映画祭

2023/10/04

第24回東京フィルメックス」ラインナップ発表

1004filmex_20231004171201 11月19日(日)~11月26日(日)にて開催される第24回東京フィルメックスのラインナップが発表になり、公式レポートが届きましたので掲載します。

昨年、審査員特別賞を受賞した『ソウルに帰る』(Return to Seoul)、『あしたの少女』(Next Sohee)、特別招待作品で上映された、ジャファル・パナヒ監督『熊は、いない』(No Bears)など、フィルメックスで上映された作品の劇場公開が続々続いており、世界にまだたくさんある映画作品たちと出会える場として、人と人、人と映画をつなぐ場として開催されている「東京フィルメックス」。

今年は、「東京フィルメックス・コンペティション」に8作品、「特別招待作品」に7作品、「メイド・イン・ジャパン」に4作品、そして、プレイベント「Filmmakers’ Homecoming」(12作品)、関連企画としてジョアン・セーザル・モンテイロ特集を予定している。(※10月4日(水)現在)

続きを読む "第24回東京フィルメックス」ラインナップ発表"

| | コメント (0)

2023/10/03

香港映画祭2023 Making Waves 11月2日(木)~5日(日)開催決定!

1003hk 昨年2022年、香港特別行政区設立25周年を記念して開催され、連日満員御礼の大盛況となった「香港映画祭 Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」が今年も開催されます。
今年もイタリア・ウディーネ、インドネシア・バリ、デンマーク・コペンハーゲン、スウェーデン・ストックホルムなど世界各地を巡回し、日本では、2023年11月2日(木)~5日(日)、YEBISU GARDEN CINEMAにて開催となりました。

上映作品全7本のうち新作は、郭富城(アーロン・クォック)と梁朝偉(トニー・レオン)の初共演が大きな話題となった犯罪ドラマ『風再起時』、香港の人気ボーイズグループ「MIRROR」の江𤒹生(アンソン・コン)が主演を務めた、サスペンス色豊かなホラー映画『7月に帰る』、鄭保瑞(ソイ・チェン)監督が、前作『リンボ』につづいて林家棟(ラム・カートン)主演で放つ最新作『マッド・フェイト』、古天樂(ルイス・クー)、郭富城(アーロン・クォック)、劉青雲(ラウ・チンワン)の豪華共演とド派手なアクションが異彩を放つ『ホワイト・ストーム 世界の涯て』、それぞれに秘密を抱える家族の再生を描いた『ブルー・ムーン』の5作品。
また、今年2023年の旧正月に公開され香港映画史上初の1億香港ドルを突破し、歴代興収第1位(※2023年9月1日時点)に輝いた法廷ドラマ『毒舌弁護人〜正義への戦い〜』、張國榮(レスリー・チャン演じる売れない映画監督がポルノ映画にチャレンジする姿を通し、映画業界の内幕を描いた香港版『アメリカの夜』とも評される傑作コメディ『夢翔る人/色情男女』(1996)の2Kデジタル・レストア版が上映されるのも見逃せません。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "香港映画祭2023 Making Waves 11月2日(木)~5日(日)開催決定!"

| | コメント (0)

2023/09/29

台湾映画『老狐狸』が東京国際映画祭において『Old Fox』の邦題でワールドプレミア!

0927old_fox台湾映画『老狐狸』が、10月23日より開幕する東京国際映画祭<ワールド・フォーカス>において『Old Fox』の邦題でワールドプレミアとして上映されます。
台湾からリリースが届きましたので、それをもとにご紹介します。
本作は侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督と小坂史子さん、林逸心(リン・イーシン)がエグゼクティブプロデューサーをつとめる、蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督5年ぶりの新作です。
東京国際映画祭には、蕭雅全監督はじめ、キャストの劉冠廷(リウ・グァンティン)、劉奕兒(ジェニファー・リウ)、白潤音(バイ・ルンイン)が参加予定だそうです。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します


続きを読む "台湾映画『老狐狸』が東京国際映画祭において『Old Fox』の邦題でワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2023/09/28

台湾映画『青春並不溫柔』が『青春の反抗』の邦題で東京国際映画祭で上映!

0928wholl1 昨日発表された東京国際映画祭のラインナップで<ワールド・フォーカス>にて上映される『青春の反抗(原題:青春並不溫柔)』のリリースが台湾から届きましたので、お伝えします。
本作は1994年の学生運動を背景に描かれる女子大生の愛と成長の物語で、今年の台北電影奨で葉曉霏(イエ・シャオフェイ)が新人賞を獲得しました。
監督は、2017年に金鐘奨でテレビ映画『青苔』により作品賞など3部門を獲得した蘇奕瑄(スー・イーシュエン)。
2017年の東京都などが主催する映画の人材育成プロジェクト「Talents Tokyo」で履修経験があり、今回の東京国際映画祭への参加にとても喜んでいるそうです。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "台湾映画『青春並不溫柔』が『青春の反抗』の邦題で東京国際映画祭で上映!"

| | コメント (0)

2023/09/27

第36回東京国際映画祭 ラインナップ発表!中華圏の作品をピックアップして紹介

0927tiff 10月23日より開幕する第36回東京国際映画祭のラインナップが発表されました。
すでに公式サイトに掲載されていますが、今年は各部門で中華圏の作品が多数上映されることになり、うれしい限りです。
ここでは公式サイトで表記されていないキャストの漢字表記や、アジアンパラダイスで紹介した作品はそのリンクなどを記しました。
上映日、チケット購入についてなどの詳細、中華圏以外の作品については、公式サイトをご覧下さい。

<第36回東京国際映画祭 開催概要>
■開催期間:2023年10月23日(月)~11月1日(水)
■会場:日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区 
■公式サイト:www.tiff-jp.net

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "第36回東京国際映画祭 ラインナップ発表!中華圏の作品をピックアップして紹介"

| | コメント (0)

2023/09/10

台湾映画『愛是一把槍』ベネチア国際映画祭でルイジ・デ・ラウレンティス賞(新人監督賞)!

0910love1 第80回ベネチア国際映画祭の受賞結果が発表され、濱口竜介監督の『悪は存在しない』が銀獅子賞(審査員大賞)を受賞、2021年にベルリンとカンヌで賞を獲得して日本の監督では黒澤明監督以来、2人目の“グランドスラム”を成し遂げたという吉報が届きました。
そのベネチア国際映画祭でルイジ・デ・ラウレンティス賞(新人監督賞)を受賞したのが、台湾映画『愛是一把槍』の李鴻其(リー・ホンチー)。
台湾映画では、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『ピクニック(原題:郊遊)』が2013年に銀獅子賞(審査員大賞)受賞以来の快挙です。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "台湾映画『愛是一把槍』ベネチア国際映画祭でルイジ・デ・ラウレンティス賞(新人監督賞)!"

| | コメント (0)

2023/09/06

台湾映画『愛是一把槍』ベネチア国際映画祭でワールドプレミア!

0906love1 香港の梁朝偉(トニー・レオン)が生涯功労金獅子賞を受賞したニュースで賑わう開催中のベネチア国際映画祭では、コンペティションには日本の濱口竜介監督の『悪は存在しない』がノミネートされ、ノミネート作品以外でも各国からの話題作の上映が続いています。
その中で台湾の『酔生夢死(原題:酔・生夢死)』で俳優デビューし、『幸福都市(原題:幸福城市)』『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(原題:地球最後的夜晚)』などに出演している李鴻其(リー・ホンチー)の初監督作品『愛是一把槍』が、ワールドプレミアとして上映されました。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "台湾映画『愛是一把槍』ベネチア国際映画祭でワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2023/09/02

2023金馬影展オープニングは『五月雪』と『車頂上的玄天上帝』、クロージングが『愛情城事』!

0902jinma 11月9日に開幕する台湾最大の映画祭、金馬影展のオープニングとクロージングフイルムが発表されました。
オープニングは、2020年の金馬奨で最優秀新人監督賞を受賞した張吉安(チャン・ジーアン)監督の『五月雪』と、黃文英(ホアン・ウェンイン)監督の『車頂上的玄天上帝』。
クロージングは、台湾、香港、マレーシア、ブータン、フランスなどの監督達が台北を舞台に10編のラブストーリー
を紡いだ『愛情城事』です。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "2023金馬影展オープニングは『五月雪』と『車頂上的玄天上帝』、クロージングが『愛情城事』!"

| | コメント (0)

2023/07/23

台湾巨匠傑作選2023開幕!オープニングはキン・フー監督の『大輪廻』で宇田川幸洋さんがアフタートーク

0722udagawa1 台湾巨匠傑作選2023が7月22日に開幕し、オープニングのキン・フー監督作品『大輪廻』で宇田川幸洋さんがアフタートークを行いました。
また、日本劇場初公開になった幻の未公開映画『少年』は、初日と二日目も満席という好調なスタート。
今回は「台湾映画新発見!」と題し、台湾ニューシネマから、近年ブームとなっている台湾ホラー映画や青春映画などのエンターテインメント映画の系譜を紐解き、初公開作品3作品、日本最終上映2作品を含む、合計27作品が上映されますので、ぜひ新宿K’s cinemaへ!

台湾巨匠傑作選2023公式サイト:taiwan-kyosho2023.com

続きを読む "台湾巨匠傑作選2023開幕!オープニングはキン・フー監督の『大輪廻』で宇田川幸洋さんがアフタートーク"

| | コメント (0)

2023/07/09

2023台北電影獎授賞式と受賞者、プレゼンターエピソード!

0709all 7月8日に台北の中山堂で行われた2023年第25回台北電影奨授賞式は、既報の通り最高賞の百万元大賞はドキュメンタリーの『鑽石水族世界』が受賞しました。
昨日の速報でもお伝えしましたが、台北電影奨の百万元大賞はドキュメンタリーが獲得することが多く、一昨年、昨年に続き3年連続でドキュメンタリーが選ばれています。
トロフィーの数で言うと、『疫起』が監督賞、主演男優賞、技術賞、視覺效果賞、美術デザイン賞の5部門受賞で勝者となりました。
これに続き長編劇映画賞、編集賞、新人賞の3部門で受賞したのが『哈勇家』です。この映画は『ハヨン一家〜タイヤル族のスピリット』のタイトルで、8月26日に台湾文化センターとアジアンパラダイス共催の上映会でご覧いただけますので、ご期待下さい。

台北電影奨は、授賞式終了後にプレスルームでの会見で総評が明らかにされるのが定例となっており、今年は總監の李亞梅(リー・ヤーメイ)と審査委員長の陳玉勳(チェン・ユーシュン)監督が記者からの質問にも答えました。
決定までの経緯について、今年は短編賞、音楽賞、編集賞が最も討論の時間が長かったそうで、「一票が命運を分けた」ということです。
その一票差は、短編賞の『大日子』VS『推特事』、助演男優賞の傅孟柏(フー・モンボー)VS陳為民(チェン・ウェイミン)。

また、主演男優賞は『疫起』の王柏傑(ワン・ボージエ)がPK戦で13票獲得し、『一家子兒咕咕叫』のベテラン游安順(ヨウ・アンシュン)を退けました。

編集賞は3回投票の末『ハヨン一家〜タイヤル族のスピリット(原題:哈勇家/GAGA)』に決定。

異例だったのは新人賞で、『哈勇家』の洪金輝の名前が呼ばれた後、プレゼンターの「もう一人います」の声に騒然とし、続いて『青春並不溫柔』の葉曉霏(イエ・シャオフェイ)の名が発表されました。
この2人の演技と将来性はは甲乙付けがたく、得票数も同じの為同時受賞にしたそうです。
ちなみに、47才の洪金輝は台北電影奨史上最高齢での新人賞受賞者になりました。

逆に圧勝だったのが、主演女優賞の陸小芬(ルー・シャオフェン)ということです。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

続きを読む "2023台北電影獎授賞式と受賞者、プレゼンターエピソード!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧