映画

2020/07/03

2020台北電影節『怪胎』アジアプレミア!

0703kuaitai1台北電影節の特別招待作品のひとつ『怪胎』が、7月1日にアジアプレミアとして上映されました。
本作は廖明毅(リャオ・ミンチー)監督の初の長編で、アジアで初めて全編iPhoneで撮影された作品です。
そして内外で活躍する謝欣穎(シエ・シンイン)と林柏宏(リン・ボーホン)が初共演の強迫性障害のラブストーリーということもあり 、チケット売り出しの日に600席が秒殺だったという話題作。

続きを読む "2020台北電影節『怪胎』アジアプレミア!"

| | コメント (0)

2020/07/01

2020台北電影獎プレゼンター第一弾発表

0701tff7月11日に行われる台北電影獎授賞式の、プレゼンター第一弾が発表されました。
台北電影節主席李屏賓(リー・ビンビン)、映画祭大使の陳庭妮(アニー・チェン)はじめ、林依晨(アリエル・リン)、張鈞甯(チャン・チュンニン)、吳慷仁(ウー・カンレン)、李亦捷(リー・イージエ)、劉冠廷(リウ・グァンティン)、柯震東(クー・チェンドン)、謝欣穎(シエ・シンイン)、林柏宏(リン・ボーホン)、林暐恆(阿Ken)、紀培慧(テレサ・デイリー)、石頭(ストーン)、夏于喬(シア・ユーチャオ)、鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督らがトロフィーを渡します。

続きを読む "2020台北電影獎プレゼンター第一弾発表"

| | コメント (0)

2020/06/30

2020台北電影節国際新人監督コンペ、グランプリは『This Is Not a Burial, It's a Resurrection』!

0629resurrection2020台北電影節國際新導演競賽(国際新人監督コンペティション)の発表がさきほど行われ、グランプリはLemohang JeremiahMOSESE監督の『This Is Not a Burial, It's a Resurrection』(レソト、南アフリカ、イタリア)に決定しました。
審査員特別賞は、ポルトガルのCatarina VASCONCELOS監督の『The Metamorphosis of Birds』、観客賞に林立書(リン・リーシュウ)監督の台湾映画『破處』が受賞しました。
また、台湾批評家協会推薦賞として、Visar MORINA監督の『Exile』(ドイツ、ベルギー、コソボ)が選出されました。

続きを読む "2020台北電影節国際新人監督コンペ、グランプリは『This Is Not a Burial, It's a Resurrection』!"

| | コメント (0)

2020/06/29

2020台北電影節国際新人監督コンペ作品『破處』ワールドプレミア

0629tff12020台北電影節の国際新人監督コンペティションにノミネートされた台湾映画『破處』が、6月27日にワールドプレミアとして上映されました。
主役の吳肇軒(ン・シウヒン)は香港人のため現在では入国できずに欠席でしたが、等身大のパネルで参加。林立書(リン・リーシュウ)監督とメインキャストの曾珮瑜(ツェン・ペイユー)、楊懿軒(ヤン・イーシュアン)、郭文頤(グオ・ウェンイー)、睦媄(ルー・メイ)らが登壇しました。

続きを読む "2020台北電影節国際新人監督コンペ作品『破處』ワールドプレミア"

| | コメント (0)

2020/06/27

2020台北電影節『惡之畫』ワールドプレミア

0627aku12020台北電影節の国際新人監督コンペティションにノミネートされている『惡之畫』が、26日に中山堂でワールドプレミア上映されました。
この日は陳永錤(チェン・ヨンチー)監督はじめ、キャストの東明相(ドン・ミンシャン)、黃河(ホアン・ハー)、劉品言(エスター・リウ)、林志謙(リン・ズージエン)、王真琳(ワン・チェンリン)が出席して、舞台挨拶。
本作は無差別殺人や死刑囚などデリケートな問題を題材にしており、俳優達のこれまでにない演技も注目されています。
開演前には、今年の非常新人(Supernova)のひとり曾敬驊(ツェン・ジンホア)が、「この映画を見終わったら、すぐには立てない。絶対に食べ物を持って来て見ないように」と紹介していました。

続きを読む "2020台北電影節『惡之畫』ワールドプレミア"

| | コメント (0)

2020/06/26

2020台北電影節開幕、オープニングの『無聲』1000人が鑑賞!

0626tff16月25日に開幕した2020台北電影節、売り出し日に10分でSold-outとなったオープニングの『無聲』は、約1000人がワールドプレミアを楽しみました。
コロナウイルス感染症蔓延後、世界で初めて開催された大型映画祭になり、主席の李屏賓(リー・ビンビン)の開幕宣言に観客は大歓声と拍手で呼応。
プロデューサーの瞿友寧(チュウ・ヨウニン)、公視のプロデューサー代表の曹文傑(ツァオ・ウェンジエ)、柯貞年(クー・チエンニエン)監督、キャストの劉子銓(リウ・ズーチュアン)、陳姸霏(チェン・イエンフェイ)、劉冠廷(リウ・グァンティン)、楊貴媚(ヤン・グイメイ)、張本渝(チャン・ベンユー)、潘親御、太保(タイバオ)ら『無聲』のキャストとスタッフが舞台挨拶を行いました。

続きを読む "2020台北電影節開幕、オープニングの『無聲』1000人が鑑賞!"

| | コメント (0)

2020/06/24

2020台北電影節 審査員の全容発表!

0624tff6月25日から開催される2020台北電影節、本日審査員の全容が発表になりました。
すでに5月16日の記事でお知らせしたように、今年はCOVID-19の影響で海外からの招聘は断念したため、台湾の映画人オンリーの審査チームになります。
台北電影奨の審査委員長は台湾映画界を代表するクリエイターのひとり吳念真(ウー・ニエンチェン)、国際新人監督コンペティションの審査委員長は『藍色夏恋』などの易智言(イー・ツーイエン)監督が務めることになりました。
今日発表になった台北電影奨の決戦審査員は、審査委員長の吳念真、女優の尹馨(イン・シン)、録音とミキシングのプロ郭禮杞(グォ・リーチ)、学者の陳儒修(チェン・ルーショウ)。

続きを読む "2020台北電影節 審査員の全容発表!"

| | コメント (0)

2020/06/23

ハン・ソッキュ×ソル・ギョングの韓国映画『悪の偶像』6月26日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開!

0623aku1第69回ベルリン国際映画祭で大喝采を浴びたほか、ファンタジア国際映画祭で作品賞、主演男優賞を受賞。その他世界の映画祭を席巻した韓国映画界を代表するハン・ソッキュ(『シュリ』)とソル・ギョング(『オアシス』)のダブル主演で贈る、予測不能の超一級サスペンス・ノワール『悪の偶像』が、6月26日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開になります。
本作はある“ひき逃げ事件”をきっかけに交錯していく“加害者の父”と“被害者の父”の運命をスリリングに描き、予測不能のストーリー展開に人間の業と結びついた濃密なエモーションを持ち合わす超一級サスペンス・ノワール。

続きを読む "ハン・ソッキュ×ソル・ギョングの韓国映画『悪の偶像』6月26日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開!"

| | コメント (0)

2020/06/22

台北電影節アウト・オブ・コンペ「台灣電影行銷獎(マーケティング賞)」ノミネート発表!

0622tff映画産業におけるマーケティングを重視、人材育成を目的として昨年から設立された台北電影節アウト・オブ・コンペのひとつ「台灣電影行銷獎(マーケティング賞)」、今年のノミネート10作が発表されました。
この賞は台北電影節と滾石文化、台北市廣告業經營人協會の共同主催で、2019年4月1日から2020年3月31日までに映画館で公開された国産映画のマーケティング面でのオリジナリティあふれる表現を審査し、「ポスター賞」「予告編賞」そして総合的な「マーケティング賞」を選ばれます。

続きを読む "台北電影節アウト・オブ・コンペ「台灣電影行銷獎(マーケティング賞)」ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2020/06/19

『イップ・マン 完結』公開記念 旧作特集(シリーズ3作)&最新作プレミア上映決定!

0619last1甄子丹(ドニー・イェン)が詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』。 
この度、これまでのシリーズ3作『イップ・マン 序章』、『イップ・マン 葉問』、『イップ・マン 継承』の特集上映ならび最新作『イップ・マン 完結』(7月3日(金)公開)の劇場公開直前のプレミア上映が、本シリーズの聖地である新宿武蔵野館にて開催されることが決定しました。
特に旧作『序章』『葉問』は35㎜フィルムでの上映となり、『継承』『葉問』上映時にはスクリーンではもう二度と見られないかもしれない公開当時の貴重な予告編上映も。
ファンのみならずシリーズ初心者も“イップ・マン”サーガを堪能できること間違いなしです。

続きを読む "『イップ・マン 完結』公開記念 旧作特集(シリーズ3作)&最新作プレミア上映決定!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧