舞台挨拶

2022/06/26

『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶 豪華キャスト陣が韓国から緊急来日!

0626baby1 6月23日から日本で公開になった是枝裕和監督の韓国映画『ベイビー・ブローカー』のメインキャスト、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨンが緊急来日し、是枝裕和監督と共にTOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶を行いました。
本作は、第75回カンヌ国際映画祭で主演のソン・ガンホが韓国人俳優初となる「最優秀男優賞」を受賞!またキリスト教関連の国際映画組織がコンペティション部門の中から「人間の内面を豊かに描いた作品」に与える「エキュメニカル審査員賞」も受賞し、合わせて2冠の快挙を成し遂げました。

配給会社からリリースが届きましたので、この舞台挨拶の模様をお伝えします。

続きを読む "『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶 豪華キャスト陣が韓国から緊急来日!"

| | コメント (1)

2021/10/20

高雄電影節開催中!オープニング短編映画はじめ『詭祭』、『2049:完美預測』、『生而為人(人として生まれる)』のゲストトーク!

1020kff1 10月15日に開幕した高雄電影節では、オープニングの蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の短編映画『良夜不能留』をはじめ、台湾とオランダ合作のヴァンパイア・ファンタジー『詭祭』、林柏宏(リン・ボーホン)と邵雨薇(シャオ・ユーウェイ)主演のドラマシリーズ『2049:完美預測』、インターセックスを扱った『生而為人(人として生まれる)』など、連日話題作の上映とゲストによるアフタートークが行われています。
これらの模様を、まとめてお伝えします。

続きを読む "高雄電影節開催中!オープニング短編映画はじめ『詭祭』、『2049:完美預測』、『生而為人(人として生まれる)』のゲストトーク!"

| | コメント (0)

2021/10/08

2021台北電影節『詭扯』で閉幕 監督・キャストが勢揃い!

1008trick1 2021台北電影節は10月7日に閉幕、クロージング作品『詭扯』の記者会見と上映後の舞台挨拶が行われ、陳柏霖(チェン・ボーリン)、陳意涵(チェン・イーハン)、陳以文(チェン・イーウェン)、劉冠廷(リウ・グァンティン)、黃尚禾(ホアン・シャンハー)、林鶴軒(リン・ハーシュアン)、侯彥西(ホウ・イエンシー)、百白(バイ・バイ)、邱彥翔(チウ・イエンシャン)、洛可杉(ロック・チェン)、そしてエグゼクティブ・プロデューサーと許富翔(シュー・フーシャン)監督が参加しました。

続きを読む "2021台北電影節『詭扯』で閉幕 監督・キャストが勢揃い!"

| | コメント (0)

2021/10/06

2021台北電影節でシークレット作品として柯震東(クー・チェンドン)主演『鱷魚』特別上映!

1006grit1 10月5日、台北電影節でシークレット作品として、柯震東(クー・チェンドン)主演の『鱷魚』が特別上映されました。
上映にあたり、エグゼクティブ・プロデューサーの徐國倫(シュー・グォルン)、陳大璞(チェン・ダープー)監督、キャストの柯震東、李康生(リー・カンシェン)、鄭有傑(チェン・ヨウジエ)、巫建和(ウー・ジエンハー)、林暐恆(阿Ken)、侯彥西(ホウ・イエンシー)、楊懿軒(ヤン・イーシュン)が舞台挨拶、ヒロイン役の李心潔(リー・シンジエ)は等身大パネルでの登壇でした。

続きを読む "2021台北電影節でシークレット作品として柯震東(クー・チェンドン)主演『鱷魚』特別上映!"

| | コメント (0)

2021/09/24

2021台北電影節開幕 オープニング『月老』に監督とキャストが集合!

0924yuelao1 コロナ渦のため3ヶ月延期となった2021台北電影節が昨日開幕、オープニング作品『月老』が上映され、観客は泣いたり笑ったりと、たいへん盛り上がりました。
舞台挨拶には、九把刀(ギデンズ)監督とキャストの柯震東(クー・チェンドン)、宋芸樺(ビビアン・スン)、王淨(ワン・ジン)、馬志翔(マー・ジーシアン)、そしてプロデューサーの黃立成(ホアン・リーチェン)が登壇しました。

続きを読む "2021台北電影節開幕 オープニング『月老』に監督とキャストが集合!"

| | コメント (0)

2021/07/25

『夕霧花園(ゆうぎりかえん)』初日オンライン舞台挨拶

0725yugiri7月24日から公開になったマレーシア映画『夕霧花園(ゆうぎりかえん)』の初日オンライン舞台挨拶が、渋谷のユーロスペースで行われました。
今回は、コロナ渦により、林書宇(トム・リン)監督は台湾から、ヒロインの李心潔(リー・シンジエ)はマレーシア、そして阿部寛は都内某所より、という三者三様の場所からオンラインでの挨拶となりました。
そこで、配給会社のオフィシャル・レポートを掲載します。

続きを読む "『夕霧花園(ゆうぎりかえん)』初日オンライン舞台挨拶"

| | コメント (0)

2020/06/27

2020台北電影節『惡之畫』ワールドプレミア

0627aku12020台北電影節の国際新人監督コンペティションにノミネートされている『惡之畫』が、26日に中山堂でワールドプレミア上映されました。
この日は陳永錤(チェン・ヨンチー)監督はじめ、キャストの東明相(ドン・ミンシャン)、黃河(ホアン・ハー)、劉品言(エスター・リウ)、林志謙(リン・ズージエン)、王真琳(ワン・チェンリン)が出席して、舞台挨拶。
本作は無差別殺人や死刑囚などデリケートな問題を題材にしており、俳優達のこれまでにない演技も注目されています。
開演前には、今年の非常新人(Supernova)のひとり曾敬驊(ツェン・ジンホア)が、「この映画を見終わったら、すぐには立てない。絶対に食べ物を持って来て見ないように」と紹介していました。

続きを読む "2020台北電影節『惡之畫』ワールドプレミア"

| | コメント (0)

2019/11/09

台湾映画『台湾、街かどの人形劇(原題:紅盒子)』楊力州(ヤン・リージョウ)監督来日!

1109yang 11月30日からユーロスペースほか全国順次公開になる台湾映画『台湾、街かどの人形劇』の楊力州(ヤン・リージョウ)監督が来日し、8日に行われた先行特別試写会で舞台挨拶を行いました。
本作は、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督映画の常連俳優で布袋戯(ほていぎ)の巨匠・李天禄(リ・ティエンルー)の息子・陳錫煌(チェン・シーホワン)を10年に渡り記録したドキュメンタリー映画で、監督は10年の歳月をかけて完成させました。

続きを読む "台湾映画『台湾、街かどの人形劇(原題:紅盒子)』楊力州(ヤン・リージョウ)監督来日!"

| | コメント (0)

2019/11/06

日中合作映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:Wings Over Everest)』東京国際映画祭でワールド・プレミア!

1106everest1 日中合作で製作された標高8,848M/氷点下83℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、史上空前のスケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメント『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:Wings Over Everest)』は11月15日より日本公開になりますが、それにさきがけ11月3日に東京国際映画祭の特別招待作品としてワールド・プレミア上映されました。
『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサー張家振(テレンス・チャン)と余非(ユー・フェイ)監督、キャストの張静初(チャン・ジンチュー)、林柏宏(リン・ボーホン)も来日して、主演の役所広司と共にTOHOシネマズ六本木ヒルズ前の大階段に敷かれたブルーカーペットに登場、そして上映前の舞台挨拶を行いました。

続きを読む "日中合作映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:Wings Over Everest)』東京国際映画祭でワールド・プレミア! "

| | コメント (0)

2019/10/31

東京国際映画祭 香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で郭富城(アーロン・クォック)楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日!

1031living1 東京国際映画祭で上映された香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で、主役の郭富城(アーロン・クォック)と楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日、舞台挨拶とQ&Aを行いました。
本作は定住する家がなく、24時間営業のファストフード店で夜を明かすいわゆる「Mac難民」たちを描いた物語です。初共演という郭富城と楊千嬅の二大スターに加え、萬梓良(アレックス・マン)、張達明(チャン・ダッミン)、鮑起靜(パオ・ヘイチン)ら豪華なベテランが脇を固めています。
監督は、これがデビュー作の黃慶勳(ウォン・シンファン)。長年鄭保瑞(ソイ・チョン)監督の助監督をつとめ、今回はその鄭保瑞がプロデューサーを務めています。

続きを読む "東京国際映画祭 香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で郭富城(アーロン・クォック)楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧