賞は、『修行』の陳湘琪(チェン・シアンチー)、助演女優賞の『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』の王渝萱(ワン・ユーシュアン)と、新人賞の『アメリカンガール(原題:美國女孩)』の方郁婷(ケイトリン・ファン)が、金馬奨に続いて同賞受賞という快挙でした。

続きを読む "【速報】2022第24回台北電影奨 百万元大賞はドキュメンタリー『神人之家』!"

| | コメント (0)

2022年台北電影奨ノミネートパーティ

0709american いよいよ今日7月9日の夜に2022年台北電影奨の発表授賞式が行われますが、昨夜の国際新監督コンペティション(國際新導演競賽)と台北電影獎アウト・オブ・コンペ各賞発表と共に実施されたノミネートパーティのオフィシャル写真が届きましたので、抜粋してお伝えします。
※写真は、もれなく主席の易智言(イー・ツーイエン)監督との記念ショットです。

まずは最多ノミネートの『アメリカンガール(原題:美國女孩)』
ノミネート:長編劇映画賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞×2、助演男優賞、新人賞×2、撮影賞、編集賞、音楽賞、美術デザイン賞
出席:林書宇(トム・リン)プロデューサー、阮鳳儀(ルアン・フォンイー)監督、方郁婷(ケイトリン・ファン)、林品彤(リン・ピンタン)ほか

続きを読む "2022年台北電影奨ノミネートパーティ"

| | コメント (0)

2022/07/08

2022台北電影節国際新監督コンペティション(國際新導演競賽)、台北電影獎アウト・オブ・コンペ各賞発表!

0708tff1_20220708230401 2022台北電影節国際新監督コンペティション(國際新導演競賽)と台北電影獎アウト・オブ・コンペ各賞が、例年通り台北電影獎授賞式の前日、7月8日に発表されました。
国際新監督コンペティションはフランスの『Softie』で台湾映画評論家協会推薦賞のダブル受賞、アウト・オブ・コンペの観客賞はアイルランドの『The Quiet Girl』とドキュメンタリー映画『神人之家』が分け合い、メディア推薦賞は『素還真』が選ばれました。
『素還真』はLINE TODAY観客選抜ポスター賞も受賞。
また、台北電影獎のノミネートパーティには29組のノミネート者が集い、賑やかに行われました。

続きを読む "2022台北電影節国際新監督コンペティション(國際新導演競賽)、台北電影獎アウト・オブ・コンペ各賞発表!"

| | コメント (0)

2022/07/06

2022台北電影節クロージング作品『童話‧世界』ワールドプレミア!

0706tff1_20220706202101 2022台北電影節の最終日、クロージング作品『童話‧世界』が、ワールドプレミアとして上映され、唐福睿(タン・フーレイ)監督、麻生汶(マー・シェンウェン)プロデューサーはじめ、メインキャストの張孝全(チャン・シャオチュアン)、江宜蓉(ジャン・イーロン)、尹馨(イン・シン)、夏于喬(シア・ユーチャオ)、王渝屏(ワン・ユービン)が登壇しました。
台北電影節主席の易智言(イー・ツーイエン)監督は、「この映画は法律劇として突出している。張孝全が文芸作品で演じるのは久しぶりだが、役の解釈も素晴らしい。主席としても、個人的にもこの作品で今年の映画祭を締めくくれることが本当にうれしい」と語っていました。

続きを読む "2022台北電影節クロージング作品『童話‧世界』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2022/07/05

2022台北電影節『ママ、やめて!(原題:媽,別鬧了)』ワールドプレミア!

0705tff1 夏の話題のドラマ『ママ、やめて!(原題:媽,別鬧了)』のワールドプレミアが、7月1日に台北電影節で行われ、陳慧翎(チェン・フイリン)監督、李俊宏(リー・ジュンホン)監督、プロデューサー兼主役の賈靜雯(アリッサ・チア)、林柏宏(リン・ボーホン)、曾莞婷(ヴィッキー・ツェン)が登壇しました。
本作は陳名珉(チェン・ミンミン)の小説「我媽的異國婚姻」のドラマ化で、『秋のコンチェルト(原題:下一站, 幸福)』や『子供はあなたの所有物じゃない(原題:你的孩子不是你的孩子)』などの陳慧翎監督が、『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』の編集を担当した李俊宏と共同監督しています。

続きを読む "2022台北電影節『ママ、やめて!(原題:媽,別鬧了)』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2022/07/04

2022台北電影獎プレゼンター第二弾発表!

0704tffpresenter 今週末に迫った台北電影獎のプレゼンター第二弾が発表になりました。
劉冠廷(リウ・グァンティン)、楊祐寧(ヤン・ヨウニン)、楊謹華(シェリル・ヤン)、藍正龍(ラン・ジェンロン)、李霈瑜(リー・ペイユー)、温昇豪(ウェン・シェンハオ)、馬志翔(マー・ジーシアン)、朱芷瑩(チュー・ジーイン)、簡嫚書(ジエン・マンシュー)、張書豪(チャン・シューハオ)、 陽靚(ヤン・ジン)、鄭人碩(チェン・レンシュオ)、蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)、施名帥(シー・ミンシュアイ)、曾珮瑜(ツェン・ペイユー)、台湾では久しぶりの活動で、台北電影節には初めて参加する陳喬恩(ジョー・チェン)の16人。

続きを読む "2022台北電影獎プレゼンター第二弾発表!"

| | コメント (0)

2022/06/27

2022台北電影獎プレゼンター第一弾発表!

0627presenter 7月9日に行われる台北電影獎のプレゼンター第一弾が発表になりました。
莫子儀(モー・ズーイ)、邱澤(ロイ・チウ)、許瑋甯(アン・シュー)、王淨(ワン・ジン)、李亦捷(リー・イージエ)、林依晨(アリエル・リン)、陳淑芳(チェン・シューファン)、劉品言(エスター・リウ)、李李仁(リー・リーレン)、傅孟柏(フー・モンボー)、姚以緹(ヤオ・イーティ)、邵雨薇(シャオ・ユーウェイ)、范少勳(ファン・シャオシュン)、莊凱勛(ジュアン・カイシュン)、そして、審査委員長の葉如芬(イエ・ルーフェン)。

続きを読む "2022台北電影獎プレゼンター第一弾発表!"

| | コメント (0)

2022/06/26

2022台北電影節『夢遊樂園』ワールドプレミア!

0626tff1_20220626132401 開催中の台北電影節で、6月24日に『夢遊樂園』がワールドプレミアとして上映されました。
本作は結婚と家族の関係を問うファンタジーで、台北電影賞で温昇豪(ウェン・シェンハオ)の主演男優賞、美術デザイン賞、メイク&コスチュームデザイン賞、サウンドデザイン賞の4部門にノミネートされています。
プレミアには、賴國安(ライ・グオアン)監督はじめキャストの温昇豪、曾珮瑜(ツェン・ペイユー)、程希緹(チェン・シーティ)、宸頤(チェン・イー)が出席しました。

続きを読む "2022台北電影節『夢遊樂園』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧