映画祭

2020/10/19

高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映!

1019tff1開催中の高雄電影節では、新作のプレミア上映で連日監督やキャストが登壇していますが、10月17日に蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』で監督と李康生(リー・カンション)が、18日の『西瓜(原題:天邊一朵雲)』特別上映では陸弈靜(ルー・イーチン)も参加しました。
李康生は撮影で海外から帰国したため、『日子』のアジアプレミアには間に合いませんでしたが、出入国時合わせて28日間の自宅隔離を終えて高雄プレミアに登場しました。

続きを読む "高雄電影節で蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の新作『日子』と15年ぶりの『西瓜(原題:天邊一朵雲)』上映!"

| | コメント (0)

2020/10/13

高雄電影節で『有一天』10周年記念特別上映会、侯季然(ホウ・チーラン)監督、張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)集合!

1013tff1開催中の高雄電影節では、20周年を記念して様々な胃企画を実施していますが、10月11日には2009年公開の『有一天』の侯季然(ホウ・チーラン)監督、主演の張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)を迎えて上映後のトークイベントを行いました。
本作がデビュー作の侯季然監督は、特別照影をしてくれた高雄電影節と、エグゼクティブプロデューサーの侯孝賢(ホウ・シャオシェン)に感謝していると述べました。

続きを読む "高雄電影節で『有一天』10周年記念特別上映会、侯季然(ホウ・チーラン)監督、張書豪(チャン・シユーハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)集合!"

| | コメント (0)

2020/10/06

2020金馬電影大師課(マスタークラス)講師発表!

1006jinma2020金馬影展で、映画製作を志す人向けの電影大師課(マスタークラス)の講師が発表になり、金馬奨主席の李安(アン・リー)監督はじめ、ケン・ローチ、ロイ・アンダーソン、ヨハン・カールソン、アンドレイ・ズビャギンツェフ、ヴァンサン・マラヴァル楊雁雁(ヤオ・ヤンヤン)、文念中(リム・チョン・マン)、李宛蓉(アンナ・リー)、日本からは昨年に引き続き是枝裕和監督と、美術監督の花谷秀文の参加が明らかになりました。
海外からのゲストはみな規定の隔離期間がありますが、それを承諾しての参加です。
是枝裕和監督と女優の楊雁雁は、金馬奨の授賞式でプレゼンターもつとめるそうです。

続きを読む "2020金馬電影大師課(マスタークラス)講師発表!"

| | コメント (0)

2020/09/30

第33回東京国際映画祭ラインナップ発表!

0930tiff10月31日(土)から11月9日(月)まで開催される第33回東京国際映画祭のラインナップが、9月29日に発表されました。
記者会見には、本年度のフェスティバル・アンバサダーを務める役所広司さん、「JapanNow」部門監督特集から、深田晃司監督、また、国際交流基金アジアセンターとの初めての取り組み「アジア交流ラウンジ」を検討会議メンバーと共に企画した是枝裕和監督が登壇しました。

続きを読む "第33回東京国際映画祭ラインナップ発表!"

| | コメント (0)

2020/09/25

第21回 東京フィルメックスのラインナップ発表!

0925filmex作家性を重視した映画祭として開催してきた東京フィルメックスが、今年は東京国際映画祭との連携でその開催スタイルが大きく様変わりします。
カンヌ映画祭の大きな枠組みの中で、独立性をもって開催される<カンヌ監督週間>のような連携を、という位置づけです。
このニュースが伝えられた8月にはかなり驚きましたが、昨日発表されたラインナップは、これまでのフィルメックスを継続する内容。
オープニングは万田邦敏監督の『愛のまなざしを』、クロージングはエリア・スレイマン監督の『天国にちがいない』。エリア・スレイマン監督は、特集上映もあります。

続きを読む "第21回 東京フィルメックスのラインナップ発表!"

| | コメント (0)

2020/09/22

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定!

0922fiff19月20日から24日まで開催のアジアフォーカス・福岡国際映画祭2020で、「福岡観客賞」は香港映画『犯罪現場』に、次点の「熊本市賞」はバングラデシュ、ドイツ作品『土曜の午後に』に決定しました。
この賞は、20 日(日)、21 日(月・祝)の 2 日間で、公式招待作品全 12 本の 1 回目上映時に行なわれた観客投票の 結果で決まったものです。

 

続きを読む "アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020福岡観客賞は香港映画『犯罪現場』に決定!"

| | コメント (0)

2020/09/19

2020高雄電影節のオープニングとクロージング作品発表!鄭人碩(チェン・レンシュオ)主演の『親愛的殺手』と戴立忍(ダイ・リーレン)の『訪客』!

0919tff110月16日から開催される2020高雄電影節のオープニングとクロージング作品が、発表されました。
オープニングは賴孟傑(ライ・モンジエ)監督の新作で鄭人碩(チェン・レンシュオ)主演の『親愛的殺手』、クロージングは戴立忍(ダイ・リーレン)のSFファンタジー『訪客』です。
どちらもワールドプレミアとなる、期待の映画です。

続きを読む "2020高雄電影節のオープニングとクロージング作品発表!鄭人碩(チェン・レンシュオ)主演の『親愛的殺手』と戴立忍(ダイ・リーレン)の『訪客』!"

| | コメント (0)

2020/09/15

2020高雄電影節、期待作と話題作がずらり!

0915tff1 10月16日から11月1日まで開催される高雄電影節のラインナップが順次発表されていますが、期待の長編と短編の新作の情報が解禁になりました。
毎年チケットが瞬殺となる「高雄拍」=高雄で撮影された短編は、吳朋奉(ウー・ポンフォン)、潘之敏(パン・ズーミン)、王可元(ワン・カーユエン)らの主演作など6作。
新作の長編は黃河(ホアン・ハー)の『人生清理員』、姚愛寗(ヤオ・アイニン)、邱志宇(チウ・ズーユー)、余佩真(ユー・ペイチェン)の『戀愛好好說』、そして林柏宏(リン・ボーホン)と張書豪(チャン・シューハオ)のドラマ『大債時代』の第一回上映など、興味深い作品が並んでいます。

続きを読む "2020高雄電影節、期待作と話題作がずらり!"

| | コメント (0)

2020/09/06

福岡アジアフィルムフェスティバル2020で台湾映画『盜命師』ほかアジア映画8作品上映!

0219daomingshi1 9月17日(木)~22日(火・祝)まで開催される「福岡アジアフィルムフェスティバル2020」で、台湾映画『盜命師』『バナナパラダイス』『幸福路のチー』『怪怪怪怪物!』の台湾映画が上映されます。
中でも『盜命師』は日本未公開作品で、2018年に台湾文化センターで1回だけ上映された作品で、今回も貴重な機会となります。
ほかに、『アフガニスタン 干ばつの大地に用水路を拓く~治水技術 7年の記録~』(日本)、『飛べない鳥と優しいキツネ』(韓国)、『僕たちの家に帰ろう』(中国)と、魅力的なラインナップです。

続きを読む "福岡アジアフィルムフェスティバル2020で台湾映画『盜命師』ほかアジア映画8作品上映!"

| | コメント (0)

2020/08/10

2020金馬影展オープニングに黃信堯(ホアン・シンヤオ)監督の『同學麥娜絲』と桂綸鎂(グイ・ルンメイ)主演の『腿』!

0810jinma1 0810jinma2 11月5日に開幕する、2020金馬影展のオープニング作品が発表になりました。
ひとつは2017年に『大佛普拉斯(大仏+)』で新人監督賞と脚本賞を獲得した黃信堯(ホアン・シンヤオ)監督の新作『同學麥娜絲』、もうひとつは鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の『陽光普照(ひとつの太陽)』の脚本家張耀升(チャン・ヤオシェン)が初監督した『腿』です。

続きを読む "2020金馬影展オープニングに黃信堯(ホアン・シンヤオ)監督の『同學麥娜絲』と桂綸鎂(グイ・ルンメイ)主演の『腿』!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧