映画祭

2022/11/10

「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」オープニング・セレモニー!

1110hk1 11月9日(水)よりBunkamuraル・シネマにて始まった香港特別行政区設立25周年記念映画祭「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」のオープニング・セレモニーが行われ、豪華ゲストが登壇しました。
本映画祭のオープニングを飾る『黄昏をぶっ殺せ』(2021)で脚本(何靜怡との共同脚本)およびプロデューサーを務め、昨年の東京国際映画祭で上映され世界的にも高い評価を受けた『リンボ』では主演を務めた俳優の林家棟(ラム・カートン)、香港の4大映画会社が共同製作し、4人の新人監督が共同監督を務めた香港返還25周年記念作『同じ空の下』(2022)から、潘梓然(ティム・プーン)と葉正恆(サニー・イップ)の監督二人、香港電影発展局副主席であり映画監督(『宋家の三姉妹』)の張婉婷(メイベル・チャン)、香港国際映画祭エグゼクティブ・ディレクターのアルバート・リー、そして香港特別行政区政府創意香港アシスタント・ディレクターであり香港電影発展局事務局長のゲイリー・マックらが登壇し、場内を埋め尽くした大勢の香港映画ファンが盛大な拍手をおくりました。

続きを読む "「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」オープニング・セレモニー!"

| | コメント (0)

2022/11/09

香港映画祭2022 全国5都市にて開催決定!

1109hk 2022年11月26日(土)から12月28日(水)まで、全国5都市で「香港映画祭2022」が開催されることが決定し、大阪シネ・ヌーヴォを皮切りに、出町座(京都)、元町映画館(兵庫)、名古屋シネマスコーレ(愛知)、ユーロライブ(東京)で日本初公開19作品が見られることになりました。
昨年、全国5都市で初開催された「香港映画祭2021」は、香港映画ファンを中心に各都市にて大盛況となり、日本ではなかなか観る機会のない貴重な日本初上映作品をラインナップしたこの映画祭を待ち望む声が、今年も多く寄せられての開催です。

「香港映画祭2022」は、新人監督の作品から、トップスターが出演する作品まで幅広いラインナップになっています。
香港トップスター故梅艶芳(アニタ・ムイ)の伝記映画『アニタ』で香港アカデミー賞(香港電影金像奨) 最優秀女優助演賞を受賞した廖子妤(フィッシュ・リウ)が出演する『風景』、ジャッキー・チェン映画でもお馴染みの名バイプレーヤーの太保ー(タイポ)が優秀男優賞受賞した『ソク・ソク(原題:叔・叔)』。90年代を代表する女優の李麗珍(ロレッタ・リー)が久しぶりカムバック作であり、香港映画を代表する呉鎮宇(フランシス・ン)が主演する、実際の事件をベースにした『香港の流れ者たち(原題:濁水漂流)』は、香港映画ファンならずとも見逃せない作品です。
またデビュー作の映画『少年たちの時代革命』(12月よりポレポレ東中野にて公開)で台湾アカデミー賞を席捲した、任俠(レックス・レン)監督と林森(ラム・サム)監督の短編集も上映される貴重な機会となっています。

続きを読む "香港映画祭2022 全国5都市にて開催決定!"

| | コメント (0)

2022/11/05

「第23回東京フィルメックス」最優秀作品はマクバル・ムバラク監督『自叙伝』!

1105filmex第23回東京フィルメックス」の授賞式が11月5日に行われ、コンペティションではマクバル・ムバラク監督『自叙伝』が最優秀作品賞に選ばれました。
審査員特別賞は『ソウルに帰る』(監督:ダヴィ・シュー)と『Next Sohee(英題)』(監督:チョン・ジュリ)の2作、スペシャルメンションは『ダム』(監督:アリ・チェリ)、学生審査員賞に、『地中海熱』(監督:マハ・ハジ)、観客賞は『遠いところ』(監督:工藤将亮)が選ばれました。

続きを読む "「第23回東京フィルメックス」最優秀作品はマクバル・ムバラク監督『自叙伝』!"

| | コメント (0)

2022/11/03

第35回東京国際映画祭閉幕 東京グランプリは『ザ・ビースト』!

1103tiff1 10月24日(月)に日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区で開幕したアジア最大級の映画の祭典である第35回東京国際映画祭が、11月2日(水)に閉幕を迎え、東京国際フォーラムにてクロージングセレモニーが行われました。
各部門における各賞の発表・授与、さらに小池百合子東京都知事も会場に駆け付け、【東京グランプリ/東京都知事賞】を受賞した『ザ・ビースト』へのトロフィー授与をおこないました。

◆各賞受賞

コンペティション部門

東京グランプリ/東京都知事賞『ザ・ビースト』(スペイン/フランス)
審査員特別賞『第三次世界大戦』(イラン)
最優秀監督賞ロドリゴ・ソロゴイェン監督『ザ・ビースト』(スペイン/フランス)
最優秀女優賞アリン・クーペンハイム『1976』(チリ/アルゼンチン/カタール)
最優秀男優賞ドゥニ・メノーシェ『ザ・ビースト』(スペイン/フランス)
最優秀芸術貢献賞『孔雀の嘆き』(スリランカ/イタリア)観客賞『窓辺にて』(日本)

アジアの未来作品賞『蝶の命は一日限り』(イラン)

AmazonPrimeVideoテイクワン賞 該当者なし

特別功労賞 野上照代

続きを読む "第35回東京国際映画祭閉幕 東京グランプリは『ザ・ビースト』!"

| | コメント (0)

2022/11/01

Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力 来日ゲスト発表!

1101hk 11月9日(水)〜13日(日)、Bunkamuraル・シネマにて開催される香港特別行政区設立25周年記念映画「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」のゲスト情報が解禁になりました。
オープニングを飾る『黄昏をぶっ殺せ』の上映前に行うオープニング・セレモニーをはじめ、ゲストは上映前に舞台挨拶を行い、上映後に客席からの質問に答えるQ&Aにも登壇予定です。

さらに、写真展「香港映画のナビゲーターたち」が11月3日(木)〜11月13日(日)の期間限定でオンライン開催も決定しました。

続きを読む "Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力 来日ゲスト発表!"

| | コメント (0)

2022/10/30

蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督・李康生(リー・カンシェン)メディア交流会 in 台湾文化センター

1030cai1 東京国際映画祭と東京フィルメックス、台湾文化センター共催のツァイ・ミンリャン監督デビュー30周年記念特集で来日した蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督と李康生(リー・カンシェン)のメディア交流会が、11月27日に台湾文化センターで行われました。
当日は、東京国際映画祭のシニア・プログラマーシニア石坂健治氏の司会で、台北駐日経済文化代表処の謝長廷・駐日代表、東京国際映画祭プログラミング・ディレクター市山尚三氏、東京フィルメックスプログラム・ディレクター神谷直希氏が顔を揃えました。

続きを読む "蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督・李康生(リー・カンシェン)メディア交流会 in 台湾文化センター"

| | コメント (0)

2022/10/26

東京国際映画祭 香港映画『消えゆく燈火(原題:燈火闌珊)』Q&A

1026tiff1 東京国際映画祭2日めに上映された香港映画『消えゆく燈火(原題:燈火闌珊)』のQ&Aに、曾憲寧(アナスタシア・ツァン)監督、プロデューサーの陳心遙(サヴィル・チャン)、キャストの蔡思韵(セシリア・チョイ)、周漢寧(チャウ・ホンネン)が登壇しました。
本作は、香港を象徴する道路に突き出た色とりどりの輝くネオンサインを作る職人夫婦を軸にしたドラマです。安全性の観点から徐々に規制され撤去が続くネオンサイン、それを継承しようとする弟子や、両親に反発する娘の姿が描かれています。
監督はこれがデビュー作で、香港の新人監督を応援する「首部劇情電影計劃」で制作されました。

続きを読む "東京国際映画祭 香港映画『消えゆく燈火(原題:燈火闌珊)』Q&A"

| | コメント (0)

2022/10/21

台湾の2022金馬マスタークラスの講師陣発表!

1021gff 金馬影展(映画祭)恒例のマスタークラスの講師陣が発表になりました。
五年前から行われている金馬マスタークラスは、映画製作に関わる人たちを対象にした講座で、国内外の講師を招聘しています。
今年は金馬奨の審査委員長をつとめる香港の許鞍華(アン・ホイ)監督をはじめ、渡航可能になった日本からも是枝裕和監督、俳優の黑木瞳、脚本家の坂元裕二ほか豪華なゲストが講師として参加することになりました。
金馬マスタークラスは11月12日から18日まで、映画産業に関わる人と映画を学ぶ学生が受講できます。

続きを読む "台湾の2022金馬マスタークラスの講師陣発表!"

| | コメント (0)

2022/10/08

香港特別行政区設立25周年記念映画祭「香港映画の新しい力」11月に開催!

1008hk1 香港特別行政区は設立25周年を迎え、エキサイティングで活気あふれる国際都市・香港が迎えた大きな節目を記念し、日本未公開作品を含めた選りすぐりの香港映画8本を上映する、香港特別行政区設立25周年記念映画祭「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」が、2022年11月9日(水)〜13日(日)、Bunkamuraル・シネマにて開催されます。
オープニングは今年3月の大阪アジアン映画祭で好評を博した『黄昏をぶっ殺せ』。全8作品のうち、日本初公開が4本、その他東京国際映画祭でも上映された作品など世界的に評価された話題作から、これからの香港映画界を担う期待の新人監督作品まで、個性豊かな作品がラインナップされています。

続きを読む "香港特別行政区設立25周年記念映画祭「香港映画の新しい力」11月に開催!"

| | コメント (0)

2022/10/04

第23回東京フィルメックス ラインナップ発表

1004filmex 10月4日、第23回東京フィルメックスのラインナップが発表されました。
コンペティション9作品、特別招待作品4作品、メイド・イン・ジャパン2作品、特集上映:ツァイ・ミンリャン3作品の全18作品が、10月29日(土) ~ 11月5日(土)まで上映されます。
コンペティション部門では、今年の審査委員長諏訪敦彦をはじめ、フランスのリティ・パン監督、香港の映画プログラマー キキ・ファン、韓国のキム・ヒジョン監督により審査され、最優秀作品賞と審査員特別賞が授与されます。

続きを読む "第23回東京フィルメックス ラインナップ発表"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧