記者会見

2021/01/17

期待の台湾ドラマ『火神的眼淚』台北市消防局と合同記者会見!

0117fire15月に台湾の公共電視で放送予定のドラマ『火神的眼淚』が、1月16日に台北市消防局と合同記者会見を行いました。
このドラマは消防隊員の日々を描いたもので、蔡銀娟(ツァイ・インイン)監督とメインキャストの陳庭妮(アニー・チェン)、林柏宏(リン・ボーホン)、劉冠廷(リウ・グァンティン)、胡釋安(フー・シーアン)、謝章穎(シエ・ジャンイン)が消防イベント活動に一日消防隊員として出席、サイン会なども実施しました。

続きを読む "期待の台湾ドラマ『火神的眼淚』台北市消防局と合同記者会見!"

| | コメント (0)

2020/12/28

台湾の旧正月映画『角頭-浪流連』基隆の廟で記者会見!

1228gatao1台湾のヒットシリーズ映画『角頭』の第三弾『角頭-浪流連』が完成し、基隆の奠濟宮廟口で記者会見が行われました。
当日はプロデューサーや鄭人碩(チェン・レンシュオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)、高捷(ガオ・ジエ)、曾莞婷(ツェン・ワンティン)、黃尚禾(ホアン・シャンホー)、唐振剛(タン・チェンガン)ほかキャストが参加して、200食のお弁当を困窮している人々に振る舞いました。
このチャリティ活動は2017年に地元の有志によって始められ、以来毎月200食のお弁当を配布しているもので、参加したキャストたちはお弁当や物資の配布だけでなく、夜市の店や客達と交流しました。

続きを読む "台湾の旧正月映画『角頭-浪流連』基隆の廟で記者会見!"

| | コメント (0)

2020/12/21

台湾映画『青春弒戀』記者会見 in 台北!

1221terrorizers12018年に東京フィルメックスでも上映された『幸福城市』の監督何蔚庭(ハー・ウェイティン)の新作『青春弒戀』が、間もなくクランクアップします。
12月19日に撮影中の記者会見が行われ、監督はじめメインキャストの林柏宏(リン・ボーホン)、李沐(リー・ムー)、陳庭妮(アニー・チェン)、丁寧(ディン・ニン)が出席しました。

続きを読む "台湾映画『青春弒戀』記者会見 in 台北!"

| | コメント (0)

2020/12/15

台湾映画『腿(足を探して)』記者会見 in 台北!

1215tui1東京国際映画祭でひと足早く日本で上映された台湾映画『腿(足を探して)』が、台湾で12月24日から公開されますが、それに先がけ台北で記者会見が行われました。
本作は、昨年の金馬奨で数々の受賞を果たし、日本でもNetflixで配信中の『ひとつの太陽(原題:陽光普照)』の脚本家である張耀升(チャン・ヤオシェン)の監督デビュー作です。
当日は、張耀升監督と主演の桂綸鎂(グイ・ルンメイ)、楊祐寧(ヤン・ヨウニン)、張少懷 (チャン・シャオファイ)が出席、予告編の「女性バージョン」も公開されました。

続きを読む "台湾映画『腿(足を探して)』記者会見 in 台北!"

| | コメント (0)

2020/08/09

台湾の人気漫画のドラマ化『神之鄉』撮影開始!

0809drama1 台湾の人気漫画を原作にしたドラマ『神之鄉』が、8月3日にクランクインしました。
大溪普濟堂で行われたセレモニーには莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督はじめキャストの王識賢(ワン・シーシェン)、李李仁(リー・リーレン)、李玉璽(ディノ・リー)、周采詩(チョウ・ツァイシー)、Janet、王彩樺(ワン・ツァイホア)、黃鐙輝(ホアン・ダンフイ)、林暉閔(リン・フイミン)ほかとスタッフが参加、プロデューサーは「こんな美しい物語を私たちに預けてくれたことを、原作者の左萱(ズォ・シュアン)に感謝します。このドラマを通して台湾の伝統美と人情を世界の人が見てくれることを願います」と語りました。

続きを読む "台湾の人気漫画のドラマ化『神之鄉』撮影開始!"

| | コメント (0)

2020/08/06

魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の壮大すぎる新作『臺灣三部曲』クラウドファンディング開始、PR動画第一弾解禁!

0806taiwantrilogy1魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の新作映画『臺灣三部曲』のクラウドファンディングがスタートし、8月5日に台北で記者会見が行われました。
本作は17世紀の大航海時代を舞台に、オランダ人、明朝の漢人、スペイン人、日本人,そして原住民が織りなす台湾誕生序曲の物語。来年8月にクランクインを予定しており、それに向けてクラウドファンディングで製作費を募る4年間にわたる計画がスタートしました。
会見には、魏徳聖監督はじめ日本から美術監督の花谷秀文も参加、スポンサー企業のトップたちと共に「これは私たち台湾人から臺湾への贈りもの」というコンセプトとをPR動画第一弾発表しました。

続きを読む "魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の壮大すぎる新作『臺灣三部曲』クラウドファンディング開始、PR動画第一弾解禁!"

| | コメント (0)

2020/07/21

台湾の国産映画を盛り上げるプロジェクト「國片起飛一起拚」スタート!

0720qifeiいま世界中でどの業種もたいへん苦しい状況に立たされていますが、コロナの感染を抑えている台湾でも同じです。
映画業界も映画館は前後左右空けた定員の半数での営業で、ミニシアターでは旧作の上映が多くなっています。
そんな中、映画館、配給会社、製作会社あわせて13社が一丸となって国産映画で盛り上げようというキャンベーンが始まり、7月14日に記者会見が行われました。
これは文化部影視及流行音樂產業局の指導のもと、政府の経済政策と併せ映画館に行こうというキャンペーンで、来年の4月まで毎月4〜5本、計22本の国産映画が公開されます。
会見には文化部長の李永得(リー・ヨンダー)氏はじめ台湾最大の映画館チェーン威秀影城の代表吳明憲(ウー・ミンシャン)、この22本の監督や、莫子儀(モー・ズーイ)、鄭人碩(チェン・レンシュオ)、吳可熙(ウー・カーシー)、姚愛寗(ヤオ・アイニン)、曾敬驊(ツェン・ジンホア)ほか出演者が出席しました。

続きを読む "台湾の国産映画を盛り上げるプロジェクト「國片起飛一起拚」スタート!"

| | コメント (0)

2020/04/13

「ミニシアター・エイド基金」による小規模映画館支援のためのクラウドファンディング、開始! 本日16時よりオンライン記者会見!

0413aid 「ミニシアター・エイド基金」からのリリースが届きましたので、お知らせします。
また、本日16時より「ミニシアター・エイド基金×DOMMUNEキックオフイベント」として、DMMUNEにて「ミニシアター・エイド基金」立ち上げのオンライン記者会見が行なわれます。

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、補償が不明瞭な中、政府からの自粛要請が続き、全国の小規模映画館「ミニシアター」もまた閉館の危機にさらされています。
ミニシアターは経営規模は小さいですが、「多様性」という観点から見て日本文化への貢献度は非常に大きなものです。
私たちはできることから始めるために、「ミニシアター・エイド基金」というプロジェクトをクラウドファンディングサイト Motion Gallery(モーション・ギャラリー) で立ち上げることを決めました。

続きを読む "「ミニシアター・エイド基金」による小規模映画館支援のためのクラウドファンディング、開始! 本日16時よりオンライン記者会見!"

| | コメント (0)

2019/11/22

第五十六回金馬獎ノミネート記者会見で観客賞と国際評論家賞発表!

1122gfa1 11月23日の金馬奨発表受賞式を前にノミネート記者会見が行われ、アウト・オブ・コンペの観客賞は鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の『陽光普照(ひとつの太陽)』、国際評論家賞に謝沛如(シエ・ペイルー)監督の『大餓』が選ばれました。

そして、各賞のノミネート者(全員ではありません)がプレスセンターに登壇し、フォトセッションと囲み取材が行われました。
囲み取材はそれほど重要な内容ではなく、記者達と和気藹々のコミュニケーションの場、という感じですので写真だけ掲載します。
ノミネート一覧は、以下の記事をご覧下さい。

http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/10/post-28c711.html

続きを読む "第五十六回金馬獎ノミネート記者会見で観客賞と国際評論家賞発表!"

| | コメント (0)

金馬影展 クロージングのマレーシア映画『夕霧花園』記者会見&Q&A

1122ximu1 金馬影展のクロージングフィルムとして、21日にマレーシア映画『夕霧花園』の記者会見と上映後のQ&Aが行われ、林書宇(トム・リン)監督と主役の李心潔(リー・シンジエ)が登壇しました。
本作はマレーシアの作家 陳團英(チェン・ドゥアンイン)の小説を台湾の林書宇監督が招かれて映画化。マレーシアを舞台に、1950年と1980年の2つの時間軸で第二次世界大戦の終盤から戦後にかけてのマレーシア女性と日本の庭師の禁断の愛を描いた物語で、李心潔と阿部寛がこれを演じています。
明日発表の金馬奨では、作品、監督、主演女優、脚色、撮影、美術、編集、オリジナル音楽の9部門にノミネートされています。

続きを読む "金馬影展 クロージングのマレーシア映画『夕霧花園』記者会見&Q&A"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧