映画祭

2021/11/26

第58回金馬獎観客賞と国際評論家賞を『アメリカンガール(原題:美國女孩)』が受賞!

1126jinma1 金馬獎では授賞式の前夜に行われるノミネート・パーティで、アウト・オブ・コンペの観客賞と国際評論家賞が発表されますが、今年は『アメリカンガール(原題:美國女孩)』がこの2つの賞を獲得しました。
阮鳳儀監督は全てのスタッフ・キャストとエグゼクティブ・プロデューサーの林書宇(トム・リン)監督に感謝の意を述べ、李安(アン・リー)主席からトロフィーを受け取りました。
主演の方郁婷は「李安監督とこんなに近くでお会いできるなんて、思ってもいませんでした」と興奮していました。

続きを読む "第58回金馬獎観客賞と国際評論家賞を『アメリカンガール(原題:美國女孩)』が受賞!"

| | コメント (0)

2021/11/25

台湾の2021優良電影劇本(脚本)発表!

1125jinma3 開催中の金馬影展(映画祭)で、11月24日に2021優良電影劇本(脚本)の発表があり、グランプリに『為我辦一場西式的喪禮』が選ばれました。
今年は450作のエントリーの中から36作品が入選、その中から商業性があり実現度の高い脚本が金馬創投會議(企画マーケット)で投資者とのミーティングが行われました。
そして、各賞の中には『アリフ・ザ・プリン(セ)ス』の王育麟(ワン・ユーリン)監督、『猫とハエ』の曹仕翰(ツァオ・シーハン)監督の作品も入選していて、今後が楽しみです。

続きを読む "台湾の2021優良電影劇本(脚本)発表!"

| | コメント (0)

2021金馬創投會議(企画マーケット)グランプリは侯季然(ホウ・チーラン)監督の『一個人的家族旅行』!

1125jinma1 各国の映画祭でも行われる企画マーケット、開催中の金馬影展(映画祭)でも恒例になっており、11月24日に各賞が発表され、グランプリは侯季然(ホウ・チーラン)監督の『一個人的家族旅行』が獲得しました。
金馬創投會議は、金馬影展(映画祭)開催中に行われる企画マーケットで、海外の投資者と協力して台湾映画の企画を支援するものです。
毎年エントリーされた創造性と商業性の高いプロジェクトから審査員が選び、製作者と投資者をOne-on-Oneでのミーティングを設定します。
製作者は製作の道筋を見つける貴重な機会であり、投資者にとっては台湾映画の才能との出会いをビジネスチャンスに繋げるという目的を持っています。
そして、金馬創投會議はエントリーされた企画のアワードも実施しているのです。

続きを読む "2021金馬創投會議(企画マーケット)グランプリは侯季然(ホウ・チーラン)監督の『一個人的家族旅行』!"

| | コメント (0)

2021/11/23

台湾映画『兜兜風』、主役は62才で金馬奨新人賞ノミネート!

1123raydio1 開催中の金馬影展より連日各作品のリリースが届きますが、その中でも珍しい、主役が62才で金馬奨の新人賞にノミネートされている『兜兜風』をご紹介します。
本作は父と息子の物語で、この父を演じているのが62才の林鉅(リン・ジュー)。
彼は画家で、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督作品の美術デザインを担当しただけでなく、『戀戀風塵』や『悲情城市』ほか数作にゲスト出演もしているというユニークな経歴です。

続きを読む "台湾映画『兜兜風』、主役は62才で金馬奨新人賞ノミネート!"

| | コメント (0)

2021/11/18

台湾映画『テロライザーズ(原題:青春弒戀)』台北でプレミア!

1118terrorizers1 金馬奨で5部門ノミネートされている台湾映画『テロライザーズ(原題:青春弒戀)』のプレミアが17日に台北で行われ、何蔚庭(ホー・ウェイティン)監督はじめ、キャストの林柏宏(リン・ボーホン)、李沐(リー・ムー)、陳庭妮(アニー・チェン)、林哲熹(リン・ジャーシー)、丁寧(ディン・ニン)、姚愛寗(ヤオ・アイニン)、洪都拉斯(ホンジュラス)、黃尚禾(ホアン・シャンハー)、葛丞(コー・チェン)、張東晴(チャン・ドンチン)が参加しました。

続きを読む "台湾映画『テロライザーズ(原題:青春弒戀)』台北でプレミア!"

| | コメント (1)

2021/11/15

金馬影展(11/14)プレミアとレッドカーペットに豪華キャスト!

1115jinma 開催中の金馬影展で、11月14日に行われた金馬奨ノミネート作品『不想一個人』、『月老』、『詭扯』のプレミア&フォトコールの写真と作品紹介です。
主演作2作がノミネートされている柯震東(クー・チェンドン)は連日の登板だったり、公開が始まった『詭扯』や間もなく公開の『月老』の熱い闘いが注目されています。

続きを読む "金馬影展(11/14)プレミアとレッドカーペットに豪華キャスト!"

| | コメント (0)

2021/11/14

金馬影展(11/13)プレミアとレッドカーペットに豪華キャスト!

1114jinma 開催中の金馬影展では連日金馬奨ノミネート作個品や特別上映作のプレミア上映が行われ、プロデューサーや監督、キャストがレッドカーペットでフォトコールが行われています。
11月13日には、『修行』、『アメリカン・ガール(原題:美國女孩)』、『角頭-浪流連』、『金錢男孩Moneyboys』、ドラマシリーズの『我願意:第1-2集』のチームが信義威秀の特設会場に集結しました。

続きを読む "金馬影展(11/13)プレミアとレッドカーペットに豪華キャスト!"

| | コメント (0)

2021/11/13

金馬影展開幕!金馬奨3部門ノミネートの台湾映画『該死的阿修羅』ワールドプレミア!

1113asura1 11月11日に開幕した金馬影展で、金馬奨3部門ノミネートの『該死的阿修羅』のワールドプレミアが行われ、プロデューサーの高君婷(ガオ・ジュンティン)、徐國倫(シュー・グォルン)、樓一安(ロウ・イーアン)監督、脚本の陳芯宜(チェン・シンイー)、そしてメインキャストの黃聖球(ホアン・シェンチョウ)、潘綱大(パン・ガンダー)、莫子儀(モー・ズーイ)、陳家逵(チェン・ジアクェイ)、丁寧(ディン・ニン)、賴澔哲(ライ・ハオジャ)、王渝萱(ワン・ペイシュアン)、黃姵嘉(ホアン・ペイジア)、張詩盈(チャン・シーイン)、凌心妤(リン・シンユー)が参加しました。
本作は、ひとりの少年による無差別殺人事件を機に6人の登場人物が繰り広げる物語で、樓一安監督の5年ぶりの新作になります。

続きを読む "金馬影展開幕!金馬奨3部門ノミネートの台湾映画『該死的阿修羅』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2021/11/07

第22回東京フィルメックス『見上げた空に何が見える?』『時の解剖学』が最優秀作品賞!

1013filmex1 11月7日に閉幕した第22回東京フィルメックスの受賞結果が発表され、『見上げた空に何が見える?』と『時の解剖学』が最優秀作品賞、観客賞は濱口竜介監督『偶然と想像』に決定しました。

9日間に渡って開催された「第22回東京フィルメックス」。今年は、神谷直希が新たにプログラム・ディレクターに就任、<継承と継続>を掲げこれまで以上に独自性を有した刺激的な作品がラインナップ。
連日、新たな映画との出会いに会場は盛り上がりを見せ神谷プログラム・ディレクターが冒頭に「この9日間、この映画祭色々な人の力によって成り立っていることを実感した。この場で全ての人に感謝を述べたい。」と挨拶し、今年の開催を振り返り、改めて感謝を述べました。

続きを読む "第22回東京フィルメックス『見上げた空に何が見える?』『時の解剖学』が最優秀作品賞!"

| | コメント (0)

2021/10/31

2021高雄電影節クロージング記者会見に監督・キャストが集結!

1030kff1 10月31日に閉幕となった2021高雄電影節では、クロージング作品『我是自願讓他殺了我』と『再說一次我願意』、短編映画「K Series」の記者会見が行われ、監督の詹淳浩(ジャン・ジュンハオ)、殷振豪(イン・チェンハオ)、洪子烜(ホン・ズーハン)、周東彥(チョウ・ドンイエン)、曹仕翰(ツァオ・シーハン)、曾威量(ツェン・ウェイリャン)とキャストの蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)、鄭人碩(チェン・レンシュオ)、薛仕凌(シュエ・シーリン)、蔡凡熙(ツァイ・ファンシー)、郭書瑤(グォ・シューヤオ)、王可元(ワン・カーユエン)、李淳(リー・ジュン)らが出席しました。

続きを読む "2021高雄電影節クロージング記者会見に監督・キャストが集結!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧