映画祭

2020/05/30

2020台北電影節、話題作と特集上映情報!

0530tff1台北電影節は、新型コロナウイルス感染症と戦う世界を映画で繋ごうと、有名映画祭で受賞した各国の作品を上映します。
アジア映画では、ベネチア国際映画祭のオリゾンティ部門で上映された萬瑪才旦(ペマツェテン)監督の中国映画『気球』、カンヌ国際映画祭の国際批評家週間でクロージングを飾った中国映画『春江水暖』、香港電影金像賞で6部門ノミネートの『幻愛』など。

続きを読む "2020台北電影節、話題作と特集上映情報!"

| | コメント (0)

2020/05/25

2020台北電影節、オープニングは『無聲』、クロージングは蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『日子』!

0525rizi12020台北電影節は今日、オープニングとクロージングフィルムに加え、映画祭の運営に関する取り組みを発表しました。
オープニングは柯貞年(クー・チエンニエン)監督の『無聲』、クロージングは蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督が今年ベルリン国際映画祭でテディ・ベア賞を受賞した『日子』に決まりました。
また、今回はコロナウィルス感染症の影響で海外からのゲストは招聘できない為、國際新導演競賽(新人監督コンペティション)の授賞式は行わず、オンラインにて受賞結果を発表。
そして、開催二週間前から開催中に大型クラスター感染が発生した場合は、映画祭の全ての活動を取りやめるそうです。

続きを読む "2020台北電影節、オープニングは『無聲』、クロージングは蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『日子』!"

| | コメント (0)

2020/05/21

2020台北電影奨「楊士琪電影卓越貢獻獎」に映写技師の江泰暾(ジャン・タイトゥン)!

0521tff1先日各賞のノミネートが発表された2020台北電影奨で、昨日20日に 「楊士琪電影卓越貢獻獎」の受賞者が映写技師の江泰暾であることが発表されました。
「楊士琪電影卓越貢獻獎」とは、映画記者の楊士琪(ヤン・シーチー)が映画製作に関わるスタッフにフォーカスを当てて讃える賞です。
今回は、50年にわたり映写技師として活躍してきた江泰暾(ジャン・タイトゥン)が受賞することになりました。

続きを読む "2020台北電影奨「楊士琪電影卓越貢獻獎」に映写技師の江泰暾(ジャン・タイトゥン)!"

| | コメント (0)

2020/05/16

2020 台北電影獎ノミネート、審査員の顔ぶれと雑感

0516tff1昨日15日に発表された「2020 台北電影獎」ノミネートについて、気になるところなどをお伝えしたいと思います。
特に決まりはないのですが、歴代のノミネートや受賞結果を見ると、台北電影獎の特徴は若手の発掘とドキュメンタリーの強さにあると思います。
最高賞である100万元大賞を獲得したドキュメンタリーの多さ、そしてノミネートを見ても顕著なのが伸びしろに期待して明日の台湾映画界を支える新世代への評価の高さ。これは、他の映画賞と一線を画しているでしょう。

続きを読む "2020 台北電影獎ノミネート、審査員の顔ぶれと雑感"

| | コメント (0)

2020/05/15

2020 台北電影獎&国際新人監督コンペティション ノミネート発表!

0515tff 2020台北電影獎と国際新人監督コンペティションのノミネート会見が本日行われ、昨年の新人賞受賞者蔡嘉茵(ツァイ・ジャーイン)と助演男優賞受賞者の林鶴軒(リン・ハーシェン)により、発表されました。
台北電影獎は、331作品の中から審査員達が11時間もの時間をかけて討論の末決定したもの。
最多ノミネートは張榮吉(チャン・ロンジー監督の『下半場』で、作品、監督、脚本、主演男優、新人など14部門。
続いて昨年の話題作で大ヒットした『返校』が作品、監督、脚本、主演男優、主演女優など12部門、趙德胤(チャオ・ダーイン)監督の『灼人秘密』が作品、監督、脚本など8部門です。

個人賞では主演男優賞に李康生(リー・カンシェン)と莫子儀(モー・ズーイ)という名優に、若い范少勳(ファン・シャオシュン)、曾敬驊(ツェン・ジンホア)、吳念軒(ウー・ニエンシュアン)がどう挑むのか楽しみです。
また、助演男優賞には大阪アジアン映画祭でも受賞した戴立忍(ダイ・リーレン)がノミネートされ、賞の行方が気になりますね。
発表授賞式は7月11日に挙行。
また、国際新人監督コンペティションは412作の中から12作が選ばれましたが、うち2作がワールドプレミア、4作がアジアプレミアとなります。
こちらは6月30日に各受賞作が発表されます。

続きを読む "2020 台北電影獎&国際新人監督コンペティション ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2020/05/11

2020台北電影節、映画祭大使は陳庭妮(アニー・チェン)、PR動画の監督は洪子烜(ホン・ズーシュアン)!

0511tff1第22屆台北電影節は6月25日から7月11日まで開催されますが、今日記者会見があり、映画祭大使は陳庭妮(アニー・チェン)に任命、洪子烜(ホン・ズーシュアン)監督が担当したPR動画も公開されました。
洪子烜監督は昨年『狂徒』で台北電影奨の視覺效果獎と藝術貢獻奨を受賞しており、今回は髪をショートにした陳庭妮がアクションに挑戦するPR動画を撮影。
1ヶ月の特訓を受けた陳庭妮の演技について「彼女はもの凄いスピードで進歩して、素晴らしいレンダリング効果をあげた」と絶讃しています。

続きを読む "2020台北電影節、映画祭大使は陳庭妮(アニー・チェン)、PR動画の監督は洪子烜(ホン・ズーシュアン)!"

| | コメント (0)

2020/03/17

台湾巨匠傑作選2020 予告編・チラシ完成!全上映作品発表

0217kaoshou 4月18日(土)~6月12日(金) 新宿K's cinemaにて開催される「台湾巨匠傑作選 2020」の全上映作品と、『バナナパラダイス』の予告編が完成し、発表されました。
王童(ワン・トン)監督の『バナナパラダイス』は、デジタルリマスター版として本邦劇場初公開。
楊德昌(エドワード・ヤン)監督の上映可能全作品、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督4部作、『スーパーシチズン超級大国民』『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』『藍色夏恋』『台北暮色』『あなたを想う』『父の初七日』『百日告別』『共犯』『怪怪怪怪物!』『幸福路のチー』『祝宴!シェフ』『GF*BF』『天空からの招待状』『星空』など、アニメ、ドキュメンタリーからホラー、サスペンスまで幅広い盛り沢山の名作がラインナップされました。
また、台湾映画コーディネーター江口洋子セレクトによる未公開作品の解説付き上映などのスペシャル企画もあります。

続きを読む "台湾巨匠傑作選2020 予告編・チラシ完成!全上映作品発表"

| | コメント (0)

2020/03/15

2020大阪アジアン映画祭 グランプリはタイの『ハッピー・オールド・イヤー』!

0315oaff2020大阪アジアン映画祭が3月15日に閉幕し、グランプリはタイの『ハッピー・オールド・イヤー』、来るべき才能賞は韓国のパク・ソンジュ監督、最優秀男優賞は『コントラ』(日本)の、間瀬英正、ABC テレビ賞がフィリピンの『愛について書く』、薬師真珠賞に台湾の『君の心に刻んだ名前』に演技により戴立忍(ダイ・リーレン)、JAPAN CUTS Awardは日本・香港・韓国の『ある殺人、落葉のころに』、芳泉短編賞が日本の『Hammock』、観客賞は中国・香港の『少年の君』に決定しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、映画祭をできるかぎり縮小、人々が集う相互の接触を減らすため舞台挨 拶、Q&A など、参加者が交流する場を割愛という対処で、ア ジアの姿を映す「上映」だけに、全力を集中した大阪アジアン映画祭の運営に関わった全ての方々に、敬意を表すると共に感謝を申し上げたいと思います。

続きを読む "2020大阪アジアン映画祭 グランプリはタイの『ハッピー・オールド・イヤー』!"

| | コメント (0)

2020/03/01

第12回台灣國際紀錄片影展(ドキュメンタリー映画祭)ノミネート発表!

0301tidf 台湾で 5月1日から10日まで開催される第12回台灣國際紀錄片影展(ドキュメンタリー映画祭)のノミネートが、2月12日に発表されました。
今年は2384本の中から「アジアン・ビジョン」「国際コンペティション」「台湾コンペティション」の3部門で格15本が選出され、文化部影視局の徐宜君局長からノミネート証書が手渡されました。
この映画祭は1998年に創設され、日本の山形国際ドキュメンタリー映画祭が開催されない隔年に実施という形をとっています。互いに良い効果をもらたすようにということで運営スタッフの人材交流も盛んになり、日台の絆がここでも結ばれているのです。

今回のノミネートでは、昨年の台北電影奨で最高賞の100万元大賞を受賞した「去年火車經過的時候」が、国際コンペティションと台湾コンペティションにダブルノミネート。
そして、昨年の台北電影奨でメディア推薦賞を獲得した「未來無恙」 も台湾コンペティションに入りました。

続きを読む "第12回台灣國際紀錄片影展(ドキュメンタリー映画祭)ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2020/02/26

2020金馬奇幻影展(ファンタスティック映画祭)オープニングフィルムは『刻在你心底的名字(君の心に刻んだ名前)』!

0226gff1 4月10日から19日まで開催される2020金馬奇幻影展のオープニングフィルムが、大阪アジアン映画祭でも上映される瞿友寧(チュウ・ヨウニン)プロデュース・脚本の『刻在你心底的名字(君の心に刻んだ名前)』に決定、本日発表されました。
その他、香港の袁劍偉(ユエン・キムワイ)監督の『死因無可疑』、王逸帆(ワン・イーファン)監督の『逃出立院』、そしてNetflixオリジナルドラマ『誰是被害者』も一話と二話が上映されることになりました。

続きを読む "2020金馬奇幻影展(ファンタスティック映画祭)オープニングフィルムは『刻在你心底的名字(君の心に刻んだ名前)』!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧